仮想通貨初心者におススメ!Zaif(ザイフ)のメリット&デメリット

シェアする

こんにちは、kojiです。

仮想通貨を始める第一歩が、取引所を選ぶことです。初心者の方は、国内の取引所を利用する方が多いですね。

数多くある取引所の中でも、Zaif(ザイフ)は、初心者の方に特におススメです!

日本で一番取引手数料が安い取引所Zaif

 

今回は、Zaif(ザイフ)を実際に利用して分かったメリットデメリットを解説します。

Zaif(ザイフ)ってどんな会社が運営してるの?

剛力彩芽さんのCMでお馴染みのZaif(ザイフ)。

Zaif(ザイフ)は国内三大取引所の1つです。一方、Zaif(ザイフ)は販売所としても運営しています。

つまり、Zaif(ザイフ)は取引所でもあり、販売所でもあります。

また、豊富な種類のコインを取引することが出来ます。

Zaif(ザイフ)のメリット

取引手数料が圧倒的に安い!マイナス手数料?!

Zaif(ザイフ)が人気の理由の1つが、取引手数料が安いまさかのマイナス手数料!ということです。

取引手数料を解説する前に、販売所取引所の違いを知っておきましょう。

販売所仮想通貨を店から購入する「売店」=購入価格が高い

取引所仮想通貨を客同士が売買する「市場」=お得な価格で購入できる

基本的には、仮想通貨を安く買うなら、取引所がいいでしょう。

詳しくは、こちらの記事で解説していますので、是非読んでみて下さいね。

では、本題に入りますね。

手数料というのは、何か作業に伴い発生する(こちらが支払う)ものですよね?

このマイナス手数料というのは、取引する際にこちらが手数料を支払うのではなく、売買どちらでも日本円でのキャッシュバックがあるということです。

※注意※マイナス手数料なのは、ビットコインのみです。

では、実際Zaif(ザイフ)は手数料が安いのか、代表的なビットコインで、他社と比較してみましょう。

※maker手数料、taker手数料というのは、

maker手数料・・・板に新しく注文を出す際の手数料

taker手数料・・・板に既に並んでいる注文を取っていく(消費する)際の手数料

maker、takerは少し分かりづらいので、別記事で詳しく解説しますので、今回は「そういうものがあるんだ~」くらいの理解でOKです。

上の比較表を見て分かる通り、ビットコインの取引において、Zaif(ザイフ)は圧倒的に手数料が安いです!

取引の度に少しだけどお小遣いが貰える♪そんなイメージですね!

※注意※マイナス手数料の条件は以下の通りです。

・Zaif(ザイフ)取引所の現物取引(通常の売買)であること。(信用取引、かんたん売買、決済などは対象外)

・本人確認認証済のユーザーであること。

・マイナス手数料を獲得する為には、「アカウント」→「獲得ボーナス」からボーナスの獲得が必要です。

売買の際にマイナス手数料が獲得できるのではなく、取引翌日の10時~23時59分までの間にマイナス手数料を獲得することが出来ます。必ず期間内に手続してください!

ローリスクのコイン積立が出来る

仮想通貨の取引をやってみたいけど、自分で売買のタイミングを把握出来るかな?と不安な初心者の方におススメなのが、Zaif(ザイフ)コイン積立です。

Zaif(ザイフ)コイン積立は、毎月27日に固定額が銀行口座から自動で引き落とされ、翌月10日~翌々月9日まで、1日ごとに指定の仮想通貨が自動的に買付され、積立を行います。

こちらの記事で詳しく解説していますので、是非読んでみて下さいね。

運営会社の体制がしっかりしている

取引所には、自分の大切なお金を預けます。信用が無いと預けるのは怖いですよね?

Zaif(ザイフ)では、以下のようなしっかりとしたセキュリティ対策を行っています。

①預かり暗号通貨管理の強化

お客様からお預かりした暗号通貨残高のうち、流動しないものについてはシステム内からは完全に隔離された状態で複数箇所に分けてオフライン保管(Cold Storage)され、その再移動には権限を持った複数管理者の電子署名(Multi-Signature)が複数段階に渡り必要となる内部統制制度を導入しております。

②ユーザー情報やバックアップデータ管理の強化

ユーザー情報やバックアップデータについても、その移行や読み出し、復元にも権限を持った複数管理者の電子署名(Multi-Signature)が複数段階に渡り必要となっております。

③システムインフラの堅牢性強化

取引所システムを複数層に渡って外部から遮断し、内部への侵入が実質的に不可能なシステムセキュリティ環境を構築しております。よって、データベースなどには、外部から一切アクセスが不可能となっております。

④お客様預かり金の分離

経営資金と、お客様からの預かり金を完全に分離して管理しております。その預かり金が会社の運営やその他の利殖などの資金運用に流用されることは一切ありません。

⑤リスク管理やセキュリティ対策の強化

開発チームには、シリコンバレーで金融サービス開発に携わっていた人材が採用され、欧米型の数理モデルによる不正検知が導入されているほか、日本の金融事情に特化した不正対策も施し、国際的なAML(AntiMoney Lanundering=マネーロンダリング対策)や、KYC(顧客確認)基準にも積極的に対応しております。

⑥経営資金の確保

弊社テックビューロ株式会社は、当初より数年間は利益なしにビットコインのインフラ整備に尽力するというビジネスプランが前提で、それに対する理解の元、著名ベンチャーキャピタルであるNTVPより多額の資金調達をしております。よって、弊社で実施するマイナス手数料などのキャンペーン費用が、弊社の経営を圧迫したり、お客様の預かり金を侵食することはありません。また、お客様の預かり金が弊社の経営資金として流用されることはありません。

引用:zaifセキュリティ体制

以上のように、セキュリティに関して万全の体制が整っています。

レバレッジ取引が出来る

レバレッジ取引とは、自分の手元にあるお金の何倍もの金額の取引のことです。

FX取引ではよく行われますが、仮想通貨取引でも同じように、レバレッジ取引が出来ます。

Zaif(ザイフ)取引所のレバレッジ取引は、信用取引は7.77倍、先物取引では25倍と、国内取引所の中では最大のレバレッジを設定できます。

Zaif(ザイフ)のデメリット

アプリ・ウェブの操作性が悪い

これは使う人によってどう感じるか違うとは思いますが、スマホアプリ、ウェブの操作性が悪いという口コミもあります。

チャートが見づらかったり、アプリをインストールしていても毎回IDとパスワード入力が面倒などなど・・・。

私的には、まだまだこれから使いやすくなっていくと期待していますし、慣れればそんなに苦ではないと思います。

本人認証ハガキの到着が遅い

CM効果もあると思いますが、Zaif(ザイフ)への申込が殺到し、本人認証のハガキの到着に時間がかかった方もいるそうです。

私の場合は、比較的早く3~4日くらいで届きましたので、タイミングにもよるかと思います。

いかがでしょうか?

仮想通貨初心者の方におススメのZaif(ザイフ)。実際、私が初めて口座開設したのはZaif(ザイフ)です。

もちろんデメリットもありますが、仮想通貨初心者の方にはメリットが多い取引所だと思いますので、是非登録してみて下さい。


仮想通貨初心者の方におススメのZaif

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする