クラウドソーシングを利用して副業ライターで5万円稼ぐコツ

シェアする

こんにちは、kojiです。

本業の収入以外に毎月5万円の収入があれば、欲しいものが買えたり生活費の足しになったりして、何かと助かりますよね。

でも、本業や家事・育児の合間にできる副業となると職種が限られてきます。

そこで、スキマ時間を有効に活用できる副業として、当サイトではウェブライターをおすすめします。

インターネットを介して仕事を受注したい人と、仕事を発注したい人をつなぐクラウドソーシングを利用すれば、すぐにでもライターとしてデビューでき、

なおかつコツを掴めば1ヶ月目から月5万円の報酬を稼ぐことも難しくありません。

今回は、クラウドソーシングを利用して副業ライターとして月5万円を稼ぐコツをご紹介します。

記事数をこなす

おそらく初心者ライターにとってもっとも簡単で、なおかつクラウドソーシングの自身の評価も挙げられる方法です。

未経験のライターから高単価の案件をこなすためには、ライティングのスキルはもちろん、クライアント(依頼者)が「このライターにお願いしたい」と思えるような実績を詰む必要があります。

その両方を実現するためには、たくさんの記事を書いてライティングに慣れること、クライアントからの評価を高めることが最短かつ最善です。

単価の低い記事でも数をこなせば、それだけ報酬は増えていきます。初心者の方は記事数をこなすことから始めましょう。

高単価の案件をこなす

クラウドソーシングで依頼されるライティングの案件は、1文字0.5円未満の低単価のものから、1文字5円以上の高単価のものまでピンきりです。

たとえば、1文字5円で2,000字の記事を月に5本納品すれば、これだけで月5万円の収入は達成できます(手数料等はのぞく)。

ただし、高単価の案件は専門性と高いクオリティーが求められるだけでなく、ライター間の競争率も高いため、初心者ライターがすぐに高単価の案件をこなすことはできません。

クライアントから重要な記事の執筆を任されるためにも、記事数をしっかりとこなしてライターとしてのスキルを磨きましょう。

クライアントから継続して仕事を受注する

単発の仕事をこなしてばかりでは、月5万円の報酬はなかなか得られません。

ライターとしての収入を安定させるためには、クライアントとの信頼関係を築き、継続して仕事を発注してもらえるような工夫が必要です。

たとえば、ライターとしてのスキルを高めることはもちろんですし、コミュニケーションでクライアントから信頼されることも大切です。

たとえインターネットを介した仕事であっても、パソコンの向こうには生身の人間がいます。副業だからといって、適当にこなせばいいといものでもありません。

修正依頼に反発したり、指示を正しく実行しなかったりするライターがクライアントに気に入られることがあるでしょうか?

自己中心的に動くのではなく、「どうやったらクライアントが求めるクオリティー以上の記事が書けるか」「どうすれば他のライターよりも優れていることがアピールできるか」など、

常に考え、行動に落とし込みながら仕事を進めていきましょう。

納期を守る

記事の作成の仕事には、必ずと言っていいほど納期(締切)が設定されてます。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、月に何十万と稼ぐようなライターは、納期をしっかりと守っています。

納期を守るということは、ライター未経験でも実践できることであり、なおかつ他のライターと差別化できる部分でもあります。

たとえば、2週間後の納期を目安に記事の作成を依頼されたとして、3日後に記事を納品したら、「記事を書くスピードが速いライター」としてアピールできますよね。

もちろん、クライアントの求める記事のクオリティーは大前提です。

当たり前のようで、実はライターとしての武器にもなる「納期を守る」という行動。ぜひライター未経験の方も実践してみてください。

単価交渉にチャレンジする

少し難易度は上がりますが、単価交渉をすることも報酬をアップするコツです。

単価交渉で単価アップを成立させるためには、クライアントが単価を挙げるだけの理由が必要不可欠となります。

ただこちらの要望で単価を上げてほしいと交渉しても、よほど信頼関係がないとクライアントは同意しないでしょう。

単価を上げてもらう代わりに、よりクオリティーの高い記事の作成を約束するとか、納期を1週間速めるといった、ライター側からのギブが必要です。

ライターとしてのスキルと実績を上げれば月5万円は達成可能!

未経験から始められるライターの仕事ですが、それなりに稼げるようになるためにはスキルの向上と確かな実績が必要不可欠です。

最初は単価の低い案件しか受注できないかもしれませんが、単価が低くても真剣に取り組めば、稼ぐライターに必要なスキルと実績はしっかりと身についていきます。

ライターは案件をこなせばこなすほど報酬も実力もアップしていく仕事です。

稼げる副業をお探しの人は、ライター業を始めてみてはいかがでしょうか?

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする