おすすめの記事

仮想通貨ネム(NEM)の特徴・投資としての将来性はある?

仮想通貨ネム(NEM)の特徴・投資としての将来性はある?

 

こんにちは、kojiです。

 

2018年1月、コインチェック社から仮想通貨ネムがハッキングされ流出しました。

価格は一気に暴落し、ネムの流出が原因で仮想通貨全体の信用が下がってしまいました。

金額は日本円で540億円。

仮想通貨流出事件は実は各国で年に数件起こっていますが、デジタル通貨では史上最大規模の流出事件となってしまいました。

さて、今後ネムに将来性はあるのでしょうか?

 

今回はネムの特徴や投資としての将来性はまだあるのか解説していきます。

そもそもネム(NEM)とは?ネム(NEM)の特徴

ネムとはutopianfutureという開発チームによって2015年3月に公開されたコインです。

現在でも時価総額15位以内に入っていることから、仮想通貨としては比較的認知度が高いコインです。

ネム(NEM)の発行数はこれ以上増えない

ネムが発行されたのはほかのコインと比べ少し変わっています。

まず、1600人の投資家に8,999,999,999枚NEMが配られました。

他の仮想通貨であればマイニングや新たに発行されることでコインの発行数が増えますがネムの場合はこの数字を上限としてこれ以上増えることはありません。

投資家としてはこれ以上増えないので需要が減らない、つまり価値が下がりにくいという性質を持っています。

ハーベスティング

 

 

ネムを知る上でハーベスティングは切っても切り離せません。

取引を承認する作業の事を指し、ビットコインなどのマイニングに当たるシステムの事を指します。

このハーベスティングを行う代わりに報酬としてネムを得る事ができます。

ハーベスティングを行えばネムが手に入るので誰しもハーベスティングを行いたいと思うようになります。
それではどのようにして承認をする権利が得られるのでしょう。

 

ネムではPoIによって承認権利を決めています。

PoI(Proof of Importance)

 

PoIとは簡単にいうと「重要度が高いユーザーが承認権を得る事ができる」システムです。
重要度が高いユーザーとは取引量の多さ、ネム保有数の多さで評価が決まります。

 

ビットコインでは「Proof of Work」、コンピューター処理の早いユーザーほど承認権を得やすいシステムとなっており、イーサリアムでは「Proof of Stake」、イーサリアム保有数が多いほど承認権を得やすいシステムです。

ここで問題となってくるのが権力が一か所に固まってしまうのです。

 

ビットコインでは優れたコンピューターを持っているものが勝利し、イーサリアムではコインを大量に保有しているものが勝利していまうので一定の人物にコインが集中してしまいます。

 

これを解決するのが「Proof of Importance」で保有数に加え、取引量からユーザーを評価し承認権を得る事ができるので、権力が集中しにくコインの流動性も高くなる傾向があります。

過去最大のハッキング

 

 

冒頭でも触れましたが、ネムはデジタル通貨業界最悪のハッキング事件を起こしています。
2018年1月にコインチェック社から5億枚のネムがハッキングされ、仮想通貨全体の価値を下げました。

その時ネムを保持していた26万人のユーザーへは補償されましたが、コインチェック社のセキュリティの弱さが一気に明るみに出ました。

また、このハッキング事件はみなし業者のずさんな管理体制を改正するきっかけともなりました。

 

現在では金融庁に申請をして許可が得られない限り仮想通貨業サービス(取引・販売)を行う事は禁止されています。

ネム(NEM)に投資としての将来性はあるの?

 

過去最大のハッキング事件を起こしたネムですが今後投資としての将来性はあると言えます。

以前はネムの時価総額ランキングは5位でした。

つまり、多くの投資家がネムに可能性を感じて投資をしていたと考えられます。

ハッキング事件によって現在ではいまだ価値を落としている状態ですが3年後5年後を考えると上昇の可能性は計り知れません。

 

長期的な投資手法の一つとしてネムを今のうちに保有しておくのもありです

ネム(NEM)はどこの取引所で購入できる?

将来性がコインの一つ、ネムはZaif(ザイフ)で購入する事ができます。

Zaif(ザイフ)

 

 

Zaifは2015年3月にテックビューロ株式会社によって取引所としての営業が開始されました。

実店舗でも使えるモナコイン(MONA)や取引を行えば行う程手数料が返ってくる「手数料マイナス」制度を採用していることで多くのユーザーから支持を集めています。

ネムを購入するのであればZaifはおすすめの取引所の一つです。

ネム(NEM)はまだオワコンではない!

ハッキング事件を起こしたにも関わらず、2000種類以上ある仮想通貨の中で常に20位以内に入っています。

発行枚数やPoIシステムなどの導入により他の主要コインとは一味違う仮想通貨だと言えるでしょう。

 

3年後5年後の将来を考えればいま割安で買えるネムに投資するのも賢明かもしれませんね。

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!