ポイントサイトで稼ぐFX超初心者入門基礎知識を学ぼう

シェアする

こんにちは、kojiです。

ここでは自己アフィリなどポイント獲得のためのFXの取引に必要な基礎知識や用語を解説していきます。

FXって何?

「外国為替証拠金取引」といいます。

外国の通貨(お金)を売ったり買ったりする取引のことで、為替レートが動くことによって為替差益(利益)を狙ったり、各国の金利差を狙った「スワップポイント」という金利を毎日受け取ることができます。

要するに、株式投資と似たイメージで問題ありませんが、株式の価値が変動するのではなく、通貨(お金)の価値が変動し、通貨(お金)が投資の対象となります。

ちなみに、為替レートというのは、自国(日本円)と外貨(海外のお金)の交換比率のことを指しています。

1Lot、1枚、1万通貨って何?

FX取引の目的として「為替差益を稼ぐ!」「口座開設キャンペーンで稼ぐぞ!」・「ポイントサイト」にしても1Lot1万通貨というキーワードは最低限必要な知識です。

この単語を知らないとたぶんFX取引はできません。

まず、1Lot1枚1万通貨という言葉自体の意味は、基本的には全部同じになります。

FX会社によって呼び方が違うぐらいに思っていれば問題ありませんので、深くは考えないでどのような意味なのかを理解しておきましょう。

こんな感じです。

1Lot = 1枚 = 1万通貨

全部同じ意味で呼び方が違うだけなので、後は意味を理解しておくといいですね!!

1万通貨について

1万通貨の意味とその国の通貨との関係

わかりやすく理解するには「1万通貨」を基本で覚えておきましょう!

1万通貨とは、米ドル/円で考えると、

1米ドル100円と仮定して1ドル×1万倍は1万ドルですが、1万ドルを円に換算すると1万ドル×100円で100万円ということになります。

上記の1ドルを1万倍にするのは1万通貨だからです。

もう一つ、例題です。

同様に米ドル/円で考えて、1ドル80円と仮定し1米ドル×1万倍は1万米ドルです。

1万ドルを円に換算すると1万ドル×80円で80万円ということになりますね。

これらの例題は、米ドルを基準にしていることがわかりますか?

ここからが論理的に必要な知識です。

通貨という意味は、その国で流通しているお金のことです。

アメリカなら米ドル、日本なら円、ニュージーランドはNZドル、イギリスなら英ポンド、スイスならフランが通貨と言うことになります。

そして、米ドルもアメリカの通貨で、円も日本の通貨ですが、基本的な基準を米ドルにした方がわかりやすいので、FX会社は1万米ドルを1万通貨としているということになります。

ちなみに1000通貨を1LotというFX会社もあります。

何が言いたいのかと言えば、基本は1万通貨と言えば上記例題に当てはめることで問題ありませんが、FX会社により単位や金額が変わることがあるので注意が必要ということです。

自分の気に入ったFX会社の基準だけは把握しておくことが必要です。

基本は 1Lot = 1枚 = 1万通貨 です。

レバレッジとは

通常、FX取引は1万通貨からになります。最近は1000通貨も出てきましたが、ドル/円で取引する場合、1万通貨=1万ドルでの取引になります。1万ドルを買うと約100万円。

1回の取引で100万円なんて「は!いきなりそんな大金」なんてなりますよね・・・しかし、FXは少額の資金しかなくても大きな取引ができるので安心してください!

FXに興味があれば、レバレッジというキーワードを聞いたことがあると思います。

レバレッジとは直訳すると「てこ」倍率なんて意味合いがあります。

日本のFX会社では個人契約の場合は、レバレッジは最大25倍まで可能ですので4万円から5万円程度の投資資金があれば、米ドル円なら1万通貨の取引が可能で円に換算すると80万円から100万円程度の取引ができるということです。(為替レートが1ドル80円~100円の場合)

どういうことかと言えば、100万円分の通貨の取引をしたいなら4万円を証拠金としてFX会社に預ければ4万円×レバレッジ最大25倍の100万円になるということです。

これは1万通貨を意味しますし、1Lotとも言えますし、1枚とも言えます。

米ドル/円で1米ドル100円の為替レートの場合は、
1万通貨(1万ドル)を100万円÷25=約40000円で1万通貨を買い取引することができるのです。なので1回の取引(1Lot)で40000円が必要になるということです。

1万通貨を買う。(売りの場合は逆になります。)

相場の変動によりドル/円が上がったり下がったりする

新規で買った時のドル/円 決済で売る時のドル/円その差額で損益が出る。

大体 1 万通貨で取引した場合、

0.001 円の差で 10 円、

0.01 円の差で 100 円、

1円の差で1万円となります。

ロスカットとは

ロスカットとは簡単に言えば為替差損(損失)が大きくなりFX会社により強制的に決済(取引終了)されてしまうことで個人投資家が預けた証拠金以上の損失にならないようにする為のルールです。

FX会社によって異なりますが預けた証拠金に対して必要証拠金の20%から30%になるとFX会社が強制的に反対売買を行い決済します。その前にマージンコールというものがあり証拠金の50%~60%程度を割り込みだすとFX会社より期日までに証拠金の追加、もしくは決済するように連絡が来て何もしないで状況が変わらなければロスカットになります。

基本的に預けた証拠金以上の損失を防ぐ役割がありますが急激な為替レートの変動ではロスカットが間に合わないで証拠金以上の損失になることもありますのでしっかりとした知識が必要になります。

ロスカットの仕組み

FXは証拠金をFX会社に預けてそれを担保に取引を行いますが1万通貨が最低の取引単位のFX会社の場合は通貨ペアのドル円が為替レートが1ドル100円と仮定したら取引金額は1万通貨のドルは1万ドルなので日本円では100万円に値し1万通貨の取引は100万円分の取引ということになります。

最低取引単位が1万通貨の取引は100万円分なのでレバレッジ25倍にしても最低必要な証拠金は4万円ということになり計算式は100万円÷レバレッジ25=4万円ということです。

要するに4万円あればぎりぎりですが取引が可能ということになります。

しかし為替レートが自分の予想とは逆に動いたことで損失が膨らむ場合がありFX会社により異なりますがこの必要証拠金の50%から60%程度下回ることでマージンコールというものが発生します。
(金額にすると50%なら必要証拠金が2万円以下に60%なら1万6000円以下になったということです)

このマージンコールが発生すると期日までに証拠金の追加もしくは決済を要求されます。

ここで入金し必要な証拠金を維持すれば問題ありませんがそのままにしておくと状況が改善されない限りロスカットが発動しどんなに不利な為替レートや今後為替レートの改善が予想されていたとしても強制的に決済されてしまうということです。最低証拠金に対して30%程度になればロスカットになります。

ロスカットを避けるためにはFX会社の口座に余裕資金を入金しておいたりレバレッジを抑えておくことが重要ということになります。

必要証拠金とは?

必要証拠金とは、現在取引している金額を、取引し続けるために必要なお金のことです。

必要証拠金は、ロスカットルールとも関連性の強い数字ですので、必ず理解するようにしましょう。

必要証拠金の計算方法(要するに、取引金額÷レバレッジ倍率)
hituoyukain

上記の計算式、一見複雑に見えますが、左の「数量」までのところは「取引している金額」のことです。

例えば、125万円分のドルを取引していれば、125万円÷25倍=5万円が必要証拠金となります。

DMMFXの場合は、レバレッジ25倍なので、取引している金額を単純に25で割った数字が、必要証拠金となるので計算が簡単です。

レバレッジを自分で選べるFX業者を使っていると下記のように毎回自分で計算する必要があります。

ポジションについて

「ポジションをもつ」と言われますが、通貨の状態を指してると思ってください。買い売りという言葉がついているだけなので、ニュアンス的には意味が理解できると思います。

買いポジションとは

FXでは外貨を安く買って高く売ることで利益を得ることができますが、外貨を買っている状態、保有している状態のことを買いポジションと呼び、ロングロングポジションなどとも呼ばれています。

FXでは将来的に値上がりしそうな外貨を買い、値上がりしたら決済することで利益を得ることができ、逆に自分の買った外貨が円安になったとも言えます。

日本円は低金利なので買いポジションはスワップ金利を得ることができます。

例えば
1ドル100円で買い、1ドル120円になったので売れば1ドルあたり20円が利益に繋がり、外貨を買う場合は円安方向に動いている時に利益を得ることができる投資手法ということになります。

売りポジションとは

FXでは外貨を持っていなくても売りから入ることができ、売りポジションのことをショートなどとも呼び外貨を売っている状態のことを指します。

FXでは将来的に値下がりすると判断した外貨を売り、値下がりしたら外貨を買い戻すことで為替差益を得ることができ円高方向で利益を得ることができる投資手法です。

日本円は低金利なので売りポジションはスワップ金利を毎日支払うことになります。

例えば
1ドル100円で売り、1ドル80円に値下がりしたのでドルを買い戻せば1ドルあたり20円の利益になります。

ちなみにポジション・メイクという言葉がありますが、外貨を新規買いや新規売りを行うという意味です。
スクエアとは市場リスクを抱えていない状態で買いと売りが同じ金額を保有している状態を指し、売りと買いの金額がイーブンと言えます。

スワップポイントとは

日本円の金利は非常に安く、円を売り海外通貨を買うことによって金利差が生じやすいです。

この金利差を利用して低い金利の通貨を売って、高い金利の通貨を買うことでスワップポイントというものを受け取ることができます。

例えば
日本円の金利が0.1%で米ドルは0.3%の金利とすれば、日本円を売り米ドルを買えば
年利0.2%の金利を受け取ることができます。

スワップポイントは毎日受け取ることができるので、金利差の年利0.2%を投資金額にかけ365日で割り、その通貨を持っている日数分のスワップポイントはもらえるということになります。

50万円の投資金額なら年利0.2%は1000円なので365日で割ると2.7円を毎日受け取れ、レバレッジ10倍なら27円、20倍なら54円ということになります。

とここまで、ポイントサイトで稼ぐために知っておく必要最低限の基礎知識をご紹介しました。

いかがでしたか?

何も知らないでFXの取引をするのは非常に危険ですので、ここで少しだけ学ぶことで、「やってみよう!」と思ってもらえたら嬉しいです^^

がしかし、何回もお伝えしますw

あなたが今やるべき事はFXで稼ぐことではありません。ポイントサイトで「ポイントを獲得」するのが目標です。簡単な案件から取組んで無駄なリスクを減らし稼働していきましょう。

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする