おすすめの記事

仮想通貨取引は今から始めても稼げるのか?

仮想通貨取引は今から始めても稼げるのか?

 

こんにちは、kojiです。

 

 

昨年、法改正によって仮想通貨が注目を浴びるようになりました。

 

多くの仮想通貨の価格が、昨年に比べて10倍~数百倍近く跳ね上がりました。

日本でもリップルやネムが大きく上昇し、「億り人」を輩出することになりました。

その結果、多くのマスコミが億り人をとりあげるようになり、非常に話題になりました。

 

基本的には仮想通貨で稼ぐのは長期目線が基本ですが、今回は短期で稼ぐということを念頭に置いて解説していきます。

 

ただ、最初に言っておきますがくれぐれも、余剰資金で行ってくださいね!!

 

ビットコインFX

 

 

特に短期で稼ぐには、FXが非常に手っ取り早いです。

ただ何も知らないでFX市場に参入すると、稼ぐどころか手痛い一撃をくらってしまうことになります。

 

FXというものがどのようなものかを簡単に説明すると、証拠金(担保として取引所にお金を預けること)を預け、差金決済(現物の受け渡しをしないで、売りと買いの差額決済をする)
つまり、実際の売買をするのではなく、差額でやり取りを行うため、少ない資金から始められるというメリットがあります。

 

しかし短期間で稼ぐには、リバレッジやチャートを読むテクニカルの知識などが必要になってきます。

特にテクニカルに関してはここでは書ききれないほど多いので、FXをするうえで必要な基礎知識と代表的なテクニカルをいくつか紹介していきます。

FXをするにあたって知らないといけない用語

ショート

FXでは売りから始めることができます。これをショートと呼びます。

 

ショートから始めると、決済をすることで買い戻しをしないといけないので、価格が下がっているときに決済をすることで利益を出すことができます。

 

分かり難いと思いますので、例を出して説明します。

例えば100万円でショートから始めたとき、90万円で決済をしたときは、10万円の利益となります。

逆にもし110万円になったときは、110万円で決済をしないといけないため、損益を出してしまったことになります。

ロング

ショートとは逆で、買いから始めることがロングです。

自分がロングで入ったところから、上昇したところで決済をすることで利益を出すことができます。

 

基本的にビットコインは性質的に、価格が上昇し易いように作成されているので、無用なショートを仕掛けるよりは、ロングで入っていたほうが大きな損害をだしにくいとされています。

 

レバレッジ

FXの大きな魅力の一つにレバレッジというものがあります。

この仕組みは、自分が預けた証拠金の最大25倍までの取引ができるというものです。

 

仮に5万円だとすると最大で75万円まで取引が可能となるので、まさしく上手くいけば一撃で大きな金額を手に入れるとも夢ではありません。

 

しかし当然のことながら、損失をしたときのダメージはレバレッジをしていないとき以上に深くなってしまうので、十二分に注意しないといけません。

 

レバレッジはこちらで詳しく説明しています⇒レバレッジ大解説

 

代表的なテクニカル指標

前述したように、チャートを見るには様々な指標があります。すべては紹介できないので、代表的なものを紹介していきます。

移動平均線

移動平均線はトレンド系(上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断)の指標では最も有名なものです。

設定した期間の終値の平均値を線でつないだものが、移動平均線です。

代表的なものに、5日線と25日線の組み合わせで、下降していた5日線が25日線を上に突き抜けたときに現れる「ゴールデンクロス」、また5日線が25日線を下に、突き抜けたときに現れる「デッドクロス」があります。

MACD

MACDは移動平均線とは違うオシレーター系(相場の勢いや過熱感を判断)といわれている指標のことです。

 

MACDは短期移動平均線から長期移動平均線の値幅のことで、 MACDと移動平均線である「シグナル」という線のゴールデンクロス時には、買い、デッドクロス時には売りを出すのが基本となっています。

草コイン投資

 

 

アルトコインの中でも草コインと呼ばれるものは、価格が安く主に1円以下で購入できる
というのが特徴です。

草コインという名前の由来は様々ですが、有名なもので草=wwwと表されることから「笑ってしまうほど価値がない」という説があります。

草コイン

草コインの魅力はまだ安いときに大量に購入しておくことで、高騰したときに売却することで大きな利益を出すことができるからです。

例えば昨年Twitterで有名なインフルエンサーが煽ったことでXPというコインは、三カ月で330倍も上昇しました。

このように、一度火を噴けば大きく上昇する可能性が非常に高いのが草コインです。

しかし草コインは「笑ってしまうほど価値がない」といわれているようなものなので最悪の場合、電子ゴミになってしまう可能性もあります。

仮想通貨には夢がある!!

 

 

仮想通貨や株は、短期目線にすればするほどギャンブル要素が強くなってきます。

ただ株や為替と違い、ビットコインFXのチャートは「だまし」が少ないといわれています。

だましというのは、一般的に上がるだろうと予測をしているにも関わらず、大きく下落したりすることです。株や為替などでは多々あったりします。

 

草コインに関しても人より早く情報を掴むことで、短期間で莫大な金額を手に入れることができるでしょう。

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!