アフィリエイト記事の書き方と注意点

シェアする

こんにちは、kojiです。

副業を考えている人にとって、最も手軽に始められるのがアフィリエイトです。元手をほとんどかけずに大きく稼ぐことができます。

読まれるアフィリエイト記事のライティングや注意点について解説します。

アフィリエイト記事のコツ

アフィリエイトは商品やサービスを自分のサイトで宣伝することで購買意欲を刺激し、購入してもらうことで報酬が発生する仕組みです。
いかに売れる記事を書くかがポイントとなります。

アフィリエイトは稼げない?

アフィリエイトは自分のサイトがあれば誰でも始めることができる、最も手軽な副業の一つです。

しかしアフィリエイトで全然稼げないという人もいます。

というよりもほとんどの人がアフィリエイトで稼げていないのが現状です。

それは以下の資料からも分かります。
http://www.japan-affiliate.org/news/survey2014/
(出典:日本アフィリエイト協議会 アフィリエイト市場調査2014より)

しかし月に1万円以上稼いでいる人も6%以上いるのも事実です。
アフィリエイトで稼ぐ人とそうでない人の差はどこにあるのでしょうか。

売れる記事の書き方とは?

実は、アフィリエイトで失敗する人のほとんどは基礎的なライティングができていないのが原因です。
というのも日本人はほとんどの人が読み書きできますし、作文など一定量の文章を書くこともできます。

しかし作文と人に読ませる、購買意欲を刺激する文章というのは全く別物です。

読まれるライティングとは?

サイトを訪れる人は何かの情報を得ようとか、困りごとを解決しようとしています。

そのような状況で、ただ商品を紹介するだけのライティングでは訴求ができません。

ほとんどの人が失敗しているのは「消費者の目線」を忘れたライティングを行っているからです。

どんな困りごとがあるのか、何を解決したいのかを理解した上でライティングを行う必要があります。

読者の立場で考える

例えば、アフィリエイトで青汁の宣伝をするとします。

単に健康にいいとか、飲みやすいなど表面的な浅い情報しか書いてないとか、成分についてくどくどと書いていたらどうでしょうか?買おうという気にならないのが普通ではないでしょうか。

「この青汁を飲み始めてから朝の寝起きが良くなった」とか、「ひどい便秘が改善した」という体験談や他社との比較など「青汁に興味がある人」に購入を後押しするような興味を引くライティングをする必要があります。

仮説と検証を繰り返す

まずは自分のサイトを訪れる人には「どんな困りごと」があるのかを考えましょう。

“青汁を買ってくださいサイト”ではなく“あなたの困りごとを解決するサイト”という視点に立てばライティングの要素も変わるはずです。

・食生活を改善したい
・ダイエットをしたい
・アンチエイジング効果を求めている
・便秘に悩んでいる
・悪玉コレステロールが気になる

など読者は実にさまざまな疑問や悩みを抱えています。

自分の伝いたいことを一方的に書くのではなく、読者が記事に期待していることの仮説を立てて問題解決のための内容を書くことがアフィリエイトでのライティングのコツです。

ユーザーファーストが必要

ライティングの基本は「ユーザーファースト」です。売りたいものを押し付けるのではなく課題解決型で購入意欲を刺激し誘導するのがアフィリエイトで成功するコツです。

文字数はどれくらい必要か

SEOを意識するのであれば文字数は少なくとも2,000字以上は必要です。文字数が少なすぎると内容も薄くなります。

情報を伝える上では一定のボリュームでなければなりません。

とはいえあまりに長すぎると読む気が失せてしまうリスクがあります。2,000字~5,000字を一つの目安にするとよいでしょう。

結論ファースト

ネット記事というのは、実はそれほどしっかり読まれることはありません。

特に文字数が多い記事だと読み飛ばしたり、途中で読むのをやめたりされがちです。そのため最初に結論を持ってくる構成にすると伝えたいことがしっかり伝わるようになります。

文字にも工夫をしよう

文章を読むときに文字だけを追うのは疲れます。変化がなく単調だと、途中で飽きてしまうこともあります。

そこで強調したい部分は文字の色を変えるとか、大きさを変えるといった工夫をしてみましょう。メリハリがついて読みやすくなります。

また適度な改行で余白を作ると読みやすくなります。

サイトによっては隙間を作るのに抵抗があるのか、びっしりと文字で埋まっているものがあります。

しかし売れているアフィリエイトのサイトを見ると上手く空白を利用しているのがわかります。

文字プラス画像

サイトをより見やすい記事にするには画像は必須です。商品そのものの画像やイメージ画像などを取り入れましょう。

人間は画像からたくさんの情報を得ます。

文字だけでは伝わらないことも映像として頭にイメージできますので、たとえば読者にその商品を使った自分をイメージさせることができればより購入に近づくことができます。

ライティングした文字をより強く印象づけるために画像を有効に使うことが売れる記事に見られる特徴です。

まとめ

アフィリエイトは気軽に始められる分、ライバルも多いです。

しかもほとんどの人が稼げていない現状があります。しかし稼げていない人は単にポイントを押さえていないだけなのです。

なにより重要なのはユーザーファーストを意識したライティングです。

この記事でご紹介したような、ちょっとしたコツを取り入れれば他との差別化ができて、売れる記事を書けるようになるまでそれほど時間はかからないでしょう。

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする