おすすめの記事

仮想通貨取引のリスクについて

仮想通貨取引のリスクについて

こんにちは、kojiです。

 

金融商品を購入するにあたってリスクというのは、避けることができないものです。

株の場合でも為替や決算等で大きく動きます。

特にまだ歴史の浅い仮想通貨には、多くのリスクがあります。

 

リスクといっても仮想通貨の取引をするにあたって、避けることができるリスクと避けることができないリスクがあります。

避けることが出来るリスクがあるというのは、株やFXとは違うところでしょう。

その代わり、一歩間違うと全ての資産を失ってしまうという恐れがあります。

 

避けることのできないリスクに、国家による規制があります。

その結果、暴落してしまうと可能性も多々あります。

 

しかしリスクを知ることで、「転ばぬ先の杖」にもなるので、知っておくべきです。

 

仮想通貨取引のリスクとは

冒頭で書いたように仮想通貨の取引リスクには個人で防げるものと防げないものがあります。

さらにユーザー自身が引き起こす可能性のあるリスク、取引所によるリスクがあります。ただユーザーが引き起こすリスクは、自身の管理で防ぐことが高いのも事実です。

しかし取引所の場合はそういうわけにはいきません。

ユーザー自身が招く可能性のあるリスク

 

 

①自身のパソコンへのハッキングやウイルス感染のリスク

自分のウォレットで資産を管理していても、悪意ある他者からの自分のパソコンへのアタックで資産を失ってしまいます。ウイルスソフトや最新のOSのインストールをお勧めします。

 

②パソコンの故障

秘密鍵やパスワードはパソコンのメモ帳などに記録されている方が多いかと思います。

パソコンの故障によるデーターの消去、またはパソコン自体が壊れてしまい秘密鍵が分からなくなってしまい、結果自分の資産を引き出すことができなくなってしまうという可能性も否定できません。

 

③パスワード等の紛失

自分のウォレットに管理してある資産を取り出すには秘密鍵やパスワードが必要です。

無くしてしまったりすると、二度と自分の資産を取り出すことは不可能になってしまいますので、念のため、秘密鍵やパスワードは紙に書いておく(それでも無くしてしまうなどの可能性があります)などをして徹底的に管理をしないといけません。

 

取引所のリスク

 

 

①価格変動のリスク

冒頭で書いたように特定の国の規制や影響力のある人物の発言によって、仮想通貨の価値が大きく下落してしまいます。

例えば昨年JPモルガンCEOによる「ビットコインは詐欺」という発言でビットコインの価格は大きく下落してしまいました。

ただこのリスクに関しては避けることができないので、仮に仮想通貨の価値が無価値になったとしてもいいような、余剰資金で仮想通貨を購入しておきましょう。

 

②取引所へのハッキング等の攻撃

取引所へのハッキング攻撃は多くの取引所で受けていて、日本でも今年coincheckがハッキングを受け580億円ものネムが盗まれてしましました。

盗まれたネムは全て闇サイトで売却されてしまいましたが、取引所で保管をしていた顧客のネムは全て返還されました。

ただ、取引所がハッキングをされて、顧客の仮想通貨が戻ってくるというのは、かなり珍しかったように思えます。
基本会社が倒産した場合、取引所に預けていた資産が戻ってくることはないものだと考えておいてください。

よって、基本的に取引所で自分の資産を保管するのは、かなり危険が伴うものなので、自分のウォレットに移しておいたほうが無難です。

 

③取引所自体が犯罪を行っている場合

先月みなし業者の一つだったビットステーションが廃業しました。理由は「株主だった経営企画部長が顧客から預かっていたビットコインの私的流用をしていたため」でした。

 

このように、取引所自体が犯罪を行っているという可能性があります。このような取引所は外からでは判別するのは非常に難しいので、みなし業者ではなく、しっかりと金融庁の許可をうけている、取引所で売買をするのが良いでしょう。

 

④システム異常等のリスク

日本の取引所はサーバーが弱いまたはサーバーエラーを起こり易いとされていて、多くの問題を抱えている取引所が多いのが実情です。

FXのような証拠金を預け、レバレッジという証拠金を何倍にして取引を行っている方にとっては注意が必要です。

 

サーバーが弱く不安定な取引所で有名なのが、Zaifです。

今年の2月22日にも502エラーが起こり、強制ロスカットが続いたことによって30分間にビットコインの価格が46万円も暴落するという事態が起こりました。

 

ビットコインFXをする場合は、サーバーが安定しているところでしないといけません。

仮想通貨のリスクを防ぐのは自分自身!

 

 

株などの金融商品に比べて、仮想通貨におけるリスクは自分自身で防ぐことができるものが多いですが、他の金融商品と比べるとかなりリスクが大きいのが特徴です。

ですが間違いなく、仮想通貨は株などの金融商品以上に資金の少ない方でも、大きく稼ぐことができるチャンスがあります。

 

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!