おすすめの記事

初心者が仮想通貨取引で利益を出すためのトレード方法

初心者が仮想通貨取引で利益を出すためのトレード方法

 

こんにちは、kojiです。

 

今回は、仮想通貨取引が初心者の方でも利益が出るトレード方法を紹介していきます。

 

仮想通貨で多額の資産を築いた人がいることで、とても魅力的な市場であることは確かです。一方で、取引所の破たんや、資産の盗難など暗いニュースがあることも事実。

 

特に初心者の方は、仮想通貨に対して楽観的にならずに慎重に投資を行っていくことをおすすめします。

では、初心者が仮想通貨投資で利益を出すにはどうすれば良いのか?

また、投資において気をつけるべき点などについても詳しく解説していきましょう。

仮想通貨投資初心者が利益を出すために覚えておきたい3つのこと

 

 

2018年5月27日時点の仮想通貨市場は総額40兆円と言われます。

この数字は、2013年の市場と比べると、当時は2,000億円程度だったので、わずか5年で200倍にも成長していることが分かります。

 

社会的には、ビットコインなど仮想通貨で1億円以上の資産を築き上げた「億り人(おくりびと)」なる言葉も生まれ、「仮想通貨=億万長者になれる夢の通貨」というイメージが先行しています。

 

しかし、多額の資産を稼いだ人は、まだ仮想通貨が全く注目されていない初期段階で、

勇気をもって決断した人」に限られます。

 

現在は、多くの人が億万長者を夢見て市場に参入するようになったことから、現実的に稼げる人はほんの一握りというのが実情です。

 

では、これから仮想通貨投資を始める方にとって、どのようにすれば利益が出せるのでしょうか? そのコツは以下の3つに集約されます。

 

・利益よりもリスクを第一に考える
・損切りラインを決めておく
・適切な投資手法を見つける

 

まず、仮想通貨で大金を稼げるイメージだけで甘い夢を抱かないことです。

国内取引所で1,000万円以上の利益を出している人は、全体の0.1%以下の人に限られます。

 

そのため、仮想通貨投資を行う上で、捕らぬ狸の皮算用で夢の利益を狙おうとせず、「リスク第一で物事を見る」ことが何よりも大切なのです。

事実、仮想通貨は他の金融商品にはない様々なリスクが存在しています。

 

・価格変動リスク:1日や短期で大きく価格が上下する
・流動性リスク:売買したい時にできない、特にマイナー通貨ほど顕著
・カウンターパーティリスク:ハッキングや不正による取引所事故・破たんの可能性
・システムリスク:取引所のシステムダウン、誤操作、セキュリティキーの紛失
・法令、税制リスク:仮想通貨に関する法令や税制は完全に整備されていない

 

特に仮想通貨市場は現在もっとも資金が集まりやすく、セキュリティ体制も脆弱なので、世界中からハッキングや不正を行う最適な場所として狙われています。

こうしたリスクを念頭に、投資するに値するかどうかを決断してください。

 

そして、投資する際には必ず損切りラインを設定しておくこと!

つまり、「これだけ損失額を出したら終了」という基準を決めておきましょう。

ビットコインなどは1日で数万円の価格が動くことも当たり前なので、気づいた時には借金まみれになってしまう恐れもあります。

 

相場や投資ツールに慣れるまでは難しいかもしれませんが、まずはご自身に合う投資スタイルを見つけることが大切。

ここからは、初心者にもおすすめの投資法を紹介していきましょう。

仮想通貨投資初心者にもおすすめの投資法

 

 

仮想通貨の投資も、FXや株式投資、定期預金、債券投資、投資信託などと基本的な考え方は同じです。

つまり、「一度の損得は考えない。トータルで勝ちを目指す」ということです。

 

仮想通貨は全体的な値動きが激しいため、一度に大きな利益を狙いがちですが、1日に1,000万円儲けたとしても、1年で2,000万円の損失をだしていれば、それはトータルで負けているのです。

毎日少しずつでも良いので利益を積み立てていくこと。これが、どんな投資においても大切なことで、1年間の損得で勝ちが長く続くことで、将来的に大きな金額に成長していきます。しかも、少しずつ投資していくことはリスクを抑えることにも役立つので、初心者の方にはおすすめです。

ここからは、仮想通貨を始めたばかりの方にもおすすめの投資法を解説していきますので、ぜひともご参考にしてみてください。

分散投資法

 

 

仮想通貨といえばビットコインばかりに注目されがちですが、ビットコイン以外にも「アルトコイン」と呼ばれる仮想通貨が世界には1,000種類以上も存在しています。

 

そして、最近ではビットコイン以外で複数銘柄に投資する「アルトコイン投資」が一般的になりつつあります。

ビットコインの価格はあまりにも急騰したので、初期費用も高くつき、将来性を予測するのも困難です。

 

そこで、「まだ価値は認められていないけれど、今後大きな成長を期待できるコイン」に注目が集まっています。

特に、ICO直後に上場し、数か月や1年単位で数十倍に価値を上昇させる銘柄もたくさん生まれているのです。

こうしたアルトコインを複数銘柄保有しておくことで、仮想通貨市場全体が底上げした時委に大きな利益となって還ってきます。

また、たとえ1つの通貨の価値が下落しても、他のコインでカバーし合えるので、リスクを分散することにも役立ちます。

デイトレード

 

 

デイトレードは、その日の内に買った通貨を、その日の内に売り切ってしまう投資手法です。

投資において、銘柄を長期間保有しておくということは、時間の経過と比例してリスクも増加していくと言われるため、超短期売買で時間的リスクを軽減することができます。

 

デイトレードは、損失が出ても、利益が出ていても必ず当日中に売り切ってしまうことです。

1日の損益ではなく、トータルの勝ち負けが重要となるため長期的な視点が欠かせません

また、仮想通貨の場合は、取引所によって通貨価格が異なります。

たとえば、A取引所では100万円のビットコインも、B取引所では101万円で売られていたりなど。こうした取引所間価格差を利用したデイトレードの手法も行えます。

FXトレード(仮想通貨FX)

 

 

仮想通貨FXは、少ない元手でも多額のトレードを行うことができます。最大25倍までのレバレッジ取引が可能で、たとえば、100万円しか資金がない場合でも、2,500万円の売買が行えます。あらかじめ取引所に対して元手資金を証拠金として預けておくため、「証拠金取引」とも呼ばれます。

 

FXを利用すれば、少ない元手でも高い利益率が狙えるので、仮想通貨投資を始めたての方にもおすすめです。

一方、損失を出した時の金額も大きくなるので、慣れるまではレバレッジは2~3倍程度に抑えておくと良いでしょう。

イメージに惑わされない、コツコツ長く稼ぐ

 

 

今回は、投資初心者の方におすすめの利益を出す投資手法を紹介してきました。

仮想通貨は一気に相場が大きく上昇しやすいことから、短期間で稼げるイメージはあるものの、その分下落幅も激しく、多額の資金を投じるのは大きな危険性を伴います。

 

もともとがハイリスクハイリターンな金融商品なので、1日の損得に一喜一憂するのではなく、コツコツ堅実に稼いでいくことが何よりも重要です。

 

仮想通貨は全て自己責任、リスクは大きいということを第一に考え、利益のことよりも、まずはリスクコントロールを優先して投資を行っていきましょう。

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!