仮想通貨初心者が分かりやすい!GMOコイン

シェアする

こんにちは、kojiです。

今回は、Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)に続き、仮想通貨初心者におススメの【GMOコイン】

を紹介します。

用途によって、使い分けている方も多くいらっしゃいますので、是非参考にしてみて下さい。

GMOコインとは

GMOコインとは、2017年5月に取引を開始した仮想通貨販売所です。

GMOコインは取引所ではなく、販売所なのです。

取引所と販売所の違いはコチラをチェック!

大手ITの「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営をしています。

GMOは元々、株やFXの取引会社なので、通貨取引やセキュリティなどの管理体制においてノウハウの蓄積があるとされています。

GMOコインの特徴

・セキュリティレベルが高い

・人気のリップル、ライトコインを取り扱っている

・仮想通貨FXが出来る

・取引所ではなく、販売所

セキュリティレベルが高い

金融庁から仮想通貨交換業者として認められたこともあって、セキュリティはしっかりしています。

金銭と仮想通貨は、会社用と顧客用を分けて管理。

即時送付に必要な以外の仮想通貨は、インターネットから隔離された「コールドウォレット」に保管。

内部不正チェックの為、コールドウォレットから移動させる際は、複数の部署の承認が必要。

日本円出金や仮想通貨売買の際、二段階認証が必須。

・ログイン実績のない端末からのログインの際、二段階認証が必須。

参考:GMOコイン セキュリティ・顧客資産管理

FXや株での資産管理のノウハウが生かされた、しっかりとしたセキュリティになっていますね。

人気のリップル、ライトコインを取り扱っている

【GMOコイン】の取り扱い仮想通貨銘柄は、以下の5種類です。

人気のリップルも取り扱っています。

仮想通貨FXが出来る

仮想通貨取引の前に、FXをしていた方って多いのではないでしょうか?

私も少しですが、FXをやっていました。

そもそもFXとは、「外国為替証拠金取引」のことです。

簡単に言うと、為替の価格変動を利用して稼ぐことです。例えば、1ドル100円の時に買って、1ドル150円の時に売れば、50円儲かるということです。

仮想通貨もFXも、安く買って高く売ることで、利益を出すということですね。

では、GMOコインの仮想通貨FXとは、どういうものなのでしょうか?

簡単にまとめると、

・為替(ドル/円)ではなく、仮想通貨(ビットコイン/円)の取引

レバレッジ5倍が可能

・証拠金維持率が75%を下回った場合、ロスカット

※注意※ロスカットには時間を要することもあるので、相場が急激に変動した際、ロスカットが間に合わず、証拠金を上回る損失が生じることがあります。この場合、上回った損金を支払わないといけません。

仮想通貨初心者の方は、少し難しいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

仮想通貨FXは、仮想通貨取引に慣れてから挑戦することをおススメします。

ロスカットが発動されると、強制的に証拠金を徴収されてしまい、もう一度注文をいれないといけなくなりますので、ロスカットはなるべく発動させないように、状況をしっかりと読むことが大切です。

販売所なので、提示された金額で売買可能

繰り返しになりますが、GMOコインは、取引所ではなく販売所です。

販売所の最大のメリットは、「すぐに、確実に売買出来る」ということです。

取引所は板での価格変動が激しいので、この価格で欲しい!と思っても、次の瞬間には価格が変わっているなんてことは、よくあります。

その点販売所は、販売所が提示している価格で買いたい!売りたい!と思った時に売買出来るので、仮想通貨初心者の方には、分かりやすいです。

いかがでしょうか?

販売所は取引が分かりやすいですし、何といってもGMOという大きな会社なので安心感があります。


公式サイトはコチラ⇒【GMOコイン】

是非、参考にしてみて下さい。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする