仮想通貨知っておきたい専門用語の解説

シェアする

こんにちは、kojiです。

最近、仮想通貨に興味をもち「やってみたい!」あるいは、始めたばかりの初心者さんは、ちょいちょい出てくる聞いたこともない専門用語が出てくるたびに、「えっ!」っとなりますよね?

誰でも始めては、難しく思えてしまいます。

仮想通貨の専門用語はかなりあるので、先ず簡単なことから少しずつ知っておきましょう。

前回の記事の続きで、今回は仮想通貨を始める際に疑問が多い専門用語を少しだけ解説していきますね。ぜ~んぶ覚えたら疲れてしまうので・・・

仮想通貨と暗号通貨は違うもの?

結論を最初に言うと、仮想通貨と暗号通貨に意味の違いはありません。

仮想通貨という名称は、日本での通り名であり、海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)という用語が使用されています。

暗号通貨に関しては、暗号通貨の先駆けとなったビットコインの正式名称Cryptocurrency Bitcoin(暗号通貨ビットコイン)なので、全世界に暗号通貨という呼び名が広まりました。

一方、仮想通貨はメディアが、一般の方がイメージしやすい名称として使用していることが多いです。

ですから、基本的には仮想通貨=暗号通貨と捉えて問題ないと思います。(こちらのブログでは、「仮想通貨」で統一します。)

ビットコイン

現在、仮想通貨の中で最も認識度の高いビットコイン。ビットコインとは、「仮想通貨」の一種です。

「サトシ・ナカモト」を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。

ビットコインの数には限りがありますので、沢山の人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。

アルトコイン

アルトコイン(オルトコイン,altcoin)とは、『alternative coin』の略称で、直訳すると『代替通貨』という意味で、ビットコインの代替通貨ということを意味します。

簡単に表すと、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

ここではアルトコインの中でも特に有名な

・リップル(Ripple)

・イーサリアム(Ethereum)

・ライトコイン(Litecoin)

・ネム(NEM)

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

現在、多くのアルトコインは投機目的で利用されているものがほとんどですが、日常生活の分野での活用が注目されています。

ビットコインに比べればまだまだ認知度が低いアルトコインですが、リップルやイーサリアム、ネムを筆頭に今後の成長に期待が高まっています。

ブロックチェーン

ブロックチェーンを一言で表すと、一本のチェーン(鎖)で繋がった台帳です。

この台帳は、通貨誕生から今までの全てを記録しているものです。ビットコインで言うと、2009年1月3日に誕生してから今までの全てのビットコインの動きが記録されています。

現金の場合、どのような取引を経て自分の手元に来たのか分かりませんが、ブロックチェーンで管理された仮想通貨の場合、過去の取引も全て記録されているので、必要があれば確認できます。

さらに・・・

ブロックチェーンはいいことづくめで、情報が危険にさらされることがないのもそうですが、この技術が開発されたことにより、個人同士の取引”が可能になったため、第三の仲介業者が要らなくなりました

第三の仲介業者が間に入ることで手数料も割高だったのですが、個人同士のやり取りに変わったことで手数料も安くなり皆が利用しやすくなったのです。※今現在では、仮想通貨を取引する人が増えて(情報と呼ばれるブロック部分が大きくなって)手数料も上がっているようです。

ブロックチェーンの大きな特徴は、「みんなで使える、みんなで支えあう台帳」ということです。

自分一人のものではなく、世界中誰でも使うことが出来ます。

また、一人一人が違うデータを持つのではなく、みんな同じデータを持つことで、1つが壊れても支障なく稼働し続けることが可能になります。

みんなで見張って、みんなでその取引に不正が無いかチェックし、データがその後、改ざんされないようにしています。

トークンとは・・・

   ↑↑↑

こんなヤツ見たことないですか?

ネットバンキングなどで使いますよね。

ひとくちにトークンと言っても、さまざまな解釈があります。

ただ仮想通貨におけるトークンとは、簡単に言えば、既存の仮想通貨のブロックチェーン上で企業や個人が発行したオリジナル通貨のことを言います。

Zaif(ザイフ)トークンのように市場に出回って代替機能という価値を持てば、ビットコインや日本円などとトレードすることができるようになります。

ウェブサービスの「Valu」なども、まさに個人におけるトークンのようなものですね。

トークンはやろうと思えば誰でも発行ができ、「〇〇トークン」というような自分のトークンも発行できます。

BTC(ビーティーシー)

BTCとは、ビットコインの通貨単位です。

1BTC、0.023BTCというように使用します。

2017年12月現在のレートでおよそ1BTC=190万円です。XBTという単位はBTCと同じ意味で使用されます。

ビットコインの最小単位は0.00000001BTCで、これは考案者の名前より特別に1satoshi(サトシ)と呼ばれます。

なおビットコインは2009年の登場より大きく価格が上昇したため、1BTCの価格が大きく利用しづらいといった問題があります。

これを補うために1mBTC(ミリ)0.001BTCや1μBTC(マイクロ)0.000001BTCなどの補助単位があります。

参考元:bitFlyer用語集より

販売所とは?取引所(交換所)とは?

始めにお伝えしますが、販売所と取引所はかなり、重要になりますので、改めて詳しく解説しますので、今回は簡単に解説していきますね。「ふ~んそうなんだ!」って感じで覚えてもらえればいいです。

販売所と取引所を一言で説明してみましょう。

販売所とは仮想通貨を店から購入する「売店」=購入価格が高い

取引所とは仮想通貨を客同士が売買する「市場」=お得な価格で購入できる

販売所の特徴

販売所での仮想通貨の売買をするときは購入者は「販売所が保有している仮想通貨を販売所から直接購入」するかたちになります。固定価格(変動あり)で売買

会社なのでしかっりと利益をださなくてはなりませんので「仕入れ価格+上乗せ」してるため、取引所で購入する金額より高いです。

また、売り買いが簡単で直観的に操作できるので初心者でも迷うことなく取引ができます。

超簡単なイメージとしては

スーパーマーケットみたいに、販売所自身が仮想通貨を仕入れて、それを客に販売する業者。

仕入れ元は、他の業者やお客さん。

仕入れ価格+上乗せ分(人件費、設備費など)=販売価格で儲けを出している。

販売所の特徴

取引所は仮想通貨の購入希望者と売却希望者のマッチングをする業者のことを指します。

フリーマーケットのように仮想通貨を買いたい人、売りたい人が集まって直接売買していて通称、板と呼ばれるシステムを使いその利用料を徴収して利益を出している。

あと、慣れれば問題ないですが「」の使い方が分からないと初心者には取引が難しく思えてしまいます。

超簡単なイメージとしては

「メルカリ」ですねw「売りたい人」と「買いたい人」をマッチングさせて競売(せり)。

マッチングさせる「場(システム)」を提供して手数料で儲けを得ます。

ここで抑えて欲しいポイントは「販売所」と「取引所」では仮想通貨を購入するときの価格が違います。

その時の相場状況にもよりますが、基本的には「取引所」が安く購入できます。安く購入できた方が利幅がでるわけですからお得です。

仮想通貨の買い手と売り手をマッチングするという取引所の基本機能はもちろんどの取引所も備えていますが、扱っている仮想通貨の種類、手数料や入出金の使い勝手など、取引所ごとに異なる部分もあるので、自分の利用スタイルに合った取引所を選ぶことが必要です。

いかがでしたか?

せっかく仮想通貨を始めてみようと思っても、専門用語が多いと訳が分からなくなって、少し気後れしてしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、意味を嚙み砕いてみると案外分かりやすかったりもします。分からないままでいるのではなく、1つ1つ身につけていくことで理解が深まり、実践の際に役に立つと思います。

次回は、気になる仮想通貨のこれからについて解説します。

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする