おすすめの記事

仮想通貨を使おう!仮想通貨で支払いが出来るお店やサービス

仮想通貨を使おう!仮想通貨で支払いが出来るお店やサービス

こんにちは、kojiです。

 

仮想通貨は投資商品だけだと思っていませんか?

多くの人が「仮想通貨」と聞くと「投資」という言葉が連想されると思います。

 

確かに仮想通貨に投資することで「億り人」になった人もたくさんいます。

しかし、仮想通貨は実際に使える「貨幣」でもあります。

現在国内のお店で使える仮想通貨があるのです!

それではどんな仮想通貨がどんなお店で使えるのか紹介していきます。

仮想通貨ってお金として使えるの??

日常生活で使う日本円は法定通貨と呼ばれています。

法律上価値があるものとして定められているので「法定通貨」と呼ばれています。

例えばアメリカのドル、ヨーロッパのユーロなどもすべて法定通貨と認定されています。

誰もが「価値のあるもの」として認識しており、サービスや商品を購入する対価としてこれらの「お金」を支払うのです。

では仮想通貨は一体お金なのでしょうか?

仮想通貨も立派なお金です!

ただ、実態がないがゆえに韓国や中国では「貨幣として認めない」という規制もかけられ、2018年1月から2月にかけて大幅に価値を下げてしまいました。

日本国内であれば実際にお金として仮想通貨を使える店舗も多数存在しています。

「でも、目に見えないもので一体どうやって支払うのか」という疑問が生まれますね。

どうやって仮想通貨を店舗で使うの?

では、目に見えない仮想通貨をどうやって店舗で使うのでしょう。

それは「ウォレット」を使います。

ウォレットとは言葉通り「財布」を意味し、仮想通貨を保管しておくシステムです。

システムといってもいくつか種類があり、USBのようなハードウォレットやウェブ上で保管しておくオンラインウォレット、アナログですが紙で管理するコールドウォレットなどがあります。

このウォレットを利用して店舗でお支払いが出来るのです。

読み取りQRコード

仮想通貨を利用できる店舗は必ず専用のQRコードを持っています。

ウォレットアプリをインストールして、QRコードを読み取り「送金」をクリック事で支払いが完了します。

お財布を持ち運ぶ手間も省け、最先端技術を利用した便利な支払い方法です。

店舗で使える仮想通貨

仮想通貨は現在2000種類を超えるといわれています。

その中でも国内の店舗で使える仮想通貨はわずか数種類です。

具体的に店舗で使える仮想通貨は以下の通りです。

・ビットコイン
・イーサリアム
・ネム
・モナコイン

仮想通貨決済を採用しているお店のほとんどは、ビットコインを採用しています。
ビットコインは仮想通貨の中で、2018年6月7日現在、時価総額ランキング1位にランクインしており、多くの人が信用して取引を行っています。

また、ユニークな話でいえばネムが使える「Nem Bar」があります。
Nem Barはネムを中心とした仮想通貨マニアやファンが集い、情報交換をしたりお酒を飲みかわすバーです。

メニューには1ドリンクあたりのNemがいくらかかるか表示されており、もちろん支払いにもネムを利用する事ができます。
(もちろん日本円でもお支払いが可能です!)

どの店舗で仮想通貨が使えるの?

仮想通貨は様々な店舗で使う事が出来ます。
仮想通貨が使える店舗を紹介していきたいと思います。

H.I.S(旅行代理店)

旅行代理店大手H.I.SとbitFlyerが提携を始め、都内38店舗でビットコインが利用できます。

1件につき200万円までのビットコインで支払いが行えます。

旅行券も仮想通貨で買う時代になりました。

ビックカメラ(家電量販店)

2017年4月からビックカメラの店舗でも仮想通貨が利用できるようになりました。

また、予想以上に利用者が多かったせいか利用上限金額を10万円から30万円に引きあげています。

2017年12月にはビックカメラ.COMというビックカメラが運営するECサイトでも仮想通貨の利用が可能となりました。

名古屋タワーサイドクリニック(クリニック)

愛知で仮想通貨決済ができる珍しいクリニックです。

ビットコインだけではなく、モナコインなど他の種類の仮想通貨で決済することができます。

また、クリニックは一回の金額が高いので仮想通貨で支払いを求める顧客も増加しています。

メガネスーパー(眼鏡売場)

大手眼鏡店でも仮想通貨が使えます。

メガネスーパーは先駆けて全国で仮想通貨が使えるようにしました。

眼鏡を買う時に仮想通貨が使えるというのは面白いですね。

銀座シンタニ歯科口腔外(歯医者)

歯医者さんでも使えます。

歯医者の診療もまた価格が高く、10万円を超えるお会計も多いのでビットコインでの支払いを導入したそうです。

店舗で仮想通貨を使おう!

 

 

投資として仮想通貨を取引するのも良いですが、せっかく仮想通貨を持っているのであれば店舗でも仮想通貨を使ってみましょう。

現在ほとんどの店舗がクレジットカードで支払えるように、仮想通貨支払いが当たり前になる時代が来るかもしれません。

あえて仮想通貨で支払う事によってお得なポイントサービスを受ける店舗もあるようです。

仮想通貨でお買いものをして、時代の流行にノッてみるのもいいかもしれませんね!

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!