おすすめの記事

メルカリあなたの商品なぜ売れない?売れるコツと改善策10選

メルカリあなたの商品なぜ売れない?売れるコツと改善策10選

 

こんにちは、kojiです。

 

突然、このような連絡をいただきました。

 

Aさん
メルカリで出品しているのですが全く売れません。なにかアドバイスはありますか?

 

koji
しっかりとタイムライン乗ってますか?出品時間、画像、検索ワードなどトレンド品を扱ってますか?

 

Aさん
え!タイムライン、ワード?トレンド品?不用品を出品していますw

 

koji
不用品?あ、転売とかじゃないのねw

 

Aさんは物販ビジネスに興味があるわけではなく普通に不用品を出品している方でしたw

 

なぜか私に連絡をもらったので、ちょっとしたアドバイスをさせていただいてから2日後、無事に「売れました!」と連絡をもらって、こちらも一安心。

 

ということで、
初心者さんを始め、「メルカリで売れない原因と改善策10選!売れるコツを解説していきます。

 

CMでも「出品された半数以上が24時間以内に売れています!」といわれている「メルカリ」。フリマアプリにおいて、メルカリの市場規模は日本最大で、日本でのダウンロード数6000万超、1日の出品数は100万品以上といわれています。

 

ということは

メルカリは、他のフリマアプリと比べても利用者が圧倒的に多く、基本的には売れます。

 

それでも「出品してみたけど売れない・・・」と自分の満足する結果に繋がらない方もいると思います。

 

よくありがちなのが「売れない」から、そのまま放置していませんか?

 

なんだかんだで出品作業は、地味に時間を使いますよね。

 

写真撮って…

説明文書いて…

発送方法考えて…

売れるの?売れないの?

気になってしょうがない…w

 

売らないと時間をムダにします!

 

「この時間があったら何ができたんだろう」とならないように、サクッとお金にしちゃいましょう。

 

とは言っても「売れる人」と「売れない人」がいるのは何故でしょうか?

 

答え

正しいやり方で販売していないからです!

 

売るには「コツ」があります。

 

それでは“売れない”原因を改善していきましょう!この記事を最後まで読んでいただければ、売れます!売れないと逆におかしいです。

 

出品した商品が“売れない”主な原因をまとめてみました。

 

  • 売れる商品を選定していない
  • 画像・写真の映りが悪い
  • 商品の説明が不足している
  • 価格設定
  • 出品時間(ターゲット)
  • 季節外れ
  • 出品してから時間が経っている
  • タイムラインに載っていない
  • プロフィールが未記入
  • 送料・配送日数
  • コメントのレスポンスが遅い

 

こんなところではないでしょうか。

特に最重要視してもうらうのは、赤字の4つです。これがしっかりとできていないと今後も売れないです。

 

 

目次

売れない原因大解説!モノを売る基本を理解しよう

 

フリマアプリの特徴はその名の通りフリーマーケットです。ただちょっと違うのは、ネット上で「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせて、商品の売買をする「場」を提供しているのがメルカリです。

 

“売りたい人”と”買いたい人”をマッチングさせてあげたのは、誰のおかげ!「メルカリのおかげ」ということで手数料10%もらうね。というシステムです。

 

 

メルカリはネット上の個人間の売買なので、名前や顔も知らない…など、気軽に取引ができるので現代社会にウケが良く、特に男性よりも主に女性ユーザー10代~30代の方が多く利用されているフリマアプリです。

 

気軽に売買ができる分、双方にメリット・デメリットがあります。デメリットでいえば、売り手よりも、買い手の方がリスクになります。

 

 

購入者にとって「不安」があるということです。出品者は購入者の不安を少しでも取り除いてあげる必要がありますね。

 

 

また、今のメルカリは買い手より出品者(ライバル)が多く出品した商品が目立ちにくい状態です。具体的にいえば、あっという間に新着順に並び変えられてしまいます。

 

なので、見てもらうことが必須です。

 

「見てもらう」には次の2パターンがあげられます。

 

・出品時に見てもらう

・検索から見てもらう

 

おおまかに2通りでしか商品をアピールすることができません。

 

出品した時に“求めてる人”の「目にとまらなければ」基本的にはどんどん埋もれていきます。

 

そこで、検索キーワードが補助の役目をします。ですから、検索ワードも必須になるので、しっかりと入れて先ずは見てもらうことが重要です。

 

見られなければ、絶対売れません。

 

見てもらって初めてチャンスがあるということです。

 

そのチャンスを生かすには、商品、商品写真、説明文、価格、この4つをマーケティングしていくことが必須になります。

 

もう少し具体的に言えば、メルカリには、大まかに2通りのユーザー「買い手」がいます。

 

・商品を決めて探している人

・なんとなくメルカリを見ている人

 

コレは後述する “売れない” ⇒ “売れる” にするには、ユーザーが「どんな検索をしてくるのか?」「どんな時にメルカリを見ているのか?」を知る必要があります。

 

 

とその前に、

そもそもなんで売れないのか分かりますか?

結論からお伝えしますと「売る」という行為に関しては、プロではないからです。だからこれから「売る」ことについて学んでいけば、必ず売れるようになります。

 

売るには必ず基本となる「型」があります。

その基本の型が分からないと売れるには時間がかかりますし、間違ったやり方をしていたのでは「メルカリでお小遣い稼ぎ♪」なんていっても逆に遠ざかってしまいます。

 

まずは、あなたのオリジナルは出さずに素直に基本の型を「まねる」ことから始めましょう。

なので、まねをしてください。

僕のマネをして販売してください。

 

メルカリで売れてる人はみんなやっていることです。

みんな出来る=「簡単」です!

何ひとつ難しくありません。

今日からメルカリを始めた方でも売れます。

 

お客さんが買わない理由

お客さんが買わない理由は何でしょうか?

・必要ない
・あなたからは買いたくない
・怪しい
・価格

だいたい上記の理由です。

結論から言うと、「商品は必要ないから買わない」と「商品は必要だけれどもあなたからは買わない」の2つです。

男性にハイヒール不要でしょうし、ペットがいないお家にペット用品も要りませんよね。

商品は欲しいけどあなたから買わない、と聞くともの凄くショックですがあなた自身も同じようなことはしています。

 

分かりやすく説明すると、僕はお弁当を買うならセブンイレブン、デザートを買うならばミニストップにいきます。欲しいモノによって店を選んでいます。

これらが「商品は必要だけれどあなたからは買わない」なのです。こうやって聞くと納得できますよね。

 

お客さんが買わない理由をまず、頭にいれてくださいね。

 

つまり、メルカリで売るには、お客さんが「なぜ買わないのか?」理由を理解することが、大切です。

 

このような前提があるので、“売る”ためのコツを1つ1つ具体的に解説していきます。

 

 

売れない商品を出品していませんか?売れる商品を販売するコツ

 

“不用品”販売でリサーチは必要なの?

モノが売れるには、必ず理由があります。

値段、機能、デザインなど…商品が売れるということは、お客さんの「欲しい」があります。売れる=“欲しい”ということですよね。

 

売れないモノを買ってもらうには売れる仕組みを作らなければなりませんので、戦略、戦術を必要とします。

 

メルカリで売れないと悩んでいるのなら、

先ずは、

「お客さんが求めているモノを販売すること」

つまり

売れる商品を販売すること

これに尽きます。

 

まず、メルカリでどのような商品が売れているのかを調べ、その商品の類似品や同等品などから販売していきましょう。

また、同じ様な商品がなかった場合、例えばラッシュガードが売れてるとしましょう。

浮輪、ゴーグル、プールバック、タオル、簡易テントなど…その商品に伴う付属品、関連商品を販売していくことで売れます。

 

上手に売るコツとして、セット販売やまとめ売り、などをすることで単品では売れない商品に付加価値をつけることで売れる要素を作る販売の手法はたくさんあります。

 

商品をたくさん売ることで、メリットがあります。

評価数を上げる

同じ商品で条件が一緒なら評価が高い人から買いたいと思いますよね。 “良い評価”をしっかり積んで、信頼を得ていきましょう。

 

自分で物を売るという体験・経験をする

販売した商品がなかなか売れないと「モチベーションが下がって諦めてしまう」というのが大半なんですよね。

売れると「楽しい、嬉しい」ともっと売れる為にはどうするのか?自分で「もっと」を追求していく結果、どんどん売れるのです。

やはりモチベーションを高く維持して継続(行動)することは、非常に大切といえます。なので不用品販売でも売れるモノから売るべきです。

 

つまり

楽しくない⇒行動しない⇒売れない ✖

売れる⇒行動する⇒スキル向上 

思考が変わると行動も変わるので結果、良い方へ向かいます。

 

再出品を繰り返さなくてすむ

メルカリは規制が強いです。1回目の出品で売れた方が効率もよくリスクを抑えられますよね。ですからリサーチをして売れる見込みのある商品から販売していきましょう。

 

ということで、先ずは売れる商品をたくさん売ってスキルとコツをつかんでもらいたいです。

スキルが向上することで、自分が販売したい商品の需要が無いモノでも、商品ページを作り込んだり、売れる工夫など、準備をして販売していけばいいだけなので、なんら難しくありません。

 

 

売れる商品を探すには以下を抑えてください。

  • どんな商品が今売れているのか?
  • なぜ、その商品が売れるのか?
  • どんな客層によく売れているのか?
  • 今後の売れ行きはどうなっていくのか?

この4つポイントを抑えてリサーチしていただければ、不用品販売であるならば、十分です。

 

メルカリで良く売れるカテゴリー

  • 第1位:レディース(26%)
  • 第2位:エンタメ・ホビー(22%)
  • 第3位:ベビー・キッズ(13%)
  • 第4位:コスメ・香水・美容(9%)
  • 第5位:メンズ(8%)
  • 第6位:その他(5%)
  • 第7位:家電・スマホ・カメラ(5%)
  • 第8位:ハンドメイド(5%)
  • 第9位:インテリア・住まい・小物(3%)
  • 第10位:スポーツ・レジャー(3%)

 

誰でも今すぐできる簡単リサーチ!売れ筋商品の見つけ方

 

 

メルカリ1分でリサーチ!スキマ時間で売れ筋商品を見つけるコツ

 

“なぜ売れない”原因は写真!売れる写真にするコツ

 

出品した商品が“売れない”原因としてあげられるのが写真(画像)です。商品写真は自分のショップの「顔」です。手を抜かず綺麗に撮るのは、あたりまえといえます。

 

 

写真=目で伝える情報です。

 

 

メルカリでは最大4枚しか写真が載せられません。ということは、たった4枚でしか商品をアピールすることができません。

 

 

自分がネットで買い物をする時、最初に目に飛び込んでくるのは何でしょうか…

 

値段ですか?タイトルですか?

 

写真ですよね。

 

「気になる!」この判断基準は写真ということです。

 

つまり、第一印象が大事です。

 

 

「あっ!コレ気になる」と思ってもらって、初めて商品の詳細を見てもらえます。

 

どんなに良い商品を安く出品していても写真が悪かったらまず売れません。そもそも、商品を見てもらえるかも微妙になります。

 

「欲しいと思われるか!」「思われないか!」まずは、商品へのアクセスはメイン写真で決まるということを頭に入れておきましょう。

 

 

「脱売れない」クリックが最重要!

 

※ここでは、メルカリは画面タップで詳細の確認ができますが、分かりやすくタップをクリックとして表現します。

 

メルカリは出品した際に、上図のように商品の写真と価格がずらーっと新着順に表示されるシステムです。

 

「タイトル」=「商品名」はでません。

 

写真と金額だけです。

 

買い手は、膨大な商品をひとつひとつチェックしているかといえばそうではありません。最初に目に入った写真で、その商品を個別にチェックするかどうかを決めます。

 

なので

クリック=興味をもってもらう

ことが重要です。

 

となれば、目に止めてもらえるようにメインとなる写真には“とことんこだわる”べきです。

 

もっと言えば、新品と中古で同じ商品の場合、写真の見栄えによっては、中古商品が個別にチェックされることだって全然あります。

 

なぜなら、タイトルは見えませんし、商品説明もクリックしてチェックしてもらわなければ、詳細が分かりません。

 

今や1日の出品数は100万品のメルカリです。パッと見て気になる写真でないとあっさりスルーされてしまいます。

 

 

とここまで、先ず興味付けをして「行動に移してもらう」大事さが伝わりましたでしょうか。

 

沢山に人に“興味”をもってもらい、商品のアクセスが多ければ多いほど、見込み客となるので、売れる確率は高まるということです。

 

 

 

明るくきれいな写真・反応の良い画像を心がける

 

写真をパッと見て「何を販売しているか」分からないと基本スルーされてしまいます。なので一目でわかる商品の写真をしっかりと撮ってください。

 

と言っても三脚で固定したり、レフ板で反射させて撮ってくださいと言ってるのではありません。プロが撮るような機材も一切必要ありません。

 

スマホのカメラで全く問題ありません。

 

なるべく、商品が見えやすい背景を選び(白い壁など)蛍光灯よりも自然の光が入る部屋で撮影する。撮る時は影をつけないように気を付けると綺麗に撮影ができます。

 

商品の機能面が分かる部分はしっかりと撮っておくと(カバンのポケットなど)印象もいいですよね。

 

写真を撮る時の主な注意点

 

  • 商品の全体がわかるように撮る
  • 小物などは大きく撮る
  • 商品の周りは片づける
  • ブレやボヤけないように撮る
  • 散らかった部屋を写りこませない
  • 服はハンガーなどを使う
  • 家電などは電源が入った状態で撮る

 

こんなところでしょうか。

 

誰にでもできますよね。

 

自分が購入者だったら商品を選ぶ際に「商品のどの部分を見たいか?」を考えて、商品写真を撮ってみることが大事です。

 

 

肝心なのは見せ方の工夫です。

 

 

 

服はハンガーにかけたり、パンプスなら並べてそろえるより、角度を付けるだけでも、見え方は違います。ズボンであっても、ハンガーにかけると良いでしょう。

 

 

 

スマホのコラージュなどを使って伝わりづらい部位をいろいろな角度から撮った写真を載せましょう!

 

 

ユーザーは商品を手に取って見ることができませんので、商品の全体がわかるようにしてアピールポイントや「自分ならここが知りたい!」などイメージしながら写真を載せてあげると印象も良いですし、親切ですよね。

 

 

 

商品説明文に高さ○○㎝・横○○㎝・底の幅○○㎝ と記載しても、測るスケール(メジャー)を持ってない人もいるので、身近にある物を利用して直観的にイメージさせてあげるのも良いです。

 

どれも簡単ですよね。

 

さらに、最強なのは着画です。

 

 

こんな感じだと視覚効果は抜群で買い手にイメージがつきやすいと思います。

 

 

着画はメインでもいいですし、1枚目の写真は服単品で2枚目から着画でも、どちらでもいいです。つまり、知りたい情報が分かればOKなので、もちろん顔は写さなくていいですよ。

 

撮り方も簡単、スマホのタイマーや自撮り棒を活用すれば、1人で楽々できちゃいます。

 

 

・1枚目(メイン)は一目でわかる全体の写真

・2枚目以降の写真で商品の状態を伝える

 

 

ジャンク品、汚れ、ダメージがある「マイナス」になるところも3枚目、4枚目などで撮影しておきましょう。マイナス部分の写真が無いと、あとからトラブルになることがあります。

 

 

また、登録できる画像枚数を最大限に利用して、商品の細かい部分まで写真を載せることで、質問コメントの回数も減りますし、なにより商品が届いてからのクレームが減ります!

 

写真でのアピールは最大で4枚しかないのですから、4枚フルに使いましょう。

 

 

商品説明が苦手で、うまく書けなかったとしても、写真をきちんと撮っておけば、売れる可能性は全然あるので、写真で情報を伝えるということを忘れずに、今回紹介したことをぜひ実践してみてくださいね。

 

 

販売する者として大切なのは、

映ってるとおりの商品がちゃんと届くのかという不安を取り除くことです。

 

 

売れない原因は過度の写真修整にあるかも?

 

メルカリを利用する場合、スマホで商品の写真を撮影して出品することが多いと思います。

 

「売りたい」「買ってほしい」これはわかります。ですが良いところばかり見せたり、ましてや悪いところを隠して出品するのはNGです。

 

何がいいたいかというと写真を過度に修整してはダメということです。

 

スマホのカメラの性能は非常に高く、写真を切り取ったり、明るさや色味を変えたりと修正、加工は容易です。

 

更にアプリなど使えば自由自在です。

 

写真の加工をしすぎるとインスタグラムにあげるようなおしゃれ写真になってしまい、ユーザーに「ばりばり加工してるな」と思われてしまいます。

 

長くなるのでカットしますが過度に修整すると、もはや現物と写真とは違う商品になりかねません。

 

確かにその商品は売れやすくなるかもしれませんが、それを買った購入者が不満を感じ、取引後のあなたの評価を「悪い」にするかもしれません。

 

そうなれば、今後の商品の売れ行きも影響しますし、評価=信用と思ってくださいね。

 

はい!では結論です。

 

過度の修正、加工は

 

マイナスにしかなりません。

 

 

売れない商品には説明が不足している

 

商品説明もしっかりと書いてください。

 

「書かなきゃ、伝わらない」んです。

 

例えば、ブランド品や高価な商品などは不安も伴い、もしかして、コピーかもしれないと思われてしまえばそれまでです!しっかりと説明文は書いておきましょう。

 

【付属品】外箱、保存袋、保証書やギャランティーカードなど・・・写真にも載せておくと信用度があがります。

 

しかし、メルカリを見ていると、下図のような全く説明がない商品を見かけます。これは、すごくもったいないです。

 

 

「写真の通りです」と記載されてるだけで説明がスカスカのヤツです。

 

まあ、売り手は「写真を見ればわかるだろ」気になれば「コメントして!」の感覚ですが、ユーザーには伝わりませし、商品に関する情報(説明)が少なすぎると、買う側に納得してもらえません。

 

洋服を出品するなら、ブランド名、種別、サイズ、カラー最低この4つは書くべきですね。

 

「ちゃんと伝える」これ大切です。

 

写真だけでは細かい所や使用感などは、なかなか伝わりません。

 

買う側は、写真の次に商品説明を確認し、その説明に納得してはじめて「欲しい⇒買おうかな」という気持ちになります。

 

特に洋服の場合は人それぞれ体形が違います。「欲しいけどサイズが心配」「買っても着られないんじゃないの?」そのような不安要素があると、購入してもらえる確率が低下します。

 

家電なども一緒です。説明書はあるのかな?ちゃんと動作するのかな?気になるところです。

 

例えば家電なら、「出品するまえに確認済み」とか「発送前に動作チェックします」など入れておくと買い手側にとっても安心できますよね。

 

今は、ほとんどの家電製品などはWEBから取扱説明書をダウンロードできますので、説明文にDLができることを伝えたり、商品と一緒に添えてあげることで、購入される確率もあがります。

 

  • 商品の汚れなどの使用感や状態
  • 商品のブランドや素材
  • 商品を使用した回数や環境
  • 商品の出品に至った経緯など
  • 商品が未使用の場合は保管状態など

など記載しておくと、買い手側にとって印象がぐ~んと上がります。

 

では、具体的にどのような商品説明が良いのか参考にご紹介していきます。

 

 

①購入経緯、使用回数などの説明がある

②写真では伝わらないカラーの説明がある

③使い勝手やイメージしやすい説明がある

④シミがあると記載して写真でも確認できると説明がある

 

こんな感じだと伝わりやすいのではないでしょうか。

 

また、よくあるサイズ表記ですが、ご家庭にスケール(メジャー)などがあれば入れてあげるといいですね。

 

■サイズ

FREEサイズ
着丈:60㎝
肩幅:65㎝
袖丈:45.5㎝
バスト:120㎝

 

でも、正直めんどくさいですよねw

 

 

では、こんなのはどうでしょうか?

ワンピースを出品したとしましょう♪

 

「着丈はやや長めで、ふくらはぎあたりになります。私の身長は162㎝ 普段はMサイズでジャストです。」

 

「162㎝の私が着用して膝が半分でるくらいです。背中側はゴムになっていて、ストレッチ性があるので程よくフィットして着用できます♪」

 

これだけでも、なんとなく伝わりやすいですよね。

 

 

商品説明で一番、重視して欲しいのは、買い手にとってイメージしやすい文言を入れてあげるということです。

 

具体的にはコレです。

 

ひとつ目は、
使っているシーンがイメージできること。

 

ふたつ目は、
どんな人にぴったりか、明確であること。

 

この2つを入れてあげることで印象は大きくかわります。

 

と、ここまでは、“物を売る”基礎です。

 

ここからは、テクニックやコツを解説していきます。

 

売れる商品タイトルにするコツ

売れるコツとして、商品のタイトルも大事になります。

 

前述の通り、メルカリは写真と価格が最初に目に入る表示の為、商品タイトルはそこまで重要じゃないんじゃないか…と思われるかもしれません。

 

しかし、商品タイトルをしっかりと書くことで、これから後述する「検索キーワード」に引っかかって売れる可能性がアップします。

 

メルカリのタイトルは最大40文字まで入力ができますが、ワードを羅列させるよりも1つの文章に仕上げる方が自然です。

 

長すぎる関連性がないワードを入れすぎてもNGです。

 

タイトルには、商品名だけでなくセールスポイントも記載。同じものでも、タイトルで印象は大きく変わります。例えば次の3つであれば、一番下のようなタイトルに。

 

例えばパンプスを出品したとします。

◆「パンプス」

◆「MANOLO パンプス」

◆「【美品】MANOLO美脚に見えるパンプス☆マノロ☆ ブラック 23.5 」このタイトルの中にワードとセールスポイントがしっかり入っています。

 

◆セールスポイントは★【】などで強調

◆ブランド名は必ず入れる

◆商品名・サイズ・色を簡潔に入れる

 

簡単に言えば

「ぱっと見」気をひくタイトル、気になるような文言を入れておくと、反応がよくなりますし、セールスポイントをつけるだけで、他の出品者より差別化できるということです。

 

 

先ほどのパンプスをもじってみましょう。

 

「マノロ♪MANOLO足が痛くならない ブラック パンプス  23.5」

 

「【正規品】マノロ走れるパンプス!★ブラック★23.5」

 

どうでしょうか…ちょっと印象が違いますよね。

 

“足が痛くならないパンプス”と記載してるだけで「パンプスを履くと足が痛くなる!」という人には気になりませんか?

 

 

“走れるパンプス”これも印象が違います。

・かかとが抜けてまともに歩けない

・ヒールの高い靴ほどつま先が痛くなる

・子どものお迎えなどなど…

何気にダッシュする場面が多い人に対して効果的になりますし、単純に“歩きやすい”といったイメージが伝わります。

 

 

インパクトとワードを入れるがコツ

 

 

キーワードを盛りこんで魅力的な説明文にするコツ

 

メルカリユーザーのなかで一番多いのは、

 

なんとなくメルカリを見ている人。

 

いわゆる「なにかないかな~」の感覚で見てる人です。

いろんなキーワードで調べてきます。

 

 

また、メルカリは膨大な商品数なのでユーザーの大半が、自分の好きなブランド・カテゴリーや気になる商品などで絞って検索します。

 

中には商品状態や価格等で探される人もいますが、ある程度、的をしぼった商品探しにつながっています。

 

いかに、その商品が検索されやすいようにキーワードを盛り込むことができるかが、売れるポイントになってきます。

 

 

 

例えば、アディダスのスタンスミスと

決めて探している男性ユーザーの場合

 

アディダス スタンスミス STAN SMITH  ローカット ホワイト/グリーン 27センチ メンズ

 

と検索する人もいれば、

 

adidas くつ 靴 スニーカー 緑 グリーン 新品 未使用 美品などで、検索する人もいます。

 

なんとなく、靴やスニーカーのカテゴリーで検索してる人は?

メンズ スニーカー 靴 くつ シューズ 紐 オシャレ おしゃれ カジュアル 歩きやすい 流行り トレンドなど…サイズ別で検索する人もいます。

 

 

ある程度、予測をして、キーワードを盛り込むこれが重要です。

 

 

商品説明文も検索キーワード」に引っかかります。なので、しっかりと入れていきましょう。

 

書かないと見つけてもらえません。

 

まず、“ダメ”な説明文からから紹介していきます。

 

よくありがちな、説明文の空欄に

ミニ フレア Aライン スカート Aラインスカートショートパンツ 格子柄 チェック 可愛い オシャレ …など大量の「ハッシュタグ」や「関連ワード」はNGです。

 

 

沢山の人に見てもらいたいのは、分かりますが・・・ゴリゴリすぎて“ドン引き”ですw

 

NG理由も簡単に説明します。

例えば検索で「ワンピース」と調べたのに、無関係の商品ばかり出てきたら、検索している意味がなくなりますよね。

 

また、プラットフォーム(場)提供してる運営(メルカリ)も他のユーザーの迷惑になるので、このような販売者が増えると、規制をかけます。

 

 

つまり、メルカリが使いにくくなります。最悪、通報されたりペナルティにつながります。やりすぎは、NG!今すぐやめましょう。

 

話がズレましたねw

 

 

具体的に正しい説明文を解説します。

 

魅力的な説明文といっても長文でダラダラとワードが羅列していると、印象がよくありません。

 

商品説明はシンプルに書く

 

書くコツは、

「写真では伝わらない部分」+α(魅力)

 

”購入者の気持ち”になって、書くといいですね。その商品の状態を知っているのは、自分だけです。

 

なので、自身の言葉でしっかりと、文字におこしてあげないと、見ている人に商品の状態が伝わりません。

 

 

ポイントとしては

・分かりやすく

・読んでいてストレスのない適切な文章

・検索を意識する

 

 

●おすすめキーワード

例えば、下記のキーワードは購入者の目をひき、商品の状態が分かりやすく表記できます。

 

・新品 → 【新品】【新品・未使用】
・開封したけど使っていない → 【未使用】
・新品ではないけれど、傷などなくかなりキレイなもの→【美品】

【今季トレンド】~
【大人気】~
【正規品】~
【限定品】~
【1点物】~
【今日だけ】~
【特価SEAL】~
【大幅値下げ】~
【2018モデル】~
【SNSで大人気】~

 

これらのキーワードはよく検索されるので、該当するものはタイトルにも入れることをおすすめします。

 

 

ブランド名、商品名、型番

メルカリだと「Panasonic」と「パナソニック」では検索結果が違います。

 

ブランド名で漏れがないようにするためにタイトルには「Panasonic」と書いても、説明文では「パナソニック」と書く。表記を変えることで、どちらの表記でも検索にヒットするようにする。

 

また、基本的に英語で検索をする人よりもスペルなどが面倒なので、カタカナで入力する人が多いです。

 

 

先ほどの“走れるパンプス”を例として説明文を作ってみます。

 

例)●カラー(色)素材

普通に「カラー:黒、素材:エナメル」と書くだけではなく、「実物は少し青に近いブラックで光にあてると光沢感がでてカッコいいです♪」など。

 

写真では伝わらない部分を書いておきましょう。

 

例)●サイズ

こちらも「サイズ:36 1/2」ではなく
23.5㎝ヒール高は3㎝くらいで幅広足さんもOK♪
私は普段、23.5㎝ですが少し大きかったです。

 

例)●商品の状態

美品ですがヒール部分に少し傷あり(写真で確認できます)雨の日などは履いていません。
箱、布袋が付属します。

 

例)●せールスポイント、特徴

ローヒールで足に合わせてしっかり曲がるので歩きやすく、ONにもOFFにも使える大人可愛いデザインです。

 

例)●出品理由

「不要になったので出品しました」と書くのではなく、

 

「最近、スニーカーばかりになってきたので、出品しました。」

 

「サイズアウトため出品しました。」

 

「新しい〇〇を購入した為、まだまだつかえますが出品しました。」

 

などの方が印象がいいです。

 

 

極端な話ですが、自分とっては「不用品」=「ゴミ」かもしれません。でも大切なのは不用品という、ストレートな表現ではなく“譲りたい物であること”を伝えることです。

 

大切なのは言い回しです!

 

で…肝心のワードですが、参考例の中にも検索キーワードがたくさん盛り込んであるのが、わかりますでしょうか?

 

走れる、黒、ブラック、カッコいい、サイズ、36 1/2、23.5㎝、幅広、美品、ローヒール、歩きやすい、楽ちん、大人可愛い、など

 

 

※簡単に見本を作ってみました。

 

 

ハッシュタグ検索を利用する

 

ハッシュタグとはSNSの投稿メッセージで利用されており、同じタグ付きメッセージを簡単に検索できる便利機能として使われていました。

 

「#○○」のように、伝えたい単語(キーワード)の前にハッシュ記号(#)を記載した文字列リンクがハッシュタグに該当します。
例えば、「#スマホケース」と検索窓に打ち込んで#スマホケースとハッシュタグがついている商品が検索にヒットします。

 

出品する際には、ハッシュタグも入力していきましょう。
こちらも無関係なハッシュタグの羅列・大量のハッシュタグの羅列は通報の対象になることがありますので、「適切&適量」を守ってハッシュタグを利用して下さい。

 

 

売れる確率を高める反応の良い商品説明文を書くコツ

 

商品説明文の書き方の“コツ”

 

 

「商品を買った先の未来を語る」

 

使ってみた感想や体験を語る」

 

この2点です。

 

簡単に言えばレビューと思ってください。

 

「使うとどんな効果があるのか」「日常生活の中で、どんなメリットがあるのか」具体的に示すことで、「欲しい!」気持ちを引き出すことができます。

 

また、ユーザーからしたら商品を購入する際、「使ってみてどうだったのか?」ということを知ってから購入したいはずです。

 

自分に置き換えて、気になるところや知りたいことをズバッと教えてあげると、購入に対して「迷っていたり」「不安」を取り除いてあげることで、購買意欲が高まります!

 

自分が実際にその商品を使ってみた感想やアピールポイントが説明文の中に記載があると、説得力も上がり商品を検討しやすくなります

 

 

“誰がみても分かりやすく簡単にまとめることがポイントです”一行くらいでもいいので、しっかりとセールスポイントも盛り込んでくださいね。

 

 

ここまでどうでしょうか?

なんとなく、どんな感じで書いたらいいのかイメージがつきましたか?タイトルと商品説明はセットで考えてくださいね。

 

とはいっても最初は、説明文も上手く書けないし、考えるのもめんどくさくなってしまいますよね。

 

では、どうするか!

メルカリで売れてる出品者の“まね”をしてください。売れてる人には必ず理由があります。

 

売れてる人=評価の高い人の写真の撮り方や説明文の書き方など、自分とどこがどのように違うのか、見比べてみればいいだけです。これもコツです。

 

そして改善点をみつけて自分の“オリジナリティ”をだして、商品の価値を提供していきましょう。

 

あ、あと丸パクリはNG!規約違反ですよw

自分で売るための、スキルを身につけることが最強です。商品説明文で出品者の人柄も出ますので、一目見てわかりやすく丁寧に書くのが売れるコツです。

 

 

一目でわかりやすい商品説明のテンプレート

 

メルカリ出品の説明文は以下の項目を記載するといいです。

 

◆ブランド名と商品名や型番
(分かる範囲で)

◆商品のスペック、色、サイズ

◆商品の状態、不具合がある場合など

◆セールポイント、特徴

◆出品理由等

 

テンプレを作ったので良かったらコピペして活用してください。

———————————————

★の数が多いほど美品です。

【新古】

汚れ、シミ  ★★★
ほつれ、破れ ★★★★★
型崩れや色褪 ★★★★
使用頻度   ★★★
保管状態   ★★★★

※個人的主観になります。

 

———————————————

■サイズ
M:サイズ
着丈:〇〇㎝
肩幅:〇〇㎝
袖丈:〇〇㎝
バスト:〇〇㎝

※平置きサイズとなりますので
測り方により誤差が出る場合がございます。

 

———————————————

このようなテンプレは、スマホのメモなどにコピーしておけば、何度でも使いまわしが出来るので、出品物によって文言は使い分けて、自分なりにアレンジして、活用してくださいね。

 

効率良く出品していくのも売れるコツなんですw

 

タイトル・商品説明のまとめ

 

ここまで、購入につなげる為には、タイトルと商品説明には大事な要素が含まれていることは理解していただけたでしょうか?

 

ここまでのおさらいです。

 

・タイトルにはインパクトとワードを入れる

・商品説明はシンプルにわかりやすく書く

・キーワードはさりげなく文章として書く

・購入後のイメージや未来のシーンを書く

・関係ないキーワードをたくさん入れない

 

商品説明文は「買う」or「買わない」の重要なジャッジメントになりますので、頑張って作りこみましょう。

 

 

商品の価格相場を調べる方法と損をしない販売価格設定

 

メルカリで売れない原因に大きく関わるのが価格!値段のつけ方です。

 

物には相場というものがあります。

売値が高すぎても購入されませんし、安く出品しても、送料、手数料、梱包…手間(労務)など考えると販売価格に見合っている出品といえますでしょうか?

 

いくら不用品とはいえメルカリは手間がかかります。ある程度、お金にならないと意味がありません。

 

また、商品を探しているユーザーは「メルカリなら安く購入できるかも?」「メルカリでいくらで売ってるかな?」と探しているので、商品の中古価格や新品の定価を知っている人がほとんどです。

 

ということは…

物を買う時ってけっこう調べることが多いですよね?なので売り手より買い手の方が詳しかったりする場合もあります。

 

たま~に、ユーザーが「○○円で売っています!」とか「なんでこんなに高いんですか?」なんてコメント入れられちゃう場合もあります。

 

なので、ある程度の価格相場を調査して出品していく方がスムーズに売れますし、調査をすることで、「利益はいくらでるんだろう!」とすぐに判断できます。

 

「不要品だからお金になればいいや!」と価格相場を知らずに、安すぎる価格で出品している方がいますが、もし数千円ほど高くても同じ商品が売れていくなら、損した気持ちになりませんか?

 

 

ここまでどうでしょうか…

もしかして

不用品の販売だからそこまで、調べる必要があるの?なんて思ってませんか…

 

相場を知らない=売れない

に直結します。

 

しかも

メリットもたくさんあるので調査していきましょう。

 

「自分の商品にどのくらいの価値があるのか?」「今どんな商品が人気なのか?」「その商品の売り時はいつなのか?」といったように、商品価値の見極めを行いましょう。

 

 

メルカリで相場を調べる

 

メルカリで販売されている値段の相場の調べ方は、メルカリで調べる方法になります。

 

また、メルカリで商品を検索する際のポイントとしては、この2つを見るようにしましょう。

  • 出品されている商品の値段
  • sold-out商品の値段

 

リアルタイムで出品されているライバルの価格がどのくらいの相場で出品しているのか、調べてください。

 

相場の変動が起こった場合、5,000円で販売できるのに4,480円で出品してしまったりなど利益を取り損ねる可能性があるため、ザッと調べる程度でいいので検索をするようにしましょう。

 

そして必ず、sold-outで過去にいくらで売れたのか実績を調べることが重要です。

 

メルカリの検索窓から出品しようとしている商品名 ⇒「売り切れ」に絞って検索します。

 

売り切れ手順

アプリ画面右上にある、虫メガネアイコン⇒検索窓に調べたいキーワードを入力又は検索履歴の下に「カテゴリーからさがす」・「ブランドからさがす」を指定してもOK

 

「詳細検索」>「絞り込み」>「必要な個所を指定」>「販売状況」>「売り切れ」にチェックを入れれば指定した内容で売れた商品の一覧がでてきます。

 

この時に「配送料の負担」>「送料込み」「着払い」どちらかにチェックを入れれば、合わせて調べることもできます。

 

宅急便サイズの商品では送料での価格差が大きいので、一緒に調べるとよいでしょう。

 

家電品などであれば型番で、その他はブランド名商品名又は、ブランドが無い場合はノーブランドなどで調べます。

 

メーカーがアルファベット表記でカタカナ読みも出来る場合は、両方で検索することを推奨します。

 

※トレンド品、一時的に流行っている、季節商品などは、売るタイミングによって価格の変動があります。

売切れ商品の説明文の左下に売れた時間・日にちが表示されるので、直近と過去の価格を参考にすること!※スマホアプリのみ確認できます。

 

 

ヤフオクで価格を調べる

 

メルカリ内で中古品が出ていなかったり、参考になる価格設定の商品がなかった場合、ヤフオクの過去落札価格を調べるのもおすすめです。

 

ヤフオクのページを開いてもらって、検索窓に調べたい「商品〇〇」と入力して検索をします。

 

すると、検索結果が表示されるので、「落札相場を調べる」をクリックします。

 

出品終了している、過去120日分の商品の相場が一覧で表示されます。

 

具体的な入札件数や終了した日時も表示されるので、この価格の平均値をチェックしていけば問題ありません。

 

 

これも便利 ↓↓↓

ヤフオクの落札価格を調べる時は「aucfan(オークファン)」というサイトが便利です。

 

ここで気になるのがヤフオクの「落札相場を調べる」との違いですが、ヤフオクは過去120日間しか調べられませんでしたが、オークファンではそれよりも前にさかのぼってチェックできます。

 

つまり、半年前や1年前の売れ行きをチェックして、今後の相場の流れを想像することが出来るのです。

 

注意点としてヤフオクでは送料別の出品が多いので、配送料金分を乗せて見るようにしましょう。

 

ヤフオクのオークション形式に比べると、メルカリは即決価格なので多少ヤフオクの相場よりも高くても売れるかな~というのが私の実感です。

 

ここでも商品によってコンディションが違うので、自分の出品しようとしているものに近い状態の商品があれば、その価格を参考にしましょう。

 

 

Amazonで価格を調べる

 

メルカリの購入者には、メルカリ内の相場だけで高いか安いか判断する人もいれば中古市場での相場を調べた上で判断する人もいます。

 

メルカリで販売されている値段の相場の調べ方は、Amazonを使って調べましょう。

 

まずは相場を調べたい商品をメルカリで検索をします。メルカリで出品されていた商品のタイトルをコピーして、Amazonを開いたら貼り付けて検索を行います。

 

新品も中古品も取り扱いがありますが、この場合の価格調査では「中古品の出品の値段」を参照します。

 

「中古品の出品」の一覧の画面では、商品のコンディションも合わせて掲載されていますので、自分が出品しようとしている商品に近い状態の物があれば、その価格を参考にしましょう。

 

 

これも便利 ↓↓↓

【モノレート】で調べる。

物販に携わっている人なら誰でもしっている優良サイト

Amazonで売られている商品について価格の変動、出品者の数、ランキングなどの情報を確認できる無料で利用が可能なサイトです。因みにAmazonが提供しているサービスではありません。

 

モノレート
http://mnrate.com/

 

その他フリマアプリで調べる

 

上記では、メルカリ以外のヤフオクやAmazonを使い価格の相場の調べ方をお伝えしましたが、やはり同じフリマアプリでチェックするのも値段を調べる1つの方法となります。

 

フリマアプリと言っても、下記のようにメルカリ以外でも様々なジャンルに特化したフリマアプリが存在しているのです。

 

 

同じ商品が見当たらない!価格設定はどうすればいいの?

 

全く同じ商品を様々なサイトをチェックしても見あたらない場合は、同じようなカテゴリーの商品を参考に価格を決めていけば問題ありません。

 

出品時は少し価格を高めに設定して、なかなか売れない場合は、少しずつ価格を下げなから様子をみましょう。

 

値下げ交渉が入った場合は、出来る限りでいいので応じていくのもアリだと思います。タイミングがズレこむと売れなくなります。

 

値下げを前提に価格設定!100%赤字にならない販売のコツ

 

価格設定ですが売値から逆算していくと絶対に損をする販売にはなりません。不用品の場合でも最低利益○○円以上でないと出品しないという自分の価格ボーダーを設けるといいですね。

 

 

例えば、利益1000円以上など…

 

例)セーターを売りたい場合

出品したいセーターが3,000円で取引成立されてたとします。およそ相場は3,000~4,500あたりになります。

 

●条件付きで販売してみましょう。

・利益1000円以上

・最安値で販売

・値引き1000円

この3つを条件にして販売とします。

 

先ず売れた後にかかる経費を割り出しましょう。

・メルカリ手数料10%

・梱包資材は自宅にあるもの使用

・配送費(メルカリ便を利用)

※厚手の衣類などは60サイズの箱に入らない可能性がある場合は1サイズ大きめで設定を考えて利益を算出する。圧縮して60サイズで送ることも可能ですが今回は例とします。

 

見込み客
値引きはできますでしょうか?

 

出品者
1000円お値引きさせていただきます。

 

予定通り1000円値引き

2900-1000 =1900円

メルカリ手数料が 190円

らくらくメルカリ便 80サイズ -700円

利益1010円になります。

 

販売価格のボーダーラインは2900円

で利益1000円以上になります。

 

 

 

おさらい

  • メルカリの相場を必ずチェックする
  • 他のサイトをチェックする
  • 同じフリマアプリでも調べるようにする
  • 相場価格を調べることで出品時のタイミングが計れる
  • 同じ商品がないときは類似商品を参考にする
  • 値引き前提で販売価格を設定する
  • 自分の販売ボーダーを設ける

 

以上、商品の価格相場を調べる方法と損をしない販売価格設定でした。

 

 

 

出品のタイミングと売り方のコツ

 

メルカリを利用してるユーザーのほとんどが、

 

なんとなくメルカリを見ている人

 

つまり、「ヒマな時間」「スキマ時間」で見てます。もちろん、全てがあてはまるものではないです。

 

この“なんとなく見てる人”にも商品をアピールしていくことが大切であり、たくさん売れる近道です。

 

 

また、出品するとタイムラインの上位表示されるようになっているので、見てもらう確率が高く、すぐに購入されるケースがあります。

 

やはり、目にとまる事は、かなり重要なポイントになります。

 

目にとまることで、探している商品とは、違っても「なにこれ!」「気になる」「可愛い」など一目惚れ、みたいなのがあります。

 

全然、買う気なかったのに、「思わず買ってしまった!」こんな経験はありませんか?

 

いわゆる「衝動買い」です。

 

ですが、“売りたい人”と“買いたい人”が

ドンピシャで、マッチングした時だけです!

 

「出品しよう!」と思いたった今が出品する時間帯!かと言えば、答えはNOです。売れたらラッキーなんです。

 

1日の出品数は100万品以上、1秒間に何件出品してるんだ~と思うほどの商品掲載数のメルカリ!

 

出品してもすぐに埋もれていきます。

 

出品したタイミングで見ているか?といえば確率は低いです。

 

見てもらえない=売れない

 

では、どうするのか?

 

そこで、冒頭でお伝えした「どんな時にメルカリを見ているのか」を考えてみましょう。

 

 

反応の良い「売れる時間帯とは?」

 

細かいことは除いてスマホを見るのは、基本的に時間に余裕がある時です。

 

メルカリを見るとき「よ~し!商品を探すぞ!」と意気込んで、アプリを開く人よりも、「暇だしメルカリでも見てみるか〜」くらいの暇つぶしの人が多かったりします。

 

自分なら、“いつスマホをよく見るのかな~”と置き換えてみてください。

 

 

●アクセスが集中しやすい時間帯

・通勤、通学の時間帯

・ランチタイム、昼時

・休憩時間(主に主婦)

・就寝前

になるのではないでしょうか?

 

人によって生活リズムが異なりますが、自分がスマホを見る時間帯は他の人もスマホを見ている時間帯と置き換えられます。つまり、4つの時間帯はメルカリのアクセスが高まる時間帯でもあるといえます。

 

 

一番「売れる時間帯」ランキング

 

これまでに、メルカリで3,500件以上、お客様とお取引させていただきました。その中で「一番売れた時間帯・曜日はいつだったのか?」これをランキングにしてみました。

※(CVR)個人データを元に出品時間、売れた時間、コメントがついた時間帯、曜日、アクセスを元に算出しています。

 

 

【第1位】22時〜24時 就寝前

仕事が終わり夕食など…済ませてプライベート時間や、家でまったりしている時など就寝前が、一日の中で一番アクセスも集中することで最も売れました。

カテゴリー問わず売れます。迷ったらこの時間帯に出品すればOK

 

 

【第2位】6時~8時 通勤・通学の時間帯

この時間帯はSNS、ゲームアプリ、様々な使い方が多いです。その中には、メルカリを見てる人も大勢います。特に3000円以内で販売するとポケットマネーで購入できる商品が即決につながりやすいかと思います。コメント不要の商品だと尚よいですね。

<売れるカテゴリー> エンタメ・ホビー・本・家電・スマホ・カメラ、個人的にバイクや自転車のアクセサリーが良く売れました。

 

 

【第3位】14時〜16時 主婦の休憩時間

主婦などが買い物、掃除を済ませた後に、一般的に落ち着いてリラックスできる時間帯から、第3位にランクイン!16時を過ぎると、お子様の習い事や夕食の用意となるのかな?アクセスが徐々に低下しました。

<売れるカテゴリー> キッズ・ベビー・レディース・生活雑貨・日用品など…

 

 

【番外編】10時~12時 スキマ時間

実はこの時間帯、意外に売れるんです。売れた商品からユーザーの推測をすると、主婦や大学生など…比較的、若年層の方から購入がありました。

<売れるカテゴリー> エンタメ・キッズ・ベビー・スマホアクセサリー・アパレルなど…

 

 

【番外編】12時~13時 ランチタイム・昼時

お昼休みにスマホに触れることが多い時間帯でアクセスが集中しますが、購入にはいたらないケースが大半をしめました。コメントやいいねが多いい。

<ポイント> 「いいね!」を活用して販促通知をするのもありです。※いいね!をつけた商品が値下げされた場合、通知が届くようになっています。

 

 

売れる曜日ランキング

 

【第1位】月曜日

「また今日から一週間がはじまる(汗)」ってことで、月曜日から外に出かける人も少ないのか、家でゆっくりスマホを見る人が多く、一番アクセスも集中することで最も売れました。

 

 

【第2位】日曜日

休日の人が多く平日よりも時間の成約がないためか、家族層よりも独身で若年層からの購入が多くありました。また日曜日の夜は出かける人も少ないため、夕方~以降からアクセスが多く売れる傾向にあります。

 

 

【第3位】上記以外の曜日

月曜日、日曜日以外でもメルカリは間違いなく売れますし、見ているユーザーはたくさんいます。当データとしては週末に向かうにつれて、アクセスの低下みられ徐々に“コメント”や“いいね!”の減少からこのような結果となりました。

 

 

もちろん、この上記の時間帯や曜日以外は売れないの?ということは全くありません。

 

ですが、僕の経験上、やはりこの上記の時間帯や曜日に出品すると見ているユーザーが多いため出品してすぐに売れる可能性が高いです。

 

 

以上がメルカリの「売れる時間帯」「売れる曜日」について紹介しました!

 

 

売りたいターゲットを明確にする

 

自分が売りたい商品の先には、少なからず、“買い手”「ターゲット」が絶対にいます。

 

あなたの年齢が20代なら基本的には、20代の人に向けて販売していった方がいいです。

 

例えば、年齢20代女性がワンピースを販売するなら、ターゲットも20代女性に絞った方が「かわいい」「欲しい」など興味をもってくれる方が多いですし、同性や同じ世代からの出品者の方から購入したいと思うはずです。

 

 

もっと具体的に…商品で解説します。

 

 

 

あえて、ターゲットが定まりずらい商品を選定しましたw

 

【バランボール】 を出品(販売)

【ターゲット】  男女 (10代~40代)

【どんな人が使う】体系を気にしている人

【出品時間】 21時~24時

 

 

僕だったら、このように考えて販売していきます。

・女性 20代~30代前半(若年層)

・季節にもよりますが、露出が多くなる夏に向けて、エクササイズに取組みたい人を対象にします。

・22時~24時の間で出品します。

 

 

ターゲットにした理由

バランスボールみたいな商品は年齢・性別問わず、誰でも気軽にパフォーマンスを発揮できます。

 

簡単に運動がしたい、シェイプアップ、運動不足を解消したいなど・・・つまり誰でも、健康には気をつかっていますし興味はあります。

 

このように、

使いたい人の目的が不特定多数の場合、

商品価値は?と考えます。

価値としては「お悩みの解決」の部類です。

 

全体の需要を考えると、体のラインを気にする女性にフォーカスします。

特に独身女性は比較的、時間や金銭的にもゆとりがあり、メルカリユーザー層で多い20代~30代までの女性(若年層)をターゲットにしました。

 

 

【補足】

誰に商品を販売するのか!ターゲットを決めたら、商品説明文もターゲットに合わせた書き方にすると反応が更に高まります。

 

人は共感を覚えると親近感が湧き「欲しく」なります。

 

【まとめ】

 

・何を売るの?

・誰に?(ターゲットは?)

・価格は?相場は?

・この商品はどんな人が使う?

・その人のスキマ時間はいつ?

 

「売りたい商品は誰に価値があって、その商品をどのように販売すると最も効果的か」と考えると分かりやすいと思います。

 

 

販売する商品からターゲットを明確にし、効果的な出品方法を行うことが売れるコツです。

 

 

季節商品の売れるタイミングはいつ?売れるコツ

 

家にある不用品を販売しようと思った時、洋服であれば、その季節だけにしか着られないものが出てくると思います。

 

また洋服以外でも季節商品やトレンド品、流行っている商品は売れる時期のタイミングがズレると買い手がつなくなる場合があるので「ユーザーにとって欲しいであろう」タイミングで販売していきましょう。

 

どんなタイミングで出品するの?

 

季節商品を出品するタイミングで一番おすすめなのが、そのシーズンが始まる前です。

 

例えば春物なら2月頃、夏物なら5月頃、秋物なら8月頃、冬物なら10月頃からですね。なぜこのタイミングなのかというと、多くの人はもう次のシーズンの商品を探し始めているからです。

 

例えば2月で、まだ寒い時期だったとしても今からを冬物を買おうと思わないはずです。

 

もし買って着たとしても3月中旬頃までしか着られず、結局1ヶ月半ほどしか使わずすぐに衣替えとなってしまいます。

 

また、リアル店舗やネットショップを見ても、だいたい2ヶ月先の季節物を販売しています。

つまり、ユーザーは新たに購入するのであれば、これから長く使える次のシーズンのものを買う傾向にあるためです。

 

季節の先読みして商品を早く出品をすることで、メルカリでは高値で売れる傾向があります。

 

なぜか?リアル店舗やネットショップでも、そのシーズンが終わるまでSALEにはならないからです。

 

メルカリは「中古で程度が良ければ安く購入したい」「未使用で定価より安く購入できるかも?」ということを期待してユーザーは商品を探しています。

 

店頭ではまだその季節物がセールで販売できない時期に、「メルカリで探す」というユーザーもいるため、少し早めに出品しておくのが鉄則です。

 

 

販促カレンダーを活用する

 

売れるコツとし販促カレンダーもチェックしていきましょう。

 

販促カレンダーは、企業が年間の販促・マーケティングプランを練る際に参考となる情報が記されたツールです。その内容は発行者によって若干違いますが、主に次のような情報を知ることができます。

 

 

1月・正月・成人式・忘年会・新年会・福袋
2月・バレンタイン・節分・花粉症・受験
3月・ホワイトデー・花見・ひな祭り・引っ越し・卒業
4月・始業式・入学式・入社シーズン・桜・
5月・母の日・GW・子供の日・鯉のぼり
6月・梅雨・父の日・衣替え・ジューンブライド
7月・海開き・夏祭り・花火大会・お中元・ボーナス
8月・夏祭り・盆踊り・お中元・花火大会・夏休み
9月・運動会シーズン・紅葉・敬老・SW
10月・紅葉・ハロウィン・衣替え
11月・七五三・初冬・冬のボーナス
12月・クリスマス・大晦日・冬休み・お歳暮

 

販促カレンダーを活用すると、ユーザーが求めている商品を的確に提供していくことで、売れやすくなります。

 

一年を通していろんなイベントがあり、それに応じてどういった商品が売れるということも予測ができるので、予め年間のイベントを把握しておくことは重要です。

 

 

●無料で使えるおすすめ販促カレンダー

 

味の素

イベントスケジュールだけでなく、気温や家計統計情報も記載されており、非常にクオリティの高い販促カレンダーです。会員登録(無料)が必要ですが、会員登録の価値は十分にあるかと思います。

 

 

Yahoo!プロモーション広告の公式ラーニングポータル 

季節トレンドや年間行事や時節のイベントが一目でわかるヤフーが提供する販促カレンダーです。

 

 

朝日オリコミ

各イベントについて販促ポイントなども丁寧に記載されているので使いやすく参考になるかと思います。

 

 

 Googleトレンドを活用する

 

 

使い方は超簡単!Googleの検索窓に「Googleトレンド」と打ち込んでもらえればOK

 

誰でも無料で使え、登録不要です。

 

Googleトレンド とは、検索エンジン「Google」上で、ある単語がどれだけ検索されたか、を調査することができるウェブ上のサービスです。

 

「あるキーワードが検索されている」 という状態は、言い換えると「そのキーワードに対して、人々が興味を示している」 と言えます。

 

つまり、メルカリで出品するタイミングや商品説明文のキーワード選定にも参考になるかと思いますので、是非活用していただければと思います。

 

 

メルカリ再出品のコツとメリット!注意するポイント

 

出品してから「そのうち売れるかも?」と思って放置していると、出品してから時間が経過した商品は、タイムラインからどんどん下がっていきます。

 

つまり、売れる確率は低いです。

 

特に「ファッション」などの人気カテゴリーでは、1日も経つと、その表示順位は、見つけるのが難しい位置まで下がってしまいます。

 

さらに1週間も経過すれば、もう検索以外は困難といえるでしょう。

 

そこで、再出品をしていきましょう。

 

出品し直すと、新しく新着順にタイムラインで上位表示されるということです。

 

つまり、該当するカテゴリーの一番上に表示されるので新しいユーザーに見てもらえる確率が高まります。

 

何度もお伝えしていますが、数多くの人に見てもらうことが必須なので再出品というのは、メルカリで商品を売るためには必要といえます。

 

 

季節物や「これは今売りたい!」と思う商品だけでも、再出品をすることがおすすめです。

 

再出品するのは簡単ですが注意してほしいポイントがあるので解説していきます。

 

 

3分で再出品するコツ

 

メルカリに再出品する場合は、新規出品するのとほぼ一緒なので手間がかかります。なので、できる限り再出品の手間と時間を節約しましょう。

 

 

●古い商品ページを削除するまえにやっておくこと

・商品の写真は残しておく

・前回出品した古い商品ページを消す前に商品説明を保存しておく

 

スマホのカメラロールに商品写真が残っていれば、問題ありませんが残ってない場合は、出品している商品の既存写真をスクショしてトリミングで余分な部分をカットして保存。再度、メルカリに写真を載せる。

 

タイトル・本文を長押しすればコピーできますので、後はメルカリの出品画面にペーストするだけで完了!出品画面から直接、説明文がコピーできなければ編集画面から行ってください。

 

 

【補足】
説明文はスマホのメモなどを利用してコピぺで保存しておいて、パターン1、パターン2などを作り、文言の編集やキーワードを選定してどちらが良いか精査して再出品に活用すると便利です。

 

出品することが面倒になってしまうと、売りたい気持ちが冷めてしまいますよね。なるべく手間を減らして再出品してくことが売れるコツです。

 

 

再出品すると「いいね」とコメントは?再出品のメリット

 

再出品する際に注意するポイントは以下になります。

 

・古い商品ページは必ず削除または「出品を一旦停止にする」にしておく

・いいねやコメントは消える

 

公開しておくと万が一両方売れてしまった場合、手元に商品が1個しかない場合はトラブルになるので、必ず下げておくこと。

 

重複出品はメルカリ事務局も認めてませんし、紛らわしいので古い商品ページは削除することを推奨します。どうしても残しておきたい商品ページは「出品を一旦停止にする」にしてください。

 

因みに「出品を一旦停止にする」にすると「いいね」を残しておくことができます。

 

 

あと、「いいね」がたくさんついているのに再出品するかどうか、迷ってしまう人がいますが、再出品をしなければ、売れるモノも売れないままなので迷わず削除して再出品してください。

 

「いいね」がついてから何日も経過している商品は売れる確率がかなり低いといえますし、埋もれたままでは売れません。

 

また、メルカリで再出品する時には、「なぜ1回目の出品で売れなかったのか?」を意識してみることが大切です。

 

前回と全く同じ内容で再出品しても、また売れない可能性が高いので、以下のポイントを改めて見直してみてください。

 

  • 商品写真
  • タイトルや説明文
  • 価格の相場
  • 商品の需要
  • 出品タイミング

この5項目はチェックしましょう。

 

売れなかった商品を売れるように改善して再出品することで、数多く新しいユーザーに興味をもってもらうことが最大のメリットです。

 

 

頻繁に再出品を繰り返さない!注意するポイント

 

メルカリで再出品をする前に、絶対に知っておきたい注意点を解説します。

 

メルカリでは短期間に何度も出品⇒削除⇒出品という行為を繰り返すと、ペナルティを受けてしまい一時的な制限やアカウント停止につながってしまいます。

 

更に重複出品やその行為を繰り返すと、無期限の利用制限の通知が届きます。そうなっては大変ですので、短期間での頻繁な再出品はしないようにしましょう。

 

 

●悪い例

5月20日 出品⇒売れない

5月21日 削除⇒再出品

5月22日 削除⇒再出品

 

例えば、出品していた5品の商品を全て削除して、1日(その日)で、前回と全く同じ内容で5品、再出品すると規制対処になる可能性が非常に高いです。

 

“売れない”からという理由でタイムライン上位表示を狙って、頻繁に繰り返す結果…

 

アカウントが汚れます。

 

 

再出品のタイミングとポイント

 

メルカリでの再出品は同じ商品を重複させない販売が基本です。

なので、既存商品を削除して新たに登録して出品すると「メルカリでは1日や短期間に大量の商品を出品することを禁止している」この繰返しが規制対象になるので、以下のポイントを意識して再出品してください。

 

・1日の出品は再出品含め5品程度にする

・出品してから3日は経過している商品から削除する

・毎日、出品と削除はしない

・一度に多くの商品を削除しない

・5品以上削除した日は出品を控える

・売れる(売りたい)商品を優先して再出品していく

 

キャンセル後すぐに再出品するのは危険⁉

 

よくある質問について・・・

 

質問者
購入者様からキャンセルの申出があり、こちらも了承しました。
キャンセル品を直ぐに再出品しても大丈夫でしょうか?

 

金杉
そのまま出品してしまうと重複出品の違反になりますので、

先ずは事務局にキャンセルの申し出をしてください。

数日後、事務局からのキャンセル処理がされ、出品公開停止になるので、その時、再出品してくださいね。

因みに購入者にはお支払方法により返金されます。

 

 

キャンセル後の再出品は知らないと危険なので、メルカリ事務局へ問い合わせをして、キャンセル依頼とページ削除依頼をしましょうね。

 

 

タイムラインに載らない!検索にヒットしない!アカウントが汚れている?

 

タイムラインに載らないと売れにくい

 

メルカリで商品を出品してから売れる時間は凡そ「1時間以内」または「数時間程度」です。2日、3日、と時間が経てばたつほど「いいね」をつけられて終わりです。

 

出品して売れなければ徐々に下に埋もれていき、本が積み重なったように商品は見られなくなっていきます。

 

 

タイムラインに載せて上位表示させることは必須です。

 

 

タイムラインに載ることで

・新着順に表示=目につきやすい

・衝動買いされやすい

 

メルカリユーザーの中には、購入するまえに商品を良く調べてから購入する人もいれば、いい商品を見たらついつい買ってしまう人もいます。

 

検索から入ってくる場合は他の出品者(ライバル)商品と並んで反映されるので比較されてしまいます。

 

同じ商品でも1000円以上の高値でも売れてしまう価格差が生まれるのは、衝動買いなどが多い理由と言えるでしょう。

 

しかし出品すれば、必ず「タイムライン上に正しく反映されるか」といえば稀にタイムラインに載らないことがあります。

 

その理由は2点

・アカウント規制をうけている

・メルカリ側のシステムトラブル

 

後者なら問題ありありませんが、規制をうけている場合は、出品しても売れる確率がかなり低下します。

 

 

なんでタイムラインに載らなくなったり、検索にヒットしないの?

