おすすめの記事

仮想通貨を保管する重要なウォレットの重要性と種類

仮想通貨を保管する重要なウォレットの重要性と種類

 

こんにちは、kojiです。

 

2018年に入ってから取引所がハッキングにより大きな被害を受けています。

 

一つめが日本の取引所であるCoincheckの580億円分のNEMハッキング事件、そしてもう一つがイタリアの仮想通貨取引所であるBitGrailが204億円分のNanoという仮想通貨がハッキングされ盗みだされたことです。

 

結果、Coincheckは日本円でNEMが所持分だけ変換されました。

しかしBitGrailのほうはNanoが戻ってくることはありませんでした。

 

この二つの事件を受けて、改めてウォレットの重要性というものが認識されるようになってきました。

今回は取引所が使用しているウォレットの種類と個人で保管する際のウォレット種類を説明していきます。

ウォレットとは?

 

 

ウォレットとは日本語訳では「財布」という意味になり、自分の資産を保管するところが「ウォレット」ということになります。

もし取引所のウォレットで自分の仮想通貨を保管しているのならば「取引所のウォレット」という使い方になります。

自分自身で保管をしている場合は、「自分のウォレット」というように使います。

取引所のウォレット方法

取引所がユーザーの仮想通貨を保管する方法は以下の2通りがあります。

ホットウォレット

 

 

ホットウォレットは常にインターネットに繋がっている状態で保管する保管方法です。

 

NEMをハッキングされた、Coincheckは全てのアルトコインをホットウォレットで保管していたことからハッキングをされる隙を与えてしましました。

 

ただ、日本の多くの取引所では、全ての仮想通貨をホットウォレットにしているという取引所は、ほとんどないでしょう。

 

ホットウォレットのメリットは常時インターネットに繋げてあるため、決済をしたり送金をしたりする際などに非常に便利なことです。

 

逆にデメリットは常にインターネットに繋いでいるため、ハッキングやウイルスなどの脅威にさらされ、常に危険が伴っていることです。

コールドウォレット

 

 

 

コールドウォレットはインターネットとは繋げないで保管している管理方法です。

100%コールドウォレットにしている取引所もありますが、多くの取引所は送金なども行うことからホットウォレットとコールドウォレットを併用しているとこが多くなっています。

それでもコールドウォレットの割合が多いのは当たり前になっています。

 

コールドウォレットのメリットはインターネットと繋げずに保管をしているので、資産を盗まれるということはありません。

 

デメリットは仮想通貨を引き出すのに時間がかかるなど、送金や決済をするのには適さないことです。

個人での管理方法

取引所に頼らず自分自身で仮想通貨を管理する方法は、以下の4つ方法があります。各ウォレットのメリットとデメリットを書いていきます。

ウェブウォレット

運営団体がいるサーバーで自分の仮想通貨を管理するというのがウェブウォレットといわれているものです。代表的なウェブウォレットにblockchain.infoがあります。

メリット

ダウンロード等は必要なく、メールアドレスだけで作成できるので非常に気軽に作成できることです。

デメリット

自分のパスワードや秘密鍵とよばれている、仮想通貨を引き出すためのパスワードをウェブウォレットで管理している団体が管理しているため送金や決済などに使用する際は便利なのですが、ハッキングなどの危険性が伴っています。

さらにウェブウォレットの中には資産を全て抜かれてしまうような悪質性の高いウォレットもあるので、一般的に知名度の高いウォレットを使用するのが吉です。

ソフトウェアウォレット

自分のパソコンやスマートフォンなどにダウンロードをして自分の仮想通貨を管理するというものです。自分で仮想通貨を保管するには一番メジャーな保管方法です。

代表的なソフトウェアウォレットに、マイイーサウォレットや各仮想通貨のホームページでダウンロードできる専用のウォレットがあります。

メリット

ウェブウォレットと違いサーバーが自分の秘密鍵を管理していないこと、ダウンロードをしたソフトウェア内のウォレットに仮想通貨を保管していくため、比較的安全なことがあげられます。

デメリット

自分で管理しているので、自分のパソコンがハッキングされ秘密鍵を盗まれたり、使っているパソコンが故障したりすることで管理不可能になってしまう恐れがあります。

ハードウェアウォレット

 

インターネットとは完全に隔離されて保管できるものがハードウェアウォレットです。USBに似ている端末に秘密鍵を保管することができます。

個人が仮想通貨を保管するには最も強固な方法です。

メリット

仮にハードウェアウォレットを無くしてしまった場合や、故障してしまった場合があったとしてもパスフレーズを覚えて置くことで復元することができるという優れたメリットをもっています。

デメリット

ハードウェアウォレットは1万~3万円前後と比較的高価なものが多いのが特徴です。

さらに直営店以外の所で買ってしまうと、購入した相手にこちらの秘密鍵を知られてしまう可能性が高く、せっかく保管した仮想通貨も買った相手に抜き取られてしまうという恐れがあります。

ペーパーウォレット

アドレスや秘密鍵を紙に印刷をして保管するというものです。ハードウェアウォレット同様に紙なのでインターネットと繋がっていません。セキュリティーは非常に強固となっています。

メリット

ハードウェアウォレットよりも長期に渡って保管しておきたいときには非常に効果的な保管方法です。

デメリット

紙に文字として残すので、文字が経年劣化による読み難くなったり、消えてしまったりする可能性があります。

さらに家事で燃えてしまう可能性や紛失や盗難などの恐れもあります。

結局どのウォレットが良いのか

 

 

個人的にはハードウェアウォレットでの保管が基本的にはベストだと考えています。

しかし例えばBinanceなど海外の取引所で購入した仮想通貨の中には、ハードウェアウォレットに対応していない仮想通貨も多くあります。

このような場合はソフトウェアウォレットを使用するとよいでしょう。

 

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!