ビットコイン取引国内NO.1!bitFlyer(ビットフライヤー)

シェアする

こんにちは、kojiです。

仮想通貨の取引所は、日本国内だけでも10か所以上あります。

取引所選びは慎重に行いたいところですので、Zaif(ザイフ)に引き続き、

今回は、初心者におススメのbitFlyer(ビットフライヤー)をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは

成海璃子さんのCMでお馴染みのbitFlyer(ビットフライヤー)。

bitFlyer(ビットフライヤー) は、国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)として 2014 年 1月に設立されました。

ビットコインの取引量が日本国内最大の取引所であり、また、資本金、ユーザー数においても国内ナンバー1です。

仮想通貨初心者にbitFlyer(ビットフライヤー)がおススメな理由

①大企業からの出資と豊富な資本金

②日本国内だけでなく、海外にも進出

③世界中で多く取引されている世界的に有名な仮想通貨を取り扱っている

④取引が活発なので、好きな時に売買出来る

⑤国内初!メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う損害補償

①大企業からの出資と豊富な資本金

上記画像からも分かる通り、三菱UFJや三井住友、電通、リクルートなど、多くの大企業から出資を受けています。

また、資本金も41億238万円と豊富です。これだけの資本金があれば、安全性確保のシステム構築の為にお金をかけることが出来ますよね。

大企業からの出資と豊富な資本金で、土台がしっかりしている取引所です。

②日本国内だけでなく、海外にも進出

2017年8月には、アメリカへの進出を発表しました。既に34の州から認可を受けており、アメリカの仮想通貨専門メディアでも大きく報道され、注目度と期待度が高いことが分かりますね。

国内だけでなく、世界でも認められ始めているのは、信用性が高いからこそだと言えるでしょう。

③世界中で多く取引されている世界的に有名な仮想通貨を取り扱っている

bitFlyer(ビットフライヤー)が取り扱っている仮想通貨は、以下の7種類です。

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・モナコイン

・リスク

代表的な仮想通貨は網羅していますね。

「どの銘柄の仮想通貨を買ったらいいのだろう?」と悩む仮想通貨初心者の方も多いのではないでしょうか?

まず最初は、多くの人が取引している代表的な銘柄で経験を積むのが良いと思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、代表的な銘柄が揃っていますので、仮想通貨初心者の方におススメです。

※注意※ bitFlyer(ビットフライヤー)では、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は販売所のみでの売買です。

④取引が活発なので、好きな時に売買出来る

ビットコインの取引量が国内NO.1ということは、ビットコインの売買をする際、bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する人が国内で一番多いということです。

取引が少ないと、売りたい時になかなか買い手が現れなかったり、買いたい時に売り手が見つからなかったりと、なかなか取引が出来ません。

仮想通貨取引を行うにあたって、大切なのはずばり!

「習うより慣れろ!」ですw

ブログなどで知識を仕入れたら、その後は実践あるのみです。

初心者の方は、少額でコツコツ取引実績を作ることで、仕入れた知識が自分のものになり、次のステージへステップアップしていけます。

⑤国内初!メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う損害補償

仮想通貨は実体のないものだから、強盗も無いし安心!と思っていませんか?

ネットで管理されてるから絶対大丈夫!と言い切れないのが、今の世の中です。

いくらセキュリティ対策が万全でも、絶対にハッキングされないという訳ではありません。

万が一ハッキングを受けた時でも、ビットフライヤーでは盗難補償体制が整っています。

ハッキングや第三者のなりすましによって、資産が流出(不正な日本円出金)した場合、補償として最大500万円受け取ることが出来ます。

参考:メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う補償について

いかがでしょうか?

仮想通貨初心者の方におススメのbitFlyer(ビットフライヤー)。

セキュリティ面や取引量の多さなど、信頼できるポイントが多い取引所です。

是非、参考にしてみて下さい。

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする