bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設をしてみよう

シェアする

こんにちは、kojiです。

現在、仮想通貨取引所は数多くあります。

それぞれの取引所に各々強みがあるので、1つの取引所に絞って取引するのではなく、必要に応じて取引所を使い分けるというのも、億り人wへの近道かもしれません。

前回の記事で、仮想通貨初心者の方におススメしたbitFlyer(ビットフライヤー)。

bitFlyer(ビットフライヤー)の強みは、ビットコイン取引量の多さです。

ビットコインはbitFlyer(ビットフライヤー)、他のアルトコインは違う取引所で、という使い分けも出来ます。

今回は、簡単に出来るbitFlyer(ビットフライヤー)口座開設について解説します。

口座開設の為に用意するもの

①本人確認書類

本人確認書類は以下の通りです。

②メールアドレス

yahooメールやgmailなど、フリーメールで大丈夫です。

③銀行口座

キャッシュカードや通帳を手元に用意しておくと良いですね。

 

実際に口座開設を始めましょう。

①メールアドレスを入力→「アカウント作成」をクリックします。

メールアドレスで登録する以外に、Facebook、Yahoo ID、Googleでアカウント作成も出来ます。

②メールに届いたキーワードを入力します。

「アカウント作成」をクリックすると、

この画面が出ますので、赤枠内全てにチェックを入れると、メールアドレスの登録は完了です!

③本人確認と口座登録をしましょう。

メールアドレスの登録が完了し、ログインすると、

アカウントクラスがウォレットクラスになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)には、ウォレットクラストレードクラスの2種類の使い方があります。

ウォレットクラスとアカウントクラスの違いは、以下の通りです。

一番大きな違いは、

ウォレットクラス=仮想通貨の売買が出来ない

トレードクラス=仮想通貨の売買が出来る

です。

つまり、メールアドレスを登録しただけのウォレットクラスのままでは、売買が出来ません

ウォレットクラスからトレードクラスに変更するためには、

  • 本人情報のご登録
  • 本人確認資料のご提出
  • お取引目的の確認
  • 転送不要の書留郵便の受取

が、必要です。

まずは、本人情報を登録していきましょう。

必要事項を全て入力します。

※住所は本人確認書類記載の住所と同じものを使用しましょう。

次に、本人確認書類の提出をしましょう。

次に、取引目的等の確認をしましょう。

3つの項目がありますので、該当するものを選んでください。

次に、口座情報を登録しましょう。

お疲れ様でした!

これで入力は完了です!

本人確認書類と銀行口座の審査が完了すると、転送不要の書留郵便が送られてきます。

1週間くらいで届いた方が多いそうです。

以上で、ウォレットクラスからトレードクラスに変更され、仮想通貨の売買が出来るようになります。

いかがでしたか?

大体どこの取引所も口座開設の方法は似ていますね。

ビットコイン売買に強いbitFlyer(ビットフライヤー)。

簡単に口座開設が出来ますので、是非登録してみて下さい!

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする