おすすめの記事

副業クラウドソーシングで稼げるのか?収入の目安は?

副業クラウドソーシングで稼げるのか?収入の目安は?

 

こんにちは、kojiです。

 

副業の一つのあり方として注目を集めているのがクラウドソーシングです。

 

自分の専門的な知識や技術を売りとするのはもちろんのこと、経験のない分野でもこなしていくことでやがては自分の武器とすることができるようになります。

 

 

クラウドソーシングとは?

 

クラウドソーシングとは、ざっくりというと「外注」です。

企業または個人が不特定多数の人に向けて作業を公募する形で依頼します。

パソコン(又はスマホ)とインターネットを利用した内職ともいうことができます。

 

 

クラウドソーシングでの仕事獲得方法

 

ではクラウドソーシングでの発注者と受注者の接点はどこにあるのでしょうか。

副業としてクラウドソーシングを始めようと思ってもそもそも仕事がなければ、副業として成立しません。

 

 

一般的にはクラウドソーシングサイトを通じて仕事を探すことが多いです。

クラウドソーシングサイトには専門分野が特化したサイトと、ジャンルや技術もさまざま取りそろえる総合型とがあります。

本業で専門的な技術を持っている場合は別ですが、初心者の場合は最初は総合型のクラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。

代表的なところではランサーズクラウドワークスといったところがあります。

 

クラウドソーシングサイト上には無数の仕事案件があります。

自分でできそうな仕事に応募して条件が合えば、晴れて受注ということになります。

その後は発注者と業務についてのやり取りをクラウドソーシングサイト上で行い、納品して業務完了となります。

 

 

仕事別クラウドソーシングでの収入の目安

 

実際にクラウドソーシングではどのくらい稼げるのでしょうか。

 

あくまで副業として本業の収入プラスアルファとしたいのか、ガッツリと稼ぎたいのかにもよりますが、やはり専門的であるとか、特殊なスキルを持っている方が高い報酬を望めます。

しかし初心者でも、やり方次第ではちゃんと稼ぐことができるようになります。

 

 

ライター

 

 

クラウドソーシングの仕事の中でも依頼数が多いのが、ライティング業務です。

ジャンルも生活情報や恋愛系、ビジネスや金融など多岐にわたります。初心者でも参入しやすいのでおすすめの仕事の一つです。

 

 

専門知識がなくても、ネットで調べて書くなどの対応が可能なので取り組みやすいのではないでしょうか。

自分自身の知識も身につけることができ、webライティングも学ぶことができます。たとえば今後自分のアフィリエイトサイトを開設したい場合などの勉強にもなります。

 

 

クラウドソーシングでのライティング業務は、単価が低いことが多いため初心者だと最初は苦労することもありますが、慣れてくれば高単価の仕事も狙えるようになります。

クラウドソーシングでのライティングは文字単価で計算することがほとんどです。
最初は1文字0.1円などですが評価があがれば1文字0.5円とか1.0円などにステップアップすることもできます。

初心者の場合はまずは月に1~2万円からということが多いのですがライティング技術が上がり、多くの記事を書けるようになった結果月20万円を超える収入を得ることもできるようになります。

 

中には本業を辞めて本格的にライターとして独立するような人もいます。

 

 

WEB制作

 

 

コーポレイトサイト制作の依頼もクラウドソーシングでは非常に多いです。

ネット環境の発達により企業も自社サイトを持つのが当たり前になっています。

しかし中小零細企業はWEB制作にそこまで資金を投資する余裕がないことも多いです。

そこでクラウドソーシング上で個人に依頼をすることでコストを抑えたいと考える企業が多いのです。また制作会社が外注していることもあります。

 

 

料金は制作するサイトのボリュームにもよるのですが5~10万円程度というところが多いようです。

一定程度以上のWEB制作の知識や技術が要求されます。

副業として考えた場合に、時間や労力がかかるため初心者にはハードルが高い面があります。

WEB制作に従事している人が、将来の独立に向けてスキルを磨くために副業するというケースがほとんどです。

 

 

映像・動画制作

 

 

映像・動画制作に関する仕事もクラウドソーシング上でよく見られます。動画の編集作業などが主な案件です。

結婚式や発注者が主催するセミナーの動画制作や編集のようなローカルな案件の場合は数千円からと比較的安価です。

 

また制作経験が必要な仕事がほとんどで、過去の作品の提示を求められます。

趣味と実益を兼ねて、という人でも最初は月に数千円の収入しか得られないことも珍しくはありません。

 

 

ネットショップ代行

 

 

通販サイトの運営には、商品の登録や受注対応、顧客とのやり取りから在庫の管理までさまざまな業務があります。

一人で運営するには手が足りない場合にクラウドソーシングで業務を委託することがあります。

 

商品の登録やリサーチ、受注対応など依頼が細分化していることもあります。

料金も内容により異なり、時給制もあれば商品登録で1件につき〇〇円としているところもあります。コツコツと同じ作業を繰り返すことに慣れている人に向いている仕事です。

単価が低いため、ある程度件数を重ねないと収入もそれほど多はなりません。

 

 

クラウドソーシング初心者にはライター業務がおすすめ

 

 

クラウドソーシングには多種多様な業務が存在します。

 

そのなかでも専門スキルを持たない初心者におすすめなのがライターの仕事です。
書くことはほとんどの日本人は普通にできます。

 

そして多くのライティングの依頼では詳細なマニュアルがあります。そこでSEO対策に沿った文章の書き方を学ぶことができます。

 

頑張れば単価もアップし副業で月収20万円達成も可能です。

 

しかも今後自分でサイトを運営する際の読まれる記事の書き方のコツを自然と身につけることもできます。
もちろんライティング以外にも魅力的な仕事がたくさんあります。

 

 

自分の特技や趣味を生かしてクラウドソーシングで副業を楽しみましょう。

 

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!