これを読めば完璧!レバレッジ大解説!

シェアする

こんにちは、kojiです。

FXや仮想通貨取引において、レバレッジ〇倍という言葉、よく見ませんか?

「レバレッジって何だろう?」と、疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

今回は!これを読めば誰でも分かるレバレッジ大解説をしていきます。

そもそもレバレッジって何?

コチラの記事でも説明していますが、今回はもっと詳しく、簡単に説明します。

私は、レバレッジについて知識が乏しかった時、レバレッジ10倍と聞くと、

「1万円の証拠金があれば10万円分買えるのか!ラッキー!」

と思う反面、

「ってことは、損するときも10倍?!めっちゃマイナスになるってこと?!」

と焦りましたwww

では、正しいレバレッジの知識をご紹介していきます。

まずレバレッジとは、てこの作用のことです。

例えば、シーソーを思い浮かべて下さい。

お互いの座る位置にもよりますが、体重の軽い人が体重の重い人を上にあげることが出来ますよね?

これこそ、てこの原理です。

つまり、レバレッジとは、少ない資金でも大きな取引が出来ることを表しています。

レバレッジ10倍だったら、証拠金1万円で10万円分の取引が出来るということです。

なぜレバレッジ取引が可能なのか?

レバレッジによって、自分が所有している資金よりも多額の取引が出来ます。

なぜそんなことが出来るのでしょうか??

普段私たちが買い物をする際、1個100円のリンゴを買うためには、現金100円を払いますよね?

これは、リンゴを売る買うという売買の度に、金銭の受け渡しが行われるということです。

しかし、FXや仮想通貨において、レバレッジをかけることが出来るということは、売買の度にその都度金銭の受け渡しは行われません。

売買取引の際に生じた差額分だけを決済する、差金決済という方法が用いられています。

例えば、10万円分のドルを買い、それを11万円で売るとすると、通常の取引の際は買う時に10万円必要です。そして、11万円で売れたら11万円手元に戻ってきます。

しかし、差金決済の場合、最初に証拠金4000円を入金し、レバレッジ25倍だとすると10万円分買うことが出来ます。

この場合、10万円買うのに4000円しか実質かかっていません。

そして11万円で売れたら、10万円のものが11万円で売れたので、差額1万円が手元に入ってきます。

つまり、実際にかかったお金は、最初の証拠金の4000円のみです。手元には差額1万円が入ってきたので、1万円-4000円で、6000円の儲けということになります。

通常の取引では、10万円必要なのに、レバレッジをかけることが出来ると、4000円で同じ取引が出来るということです。

少ない資金で大きな取引が出来る、これがレバレッジの最大のメリットです。

損をした時はどうなるの?

レバレッジ取引をする際は、少ない資金で大きな取引が出来る魅力がありますが、そんな良いことばかりではありません!!

レバレッジをかけて取引した場合、レバレッジがかかるのは利益だけではありませんよ!

損失にも、レバレッジはかかります!!

上記と同じ例で考えてみましょう。

10万円分のドルを買ったが、9万円で売れたとすると、通常の取引の場合は10万円-9万円で1万円損しますね。

一方、証拠金4000円レバレッジ25倍で10万円分のドルを買い、9万円で売れたとすると、実際の元手4000円に対して、差額1万円の損をします。

1万円の損失に対して、最初の証拠金は4000円しかないので6000円不足していますよね?

この場合、足りない損失額6000円を支払わなければいけないのです・・・。

4000円を元手に25倍のレバレッジで買ったのだからといって、損失は25分の1ではないということです。

これがレバレッジ取引最大のデメリットです。

レバレッジ取引初心者は注意しましょう

上記で述べた通り、利益が大きくなる場合もあれば、損益が大きくなる可能性もあるのが、レバレッジ取引です。

FXや仮想通貨で、取引所や業者によっても変わりますが、1倍~25倍のレバレッジをかけられることが多いようです。

しかし、レバレッジが高くなればなるだけ損失のリスクも大きくなります

初心者の方は、2~3倍くらいで初めは取引された方がいいでしょう。

いかがでしたか?

レバレッジ取引にはもちろん、メリットもデメリットもあります。

メリットもデメリットも理解し、無理をしない取引を心掛けることが大切です。

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする