仮想通貨小学生でも分かる!makerとtakerの違い

シェアする

こんにちは、kojiです。

前回の記事でお話した、maker(メイカー)taker(テイカー)

仮想通貨で取引を行う上で、必要な知識になりますので、今回はmakerとtakerについて分かりやすく解説していきます。

「maker」と「taker」を知る前に・・・

まず、makerとtakerを説明する前に、「板」について説明します。

これが、「板」です。

「板」とは、売買の気配値(●●円で買います、売ります)が、蓄積されたものです

気配値とは、簡単に言うと、売りたい人、買いたい人、双方注文を出した人の「希望価格」です。

気配数とは、簡単に言うと、売りたい数、買いたい数です。

「板??気配値??気配数=売りたい数??買いたい数??、ちょっと分かりにくいな・・・」

という方も安心して下さい!

例を挙げて、分かりやすく解説しますね。

例えば、以下の画像が、ボールペン売買の板だとします。

まず、この板の見方を説明します。

売り気配は、真ん中の黄色い線の上を見て下さい。

上から4段目ボールペン1本=100円×1本

上から3段目ボールペン1本=350円×3本

上から2段目ボールペン1本=750円×6本

上から1段目ボールペン1本=1200円×10本

売りたい!ということを表しています。

この場合の売り気配数とは、売りたい人が売ろうとしているボールペンの本数です。

では次に、買い気配を見てみましょう。

買い気配は、真ん中の黄色い線の下を見て下さい。

下から4段目ボールペン1本=90円×1本

下から3段目ボールペン1本=85円×2本

下から2段目ボールペン1本=75円×1本

下から1段目ボールペン1本=70円×2本

買いたい!ということを表しています。

この場合の買気配数は、買いたいボールペンの本数です。

実際にAさんがボールペンを欲しいな~と思っているとして・・・

Aさん
ボールペン10本買いたいな~

Bさん
板を見ると、10本だと12000円で売りに出てるよ!

Aさん
それじゃ高すぎるよ・・・。

Bさん
じゃあ、もっと安い値段で売る人が出てくるまで待つか、とりあえず必要なら1本だけ一番安い100円で買うのはどうかな?

このように、板の情報から、次にとる手段を考えることが出来るのです。

仮想通貨取引において、板を読むことはとても大切です!

これを機に覚えると、今後必ず役に立ちますよ!

「maker」と「taker」って何?

maker・・・板に注文を出して値段を作ること

makeとは日本語で~を作るという意味です。仮想通貨におけるmakerとは、現在板にない売買注文を新しく出す(作る)ことです。

taker・・・板に存在する注文を取っていくこと

takeとは日本語で~を取るという意味です。仮想通貨におけるtakerとは、現在板にある注文を取るということです。

私は、なかなかこのmakerとtakerの意味が理解出来ませんでした・・・。

少し具体例を出して説明しますね。

上の表を見ると、売りたい人の希望額(気配値)の最低額(表②)は874780です。

既に板に存在する874780で買いたい!と思い、買うことをtaker

また、買いたい人の希望額(気配値)の最高金額(表③)は874500です。

既に板に存在する874500で売りたい!と思い、売ることもtaker

一方、買いたい人の希望額(気配値)の最高金額(表③)は874500です。

自分は現在板に存在しない874600で買いたい!と思い、新しく注文を出すことをmaker

また、売りたい人の希望額(気配値)の最高金額(表①)は875080です。

自分はもっと高値の876000で売りたい!と思い、新しく注文を出すこともmaker

maker手数料とtaker手数料はどっちが安いの?

これは、Zaif(ザイフ)の取引所での手数料一覧の一部です。

見て分かる通り、maker手数料の方が安いですね。

なぜ、maker手数料の方が安いのでしょうか?

取引所としては、色々な種類の仮想通貨で、新しい価格が板に並べば、どんどん取引が活発になり、取引をしてくれる人が多くなります。

お店と一緒で、お客さんがいないと商売は成り立ちません。

つまり、お客さんが沢山使ってくれれば、お客さんも嬉しい!会社も嬉しい!みんなHAPPY!という訳ですwww

いかがでしょうか?

聞きなれない言葉なので、なかなかすぐ理解するのは難しいですよね・・・。

しかし、仮想通貨の取引をしていく中で、繰り返しこのブログを読んで頂ければ、必ず役に立つと思います。

分からないことをそのままにするのではなく、1つ1つ着実に身につけてステップアップしていきましょう!

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする