おすすめの記事

仮想通貨の販売所と取引所の違いは

仮想通貨の販売所と取引所の違いは

 

こんにちは、kojiです。

 

今回は、仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違い、特徴、そしてメリット・デメリットなどについて紹介します。

販売所と取引所は名前こそよく似ていますが、性質は全く異なります。

安易にどちらかだけ利用していると思わぬ損失が発生してしまうかもしれません。

 

両者の違いをよく理解して、上手に使い分けることをおすすめします。

仮想通貨取引所とは?

 

 

仮想通貨投資の多くは取引所と呼ばれる場所で売買されることが一般的です。

そのため、仮想通貨取引所という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

いわば、仮想通貨を購入する場所としてスタンダードと言えるでしょう。

 

取引所では、仮想通貨の購入や売却をユーザー同士で行います。

取引画面に移行すると、中には「板」と呼ばれる機能があり、板には現在の仮想通貨の価格と、その金額で購入したい人の数、そして売却したい人の数が表示されるのです。

 

注文を出す際は、「成行注文」、「指値注文」、どちらか2つの中から選ぶことができます。

 

成行注文は、売買を行う時に値段を指定しないことです。成行注文を出した時点で、表示されている一番安い値段(高い値段)で購入(売却)します。

そのため、注文を出したと同時に即座に決済されるというメリットがあるのです。

 

一方、指値注文はその逆で、あらかじめ値段を指定します。

指定した金額以下(以上)にならなければ絶対に買い(売り)注文が成立しないので、計画を立てて投資を行う場合に最適です。

ただし、買い手や売り手がいない場合は、いつまでたっても注文は確定しないため、相場の見極めが大切になってきます。

仮想通貨販売所とは?取引所との違いは何?

 

 

仮想通貨には取引所を利用する他に、販売所と呼ばれる場所を利用して売買することも可能です。

 

多くの仮想通貨取引所は、「取引所形式」、「販売所形式」のどちらも提供しているため、仮想通貨を購入する場所は概して「取引所」と呼ばれます。

 

販売所形式は取引所形式とは異なり、売買する相手は取引所自身です。

取引所はあらかじめ、たくさんの仮想通貨を保有しており、それを投資家に対して売買してくれます。

 

販売所形式は、取引所が指定した値段で売り買いを行うため、基本的に即時決済が基本。売りや買いの注文を出せば、すぐにデータが反映されるのです。

 

デイトレードなど、瞬時の判断と、取引のタイミングが大切な投資手法に適しています。

 

ただし、通貨を保有する取引所の言い値が通るため、ユーザー同士で売買する時よりも価格は少し高くなりがちです。

 

普段からよく利用する購入場所は取引所に、そしてここぞというタイミングを逃したくない場合は販売所と、2つを上手に組み合わせて使うと良いでしょう。

「取引所」と「販売所」を併設するおすすめの購入場所は?

日本国内で活動している取引所は、「取引所形式」と「販売所形式」のどちらも提供しているところが多いです。

その内の1つの取引所に口座を持っているだけで、ユーザー同士で売買することも、取引所と直接売買することも可能なので大変便利です。

 

ここからは、「取引所」と「販売所」の両方を提供しているおすすめの購入場所を紹介していきます。

それぞれ、扱う通貨の種類や企業規模、セキュリティ体制など全く異なるので、今後の取引所選びのご参考にしてみてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)

 

 

ビットフライヤーは国内最大規模を誇る取引所で、ユーザー数200万人超えは国内唯一です。

取引所形式はもちろん、販売所形式でビットコインやアルトコインを売買できます。

取引手数料は0.01~0.15%と売買金額が増えることで、どんどんコストが安くなる仕組みです。

直近30日間で10万円未満の取引額なら最大の0.15%の手数料が取られるので、他の取引所と比べて割高に感じます。

 

しかし、最大500万円までの手厚い保証サービスがあったり、2段階認証やマルチシグネチャなどセキュリティ体制は万全。

 

安心して取引したい投資家にとっては、最も信頼のおける購入場所と言えるでしょう。

 

ザイフ(Zaif)

 

 

ザイフは国内2位の実績を持つ取引所で、優れた独自サービスで人気を集めています。

特に注目すべきは、仮想通貨自動積立サービス。

月々指定した金額分の仮想通貨が自動的に購入され、どんどん積み立てられていく仕組みです。

人の情が介入しないことで、毎月確実に通貨を増やしていくことができます。

 

また、取引手数料は-0.01%。マイナスが付いているのは、つまり取引をする度に支払うのではなく、反対に手数料分がもらえるというもの。

手数料0%という取引所は数多くありますが、マイナス手数料制度を導入しているのはザイフだけです。

取引所と販売所は場面によって使い分けよう

 

 

今回は仮想通貨の取引所と販売所の特徴や違いについて紹介してきました。

 

取引所にも販売所にもそれぞれ一長一短があるので、投資するタイミングや市場の動向によって上手に使い分けてください。

 

基本的に、取引所では取引手数料を取られてしまいますが、販売所にも隠れた手数料が存在します。

 

取引所に比べて販売所の価格は、売りの時で安く、買いの時には高く設定されています。そのため、取引所と販売所を比較して、その差額が手数料になると思った方が良いです。

 

販売所は手続きが楽な反面、こうした価格差が大きいことがネックとなります。

 

一方、場合によっては販売所で売買した方が得をすることもあるでしょう。

 

今回紹介したビットフライヤーやザイフなら、どちらの形式も取引可能なので、まずは口座開設から始めてみましょう。

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!