おすすめの記事

仮想通貨とは?始めるまえの基礎知識入門ガイド!

仮想通貨とは?始めるまえの基礎知識入門ガイド!

こんにちは、kojiです。

 

 

最近よく聞く「仮想通貨」興味を持たれる方も、多いのではないでしょうか?

今回は知っておくべき知識と入門編として、よくある疑問を元に仮想通貨について分かりやすく説明していきます。

 

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨というのは、その名の通り仮想上に存在する通貨のことをいい、「円」や「ドル」のように実体(紙幣・硬貨)のない通貨です。

実体のない仮想通貨はインターネット上にのみ存在し、全てシステムで管理されています。

 

仮想通貨の大きな特徴の1つは、世界中で自由に使うことが出来ることです。

もっと言えば

世界中で統一された通貨、現在は、外国でお金を使う時その国のお金に両替しないといけませんが、仮想通貨が普及すると両替の必要がなくなります。通貨の単位が異なることがないので、仮想通貨はあらゆるところで使用が可能です。

 

例えば、こんな感じです。

金杉
海外にいるんだけど財布どこかに落としちゃった!
友人A
スマホにビットコイン送金しておくね♪

ちょっとザックリしすぎましたねw

未来の話だと思っていただければとおもいます。

どこでも使えれば海外でお金のトラブルになっても送金も早いし両替がいらないので手間がかからず日本へ帰れますよね。

 

仮想通貨のメリット

特定の機関に依存しない
通常、法定通貨の価値は国が保証しています。そのため、国の経済状況により、その国の法定通貨の価値は大きく変動するおそれがあります。それに対して、仮想通貨は特定の国により価値が保証された通貨ではありません。そのため、国の経済状況で仮想通貨の価値が左右されることがないのです。

 

支払いや送金の手数料が格安
中央機関が存在しないこともあり、取引の際に余計な手数料を省くことができます。仮想通貨の最大の特徴とも言えるでしょう。

 

通貨の受け渡しがスムーズ
例えば海外に送金をするときに銀行を通すとかなり時間がかかってしまいますよね。極端に言ってしまえばデータのやり取りとなるので素早く送金することが可能です。しかもネット上の通貨なのでわざわざ金融機関に行って送金したり、引き出しに行く手間というのもありません。

 

仮想通貨のデメリット

投資としてはハイリスク・ハイリターン
値動きを制限する仕組みがないため、一瞬にして暴騰暴落が起こります。需要と供給によって価格が決まります。そのためボラリティ(価格変動)が大きく値下がり損も大きいわけですね。(投機的面が強いということです)ハイリスクハイリターンな投資が好きな人にはいいかもしれませんが、普通の人からするとこれはデメリットと捉えられるでしょう。

 

ネット上の通貨なのでハッキングリスクがある
仮想通貨取扱業者にだけ任せるのではなく自分の「ウォレット」というものをしっかりつくって管理していなかった為、起きた事故です。オフラインで保管すればある程度ハッキングによる損害は防ぐことができます。ウォレットとは、仮想通貨を自分で管理するためのツールです。普通のお金と同様に自分でしっかり管理しましょう。

 

重い税負担
気をつけなければならないのは、仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類され、一律10%の住民税と累進課税の所得税として15%〜55%の税が課されることです。「先物取引に関わる雑所得」として扱われ、住民税、所得税を合わせて一律20%のFXとは大きな違いです。

 

仮想通貨って怪しくないの?

「実体が無い通貨って・・・何か怪しい・・・」

そう思う方、大変多いと思います!私も最初はかなり疑っていましたw

 

現在、1500種類以上の仮想通貨(アルトコイン)が存在し、次から次へとでてきます!新しく出てくるものも多いですが、いつの間にか無くなっていく仮想通貨も普通にあります。

 

つまり・・・世の中に出回っている

全ての仮想通貨が安心安全ではないのです。

 

とはいえ、中では一気に数百倍の価値をつける仮想通貨は日々増えていているため、最近よく聞く”億り人”wになる可能性を秘めたコインも日々生まれているのが現状です。

 

簡単な言い回しは「金の卵」ですかねw

 

ですが、全てが「金の卵」と思ってはいけません。実際世の中に出回っている仮想通貨のうちの約90%が、何の価値も持たないものと言われているのが現状です。

 

ですから、様々な情報を精査し、自分自身で見極める力が必要です。

 

仮想通貨は儲かるの?稼げるか

実際、儲かるの!どうなの?

気になっている方も多いと思います!

 

儲かる=稼げる可能性は高いです!

 

これまでの、お金(通貨)の在り方を大きく変える可能性も秘めていることは間違いありません。

 

世界各地で今以上にビットコインを始めとする仮想通貨の決済が行えるようになると、通貨そのものの価値も上がるため、もっと価値のある資産として保有することができるのではないでしょうか。

 

稼いでる人は、価値が出そうなアルトコイン(仮想通貨)にいち早く目を付けて仕込んでおきます。

仕込みとは・・・将来に期待がもてる「金の卵」を発掘して買値が安いうちに保有する。

ですかねwなんとなく伝わりましたか?

 

その仕込んでいた仮想通貨の価値が評価され需要が高まると、みんなが「いいね!ほしい欲しいと」となれば当然、価格は高騰します。

 

つまり「安く買って、高く売る」買値と売値の差額で稼ぐということです。

 

ここでの重要なポイントは、

「価格が変動する」=「一定の価値ではない」ということです。

 

つまり・・・損もします。

買値より売値の方が安くなってしまうこともあります。期待していた予想に反して暴落なんてことも投資の世界は当り前ですし、みんなが認めたアルトコイン(仮想通貨)だって未来はどうなるのかなんて誰にも分かりません。

 

ですが正しい知識を身につけてリスクヘッジして運用すれば大損することは避けられると思います。

 

これから始めても間に合う?

「これから始めても間に合うの?」これもよく聞く疑問です。

 

むしろ、これからが仮想通貨の本番です。

簡単に言えば、毎日ように仮想通貨が「あーでもない!こーでもない!」と世界中で騒がれてますが・・・今更、“仮想通貨” の仕組みが無くなることはありません。

 

インターネットが様々な人や組織によって世界規模のネットワークを構築しているように、マイナーなど仮想通貨のインフラを支える多くの人がいる限り、仮想通貨は止まらないです。

 

絶対とは言えませんが、儲かる(稼げる)可能性は高いでしょう。2017年に価値が10倍、50倍になった仮想通貨もあります。そして、まだまだ成長の余地があります!

 

ネットニュースやテレビ番組などで仮想通貨を聞いたりして認識がある人は多いですが、実際に保有している人は、まだまだ少ないのが現状です。

 

世界の仮想通貨保有者が一番多いいのは日本人なんです。それでも日本人口の約5%です。

 

今は安全を担保する仕組みが未成熟で投資対象として不安定さがあるということになっていますが、仮想通貨は間違いなく社会のインフラになっていきます。

 

近い将来、「仮想通貨って怪しい、難しそう」といったイメージが払拭され、「新しいお金」という概念だけでなくテクノロジーを理解し、利便性と安全に取引できる技術やサービスが構築され、正しい情報が普及していくと興味を持つ人が増えるのは確実です。

 

人間は便利なものは使わずにはいられません。

 

そうなると、より人々が使うものとして信用(価値)がついていきますので、値段が上がるのは当然のことですよね。

 

ということは・・・今が始めるチャンスです。

 

いかがでしたか?

通貨革命と言われるほど、進歩の早い仮想通貨。一つの収入源として考え始めている方も多いです。

 

始めたいけど何の銘柄を買えばいいの?

取引のやり方が分からない!

もっと深く仮想通貨を知るには本を読むのもいいですし、いろんなブログを読んでくれるのもいいのですが・・・

 

正直、始めてみるのが一番手っ取り早いです

自分で実践しないと危機感やマインドが弱いので本気になれないんです!

 

投資の世界は甘くないです。

 

稼いでいる人もいれば、損をしている人がいるのも現実。膨大な量の情報から、自分自身で正しい情報を精査し、勉強し続けていくことが大切です。

 

 

次回は、実際に仮想通貨を始めた際によく聞く疑問点を解説していきます。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!