おすすめの記事

アルトコインとは?アルトコインの特徴と取引方法

アルトコインとは?アルトコインの特徴と取引方法

 

こんにちは、kojiです。

 

仮想通貨投資をお考えの方は、一度は「アルトコイン」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

しかし、その言葉だけ聞いてすぐに意味が分かる人は多くありません。

 

アルトコインはビットコインの対照として語られます。

そして、ビットコインだけでなく、アルトコインのことも理解することで、今後の仮想通貨投資がもっと楽しくなります。

しかも、アルトコインの投資法を知ればリスクも抑えることができる。

 

つまり、知れば知るほどお得になるということです。

 

では、ここからアルトコインの特徴、おすすめの銘柄、購入方法について詳しく説明していきます。

ローリスクミドルリターンを狙うには欠かせないアルトコイン投資法、ぜひとも活用してみてください。

 

アルトコインとは?ビットコインの違いは何?

 

 

アルトコインは正式名称を「Alternative Coin(オルタナティブ・コイン)」と言います。「オルタナティブ」には、「代用」とか「代替」という意味があります。

 

では、「何の代用か?」というと、それは「ビットコインの代用」になります。

 

簡単に言えば、アルトコインは「ビットコインの代用通貨」=「ビットコイン以外の仮想通貨」そのものを指します。

アルトコインの種類はなんと3,000とも4,000とも、膨大な数が存在しているのです。

 

アルトコインは、基本的にビットコインに比べて価値が低いものの、一般公開から数十倍、数百倍に成長した銘柄も多数あります。

それぞれ開発コンセプトも用途も異なることから、市場での需要も価格も異なるということです。

 

例えば、現在ビットコインのみに投資している方は、投資先を広げてアルトコインにも分散すべきでしょう。その方がリスクも分散されて、より安全な運用を目指せます。

 

また、仮想通貨市場全体が盛り上がると、一気に大きな利確も期待できるというわけです。

これが、ビットコインとアルトコインと組み合わせた、「ローリスク・ミドルリターン」の仕組みです。

では、数千種類にも及ぶアルトコインから、どのように銘柄を選定すればよいのでしょうか?

 

ここからは、アルトコインのおすすめ銘柄を紹介していきましょう。

アルトコインおすすめ銘柄4種類を紹介!

アルトコインも、ビットコインと同じように日々価格が変動しています。そのため、取引する日によって、通貨発行量も単価も全く異なります。

 

そして、通貨発行量と単価を掛けたものを「時価総額」を言い、時価総額ランキングを参照することも投資判断の大きな材料となります。

 

ここでは、時価総額で特に上位をキープしている有望銘柄を4つ紹介していきます。少しずつ投資ポートフォリオを充実させていくことで、利幅も増えていき、仮想通貨投資の楽しみが広がるでしょう。

 

イーサリアム(ETH)

 

 

イーサリアムはアルトコインの頂点に位置する人気中の人気銘柄。2018年5月13日時点の時価総額は7兆5,000億円を超え、ビットコインの2分の1までに迫ります。

 

「ポストビットコイン」と銘打たれるほど、多くの投資家から期待されているアルトコインとなります。

 

イーサリアムの代表的なシステムは「スマートコントラクト」と呼ばれ、ビットコインには無い強みとして注目されています。簡単に説明すると、「取引や契約時に必要となる作業を自動化する仕組み」のことで、企業や社会生活全般で、今後のIT化社会には欠かせないシステムと言えます。

 

そのビジネスモデルは、トヨタやJPモルガン、三菱UFJから出資を受けるほど、世界的大企業も熱い視線を注いでいます。

 

リップル(XRP)

 

 

リップルはイーサリアムに次ぐ、時価総額ランキング2位を記録する人気銘柄です。

国際送金サービスを主眼に、世界約100社以上の金融機関と手を結び、システムの開発を進めています。

リップル通貨は、その国際送金システムの中で採用される予定で、中継銀行を少なくすることで、送金の低コスト化と高スピード化を目指しています。

 

ライトコイン(LTC)

 

 

ライトコインはビットコインと同じく、「将来の決済通貨」を目指しています。つまり、ライトコインを使って物やサービスを購入できるシステム開発を進めているのです。

 

ビットコインは既に、実店舗、ネット通販合わせ、全国で約300ヶ所以上の場所で決済可能。今後、仮想通貨の決済環境が整うことで、ライトコインに対する注目度も増していくでしょう。

 

その理由に、ライトコインはビットコインの4分の1の時間で取引できる強みを持っています。

取引時間の短縮は決済通貨には欠かせない要素で、スピード開発が進むほど、より速く支払いを済ますことに繋がります。

ネム(NEM)

 

 

ネムは、ビットコインのブロックチェーンと、イーサリアムのスマートコントラクトの仕組みを両立したシステムを開発し大きな話題を呼びました。

 

簡単に言えば、ブロックチェーンの持つセキュリティ耐性の高さと、スマートコントラクトの低コスト化・高スピード化を実現した仕組みとなります。

両者の良い部分だけを集結し、従来の仮想通貨より使い勝手に優れた内容となっています。

 

また、2018年には大型のシステムアップデートが予定されており、取引処理件数は1秒辺り4,000件まで向上する予定です。

これは、クレジットカード並みの処理速度で、決済通貨としても、投資用通貨としても利便性が高まることから、大きな成長が予見されています。

 

アルトコインを購入する方法は?

 

 

アルトコインを購入するなら、取引所から通貨を選び、日本円やビットコインを使って買うことができます。

今回紹介したイーサリアムやリップル、ライトコイン、ネムなどの主要アルトコインは、日本で発祥した取引所からも買うことができます。

 

国内取引所は完全日本語対応、日本円で入金可能、電気代などがお得になる相互サービスありなど、日本人には嬉しい内容が揃っています。

投資初心者にも使いやすいため、まずは国内取引所からスタートしてみると良いでしょう。

 

国内取引所でおすすめは「ビットフライヤー(bitFlyer)」。

ユーザー数200万人以上、資本金は40億円を超え、規模のメリットで高い信頼性を集めています。

 

仮想通貨を1秒で送金できる「bitWire(ビットワイヤー)システム」や、ビットコインを始め、イーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン、リスクなどのアルトコインを扱っています。

 

また、最大500万円までの「不正ログイン保証サービス」、メールアドレスとパスワード以外のセキュリティコードでログインする「2段階認証」など、セキュリティ体制は世界ナンバーワン。

 

口座開設だけ済ましておいても全く損はない取引所です。

 

初心者から上級者まで、仮想通貨の投資家にはおすすめと言えるでしょう。

 

まるでベンチャー投資!有望なアルトコインを探そう!

 

 

今回は、アルトコインに関する特徴や購入方法を紹介してきました。

 

ビットコインとアルトコインは全くの別物。そして、数千種類も存在するアルトコインの各銘柄も、それぞれ性質も価格も異なります。

 

アルトコインの中には、単なる通貨としての機能だけでなく、今後の世の中を動かすような魅力的な開発コンセプトに溢れるものが多いです。

いうなれば、アルトコインへの投資は、ベンチャー企業の株を購入するようなもので、単に通貨を購入するというよりも、ビジネスモデルを期待して出資する形に近いでしょう。

 

今回紹介した4つのアルトコイン以外にも、たくさんの銘柄が存在し、日々新しい通貨が生まれています。

 

様々なアルトコインを検証し、ぜひともご自身に合った銘柄を見つけてください。

 

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!