 

まず前提として、この問題に関してはメルカリ側からの正式な発表がありません。そのため、あくまでも体験や検証及びテスト運用に基づいて推測される原因であることをご了承下さい。

 

メルカリではアカウント毎に健全性のチェックが行われています。目視チェックと自動判定チェック、この2つで行われていると思われます。

 

アカウントの評価数などによって異なるとも言われていますが、恐らく出品数、出品間隔、削除の頻度、商品本体(画像)から出品された商品情報をもとにメルカリ事務局がアカウント毎にチェックしており、一定の基準をこえたアカウントは規制対象となってしまうと考えられます。

 

 

具体的な症状は

 

メルカリのタイムラインに載らない

上位表示されないで圏外に飛ばされる

検索結果にヒットしない

 

という状態になることです。

 

つまり

一度アカウントが汚れてしまうと

売れにくくなってしまうんです(泣)

 

 

汚れたアカウントの復活はあるのか?

 

答えは

 

厳しいですが少しだけ希望がもてます。

 

では、その汚れてしまったアカウントはどうすれば良いのかと言うと、出品せずにそのままそっと放置しておきます。

 

そうすると、必ず復活するわけではありませんが、一定期間が経てば、アカウントが復活することがあります。

 

 

具体的には2週間~1か月などを目途に復活するアカウントもあれば半年以上、復活したけど何回か出品したらまた圏外に飛ばされるなんてことも確認しています。復活の目途はメルカリ事務局の判断なので詳しくはわかりません。

 

ちなみに、アカウントが復活してきたらどのように分かるのかというと、「いいね」や「コメント」が付くようになります。

 

私自身の例で言えば、汚れてしまったアカウントが復活して、半年以上前に出品していた商品にいいねが付くようになったり。

 

ですので、仮にアカウントが汚れてしまっても、そのアカウントが復活する可能性が少しでもありますので、期待せずにまちましょうw

 

 

【注意】

2017年4月以降のアカウントによっては、使用せずに寝かせても上位表示が復活しない仕様になっています。

これはアカウントを開設した時の条件によるものと思われます。いくら長期間寝かせてもアカウントによっては復活しません。

 

ちなみに、「アカウント停止」になってしまった場合でアカウントが復活した例はありませんので、あきらめて違う販路で販売していきましょうね。

 

ただ、普通に出品している限りにおいて、アカウント停止になることはありませんので、安心してください。

 

メルカリのルールを守り楽しく稼いでください(^^)

 

アカウントが汚れているか?(圏外とばし)簡単にチェック

 

・商品を出品した直後に目視チェック

・出品して「いいね」がつくかチェック

・出品しいる“商品タイトル”をコピーして検索窓にペーストして検索でチェック

 

アカウントが健全であれば、出品した商品が確認できます。出品直後なのに上位表示されていない、検索してもヒットしない場合はアカウントが汚れてると考えていいと思います。

 

 

 

 

メルカリ“アカウントの汚れ”規制を予防する

“メルカリ” アカウントの予防法

 

メルカリでは「アカウントの汚れ」や「アカウントの停止」といった規制が厳しくなっています。「ある一定の行為を繰り返す」といっても具体的に何をどこまで!何回までするとアウトなの?と、気になるところなので解説していきます。

 

しかし結論からお答えしますと、メルカリでペナルティを受ける違反した回数や何回目でという具体的な数字の基準(目安)は残念ながらありません。

 

例えば

アカウントAさんは

1日で再出品を5回繰り返しました 〇

アカウントBさん

1日で再出品を5回繰り返しました ✖

 

同じ条件でも、ペナルティを受ける人もいれば、受けない人もいるのが実情です。結局はメルカリ事務局のさじ加減ということです。

 

それでは規制を受けない予防を1つ1つ解説していきます。

 

 

出品数】

1日の出品数は再出品も含め10品以下

「10品以下ならいいのかな~」なんて毎日、5品・7品と出品してしまいますと、3日以内にアカウントが汚れます。つまり、繰り返しの行為です。

 

予防

なるべく毎日出品するのは控えましょう。毎日の出品は5品以下でも危険です。

 

 

【出品間隔】

一定時間内にできるだけ出品を集中させる。

例えば、

1品目18:00出品

2品目19:07出品

3品目20:27出品

こんな感じで1時間くらいの間隔で出品していると機械的見えてしまったり、タイムラインでの露出度が高まるのでスパム行為と判断される可能性も懸念されます。

一方で1時間以上、間隔をあけて出品すると良いという結果もでていますので判断基準が難しいです。これも繰り返しの頻度が高いと規制されます。

 

予防

1時間で5品程度の出品であれば、アカウントが規制される可能性は低いといえます。※1商品の出品間隔は最低5分以上はあけること推奨します。普通に出品するなら、そこまで心配したり、気にしすぎたりする必要はありません。

 

 

【削除】

出品後3日以内の削除はしない

これまでの経験などを踏まえると削除の繰り返しが最も良くない行為かと思われます。「一度出品したのに短期間に“なぜ”何回も削除する必要があるの?」つまり、怪しいアカウントと判断されます。

 

予防

毎日の削除はしない

3日は経過している商品から削除する

一度に多くの商品を削除しない

5品以上削除した日は出品を控える

 

 

【商品本体(画像)】

・1商品に付き1つの商品ページを作成する。
・同一商品を同じ期間に重複させない
・画像転載はしない

 

<知らないと危ない出品スタイル>

上図のように商品が複数あって、その中から「お好きな商品を1個選んでね」「自由に商品を組み合わせ」などから選択させて、購入してもらう形式の出品方法は禁止されています。1つの商品に対して画像(写真)1商品ページを作成する。

 

公開中の既存商品ページを残したまま、同じ商品を出品してしまうと重複出品とみなされてしまいペナルティ、運が悪いとアカウント停止を受けてしまいます。

 

「実物の画像がない」「転載画像のみの掲載」「画質が粗いなどで商品の把握ができない」実はこれ、あたりまえのように目につきますが、メルカリの規約に違反してる禁止行為に該当します。

 

予防

例えば、カラーやサイズ違いの商品であれば、同時ではなく1つ売れたら違う色を出品して商品ごとに1つ1つ販売していくといいでしょう。

面倒だなと感じるなら、選択方式ではなくセット販売にしてみる。セット販売にして更に値段を下げることでお得に見えますし、商品も捌けて配送料1回なのでペイできます。

 

ユーザーに対して「写真に載せている商品の現物が手元に届く」と誰が見ても分かる販売の仕方をしてくださいね。

 

 

いかがでしょうか?

どれも、普通に出品、販売をしている限りでは規制の対象になりません。簡単にいえば、出品に伴う動作全ての繰返す頻度が高いとペナルティになるかも?と意識してみることが大切です。

 

また、商品・写真ですが、みんながやっているから、自分も大丈夫なのかな~と思わずに規約をしっかりと把握した上で出品してください。通報などから痛い目に合うかもしれませんので…

 

以上、アカウント運用の予防でした。

 

 

プロフィールが未記入!これでは売れません

 

メルカリは、まったく面識のない他人とお金のやり取りをする場所。ある程度の不安や疑いは持ちますよね。

 

プロフィールが未記入の場合は、商品の売れる可能性が低くなります。未記入の場合は簡単でいいので必ず記載しておきましょう。

 

良くある「プロフ必読」これは、あまりオススメできません。

 

 

プロフィールの中に「あ~でもない、こ~でもない」そんなマイ・ルールいらないです。自分の事ばかりで「購入者」にとって本当に知りたい情報がないですよね。

 

トラブルの経験があるからこそ禁止事項をたくさん書いてしまうケースが多いかと思いますが、印象も悪くなるのでマイルールを押し付けないようにしましょう。

 

たくさんの人から商品を買ってもらうには、必要な部分だけ記載して「この人からなら買っても大丈夫そうだ!」と印象をもってもらい、お客さんを信用させることからはじめましょう。

 

シンプルに見やすく仕上げる

  • 1行~2行程度の自己紹介
  • 主な発送方法
  • 発送までの日数
  • コメントが返せる主な時間帯
  • 購入時へのお願い(専用にしないなど)

 

「発送方法」「発送までの日数」は出品時に基本情報に記入していますが・・・一目で分かるようにしておくといいでしょう。

 

自己紹介で書いてはいけないNGワード

 

・初心者

・始めたばかりでわからない

・慣れていないので、ご迷惑をおかけするかもしれないですが~

 

このようなワードはマイナス効果にしかなりません。例え、初心者であっても少し慣れてる感じが伝わるイメージで作ることをおすすめします。お客さんに不安をもたