おすすめの記事

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とメリット&デメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とメリット&デメリット

 

こんにちは、kojiです。

 

今回は、以前も紹介したbitFlyer(ビットフライヤー)について、

違う視点から解説していきます。

 

是非前回の記事も読んでみて下さい⇒コチラ

 

金融庁に認可をされた取引所は日本で16社あり、bitFlyerもその一つです。

 

bitFlyer は2014年に日本で開設された取引所で、現在でもテレビCḾをしばしば流しているので、みたことがある方も多いでしょう。

 

昨年ビックカメラで決済をする際にbitFlyerの決済サービスを導入したことで話題になりました。

 

現在はビックカメラだけではなく、ヤマダ電機などさらにbitFlyerの決済サービスを導入している企業が増えてきています。

bitFlyerとは

 

少し前まで日本で有名な取引所はCoincheck、Zaif、そしてbitFlyerでした。

しかしCoincheckは580億円分のネムをハッキングされ、Zaifは度重なるサーバーの脆さとユーザーに対する対応の悪さで金融庁から処分を受けるなど、両取引所ともに失墜してしまいました。

 

現在、日本のビットコインの取引高は、Coincheckに代わり首位を走っています。

 

世界の仮想通貨の取引高のランキングを見ても、bitFlyerは常に上位に位置していることもあり、日本を代表する取引所となっています。

 

さらにbitFlyerを経由しサービスを利用するだけで、ビットコインが貰えるというサービスをなど、様々なサービスを行っています。

bitFlyerの特徴

 

 

冒頭でも書いたようにbitFlyerの決済サービスは、ビックカメラやヤマダ電機があります。

それだけではなく、サマンサタバサやSBCメディカルグループ(湘南美容外科クリニック)でも今年から始まりました。
おそらく今年も多くの企業でビットコインを使った決済ができるようになるでしょう。

 

日本の他の取引所とは違い、実生活でビットコインを使用できるようにしているのがbitFlyerです。

bitFlyerメリット

セキュリティに力を入れている

 

 

元々bitFlyerはセキュリティの強固に定評がありました。

Coincheckのネムのハッキングを受けてさらにbitFlyerは、「セュキュリティ・ファースト」主義を掲げ、改めて顧客に対し安心と安全を取り組むことを発表しています。

bitFlyerが行っている代表的なセキュリティ対策には以下の通りです。

 

①コールドウォレット
ネットワークから隔離されたウォレット。

②マルチング
送金の際に複数の秘密鍵を要求する技術。

③自社開発のビットコインデーモン
ビットコインの取引で使用されるソフトウェア。

 

この他にも顧客情報のデーターベースの暗号化を行っているなど、非常にセキュリティに力を入れているのが分かります。

大手企業が出資

 

 

東証一部上場企業のGMOインターネットの子会社であるGMOビットコインや東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社であるビットポイントなどは別として、bitFlyerは開設当初からみずほ銀行やリクルート、電通、第一生命など日本でも名高い有名な企業から出資されていることで有名でした。

 

大企業からの出資で潤沢な資金があるというのも、セキュリティ対策をすることができるのでしょう。

盗難や消失等が発生した際の保証がある

 

 

bitFlyerは昨年昨年からbitFlyerがサイバー攻撃を受けたことによって、ビットコインの盗難や消失した場合、また、二段階認証登録済みのユーザーに限りますが、メールアドレスやパスワードの盗取により、不正な日本円の出金が行われた際、補償をすることを明記しています。

この保証は日本はおろか世界でも珍しいことです。

bitFlyerのデメリット

アルトコイン取引所が未だないこと

 

bitFlyerには取引所と販売所というものがあります。販売所には販売所の良い所もあるのですが、一般的に販売所より取引所のほうが1割ほど安く購入できるようになっています。

bitFlyerの場合は、ビットコインには取引所と販売所の両方があるのですが、アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)には残念ながら販売所しかありません。

このためbitFlyerでイーサリアムを購入する場合、販売所で買わないといけません。

多くの海外の取引所などと比べると、どうしても割高になってしまうことがデメリットとなってしまっています。

サーバーが弱い

 

 

サーバーが弱いというのは、bitFlyerだけではなく日本の主要な取引所では総じてサーバーが弱いことが挙げられています。

FXをしている方にとっては非常に重要な問題で、特に高いリバレッジをかけている方にとっては『生き死に』の問題になるといっても過言ではありません。

暴落中にサーバーがダウンし出来なかったことで、追証に追い込まれてしまったら、泣くに泣けません。

 

bitFlyerに限らず多くの取引所は早急にサーバーが落ちないようにするべきです。

bitFlyerを使用すべき理由

 

 

仮想通貨売買をするのに最も重要なことは、

その取引所がどれだけセキュリティに力を入れているか、だと考えています。

 

手数料が安いなども取引所を選ぶ際には、強い要因になります。

 

しかし手数料が安い所を選んだ結果、取引所がハッキングを受け、せっかく購入した仮想通貨を根こそぎ取られてしまったのでは、元も子もありません。

 

その点、潤沢な資金と高いセキュリティを備えているbitFlyerならセキュリティに関しては日本でも三本の指に入るくらい強固だといってもいいでしょう。

 

それに仮にハッキング等が起こり自分の財産が盗られてしまっても、補償があるので自己資産がゼロになることはありません。

 

是非、参考にしてみて下さいね。

 

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!