おすすめの記事

GMOコインの特徴とメリット&デメリット

GMOコインの特徴とメリット&デメリット

 

こんにちは、kojiです。

 

今回は、GMOコインの特徴から、メリットやデメリットについて紹介していきます。

 

仮想通貨を始める上で最も悩むのが、「どの取引所に口座開設するか?」ということですよね。

最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)にしようか、個性的なZaif(ザイフ)も良いな、などなど。

 

今回紹介するGMOコインは、「とにかく即決で取引したい!」という方や、「少しリスクを取って大きな利益を狙いたい!」という方におすすめです。

 

取引所選びに迷っている方は、ぜひとも今回の記事をご参考にしてみてください。

GMOコインの特徴

 

GMOコインは、FXや株式を扱う証券グループ「GMO」から2017年5月に発足した仮想通貨取引所です。

国内では大手企業という実績から、投資家からの信頼性も高く、着実にユーザー数を増やしています。

ここでは、GMOコインの特徴を順番に解説していきましょう。

GMOコインは販売所形式

 

 

GMOコインは仮想通貨取引所に属しているものの、実際の販売形式は「販売所」となっています。

仮想通貨を購入するには「取引所」、もしくは「販売所」のどちらかを利用します。

取引所の場合は、ユーザー同士で仮想通貨の売買を行う方法で、買い注文と売り注文がマッチして始めて取引が成立します。

一方、販売所の場合、あらかじめGMOコイン側が仮想通貨を保有していて、ユーザーはGMOコインと直接通貨の売買を行います。

 

売りと買いどちらも利用でき、条件を提示した段階ですぐに取引が成立するメリットがあるのです。

FXトレードに対応している

 

 

GMOコインは、為替のFXトレードを行っている証券会社ということもあり、仮想通貨でもFXトレードに重点を置いています。

FXトレードとは、あらかじめGMOコインに証拠金を提出することで、元手から最大25倍までの金額で取引ができることです。

この倍率のことを「レバレッジ」と言います。

 

たとえば、元手資金が100万円で、レバレッジ10倍を設定したとしましょう。

すると、実際には100万円しか持っていないにも関わらず、市場では1,000万円の取引を行うことができるのです。

 

仮に1BTC=100万円の時、10BTC(1,000万円)分購入したとします。そして、BTCの価値が110万円に上昇しました。

 

レバレッジなしの場合は10万円の利益(利益率10%)しかありませんが、レバレッジ10倍で取引すると一気に100万円の利益が発生するのです。

つまり、100万円の元手が倍の200万円になるので、利益率はなんと200%! 投資効率は格段に上昇することになります。

 

ただし、損失を出した時の痛手も大きくなるので、倍率はほどほどに設定しておくことを心掛けましょう。

 

GMOコインの取り扱い通貨は5種類

GMOコインが販売している仮想通貨は以下の5種類となります。

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・リップル
・ライトコイン

仮想通貨を代表する人気銘柄のほとんどが揃っています。ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と言いますが、特に最近ではアルトコインを利用した「ポストビットコイン投資」が注目されています。

これから芽が出そうなアルトコインに対して先行投資を行う手法ですね。

 

ビットコイン以外にも複数の銘柄に投資することで、リスクを分散しつつ安全な投資を行うことに繋がります。

GMOコインのメリット

 

 

GMOコインは「手数料の安さ」という点で他社にはないメリットがあります。

GMOコインの手数料は基本的に全て「タダ!」。

日本円の入金手数料や出金手数料、そして通貨の売買時の手数料も無料です。

 

たとえば、大手取引所bitFlyer(ビットフライヤー)と比べてみると、入金手数料は324円、出金手数料は216~756円もかかります。

取引手数料も0.01~0.15%(従量制)なので、いかにGMOコインがお得かが分かりますね。

 

手数料が低いということは少額投資に最適です。

仮想通貨投資は最低10円単位からでもスタートできますが、取引をする度に手数料が取られるため、最低でも5,000円の元手がないと自動的に赤字に転落してしまう可能性が高いと言われます。

 

一方、GMOコインの場合は手数料による赤字を意識しなくてもよいので、お試しに少額投資をスタートしやすいのです。

 

仮想通貨投資を始めたてで、「まずは相場やツールに慣れてみたい」という方にはおすすめの取引所と言えるでしょう。

GMOコインのデメリット

 

 

GMOコインのFXトレードは全てBTCでしか行うことができません。

 

これは、GMOコインの数少ないデメリットと言えるでしょう。

 

GMOコインではビットコインやイーサリアム、ライトコインなど合計5種類の仮想通貨を扱っていますが、ビットコイン以外の仮想通貨は全て現物取引、つまり額面通りの価格でしか取引できないのです。

 

そのため、イーサリアムやリップル、ライトコインなどのアルトコインでFXトレードを行いたい場合は、Zaif(ザイフ)などを利用する必要があります。

 

また、レバレッジ倍率も最大10倍ということに注意しておきましょう。

FXトレードは最大25倍までの証拠金取引ができる魅力がありますが、GMOコインの倍率は低めに抑えられています。

 

ただ、あまりにも高い倍率で取引してしまうと、損をした場合の金額も膨れ上がってしまいます。

そのため、できるだけリスクを抑えつつFXトレードを行いたい初心者の方におすすめです。

GMOコインなら気軽に始められる!

今回は、GMOコインの特徴やメリット、デメリットについて紹介してきました。

GMOコインは仮想通貨投資初心者の方に適しています。入金や出金のみならず、取引時の手数料も一切かからないので、「とにかく始めてみたい!」という方にはおすすめです。

GMOコインでは最大10倍までのFXトレードも可能なので、相場感覚に慣れてくると挑戦してみても良いでしょう。

 

ただし、最初の内は倍率を低く抑えて、リスクに対しても注意することが大切です。

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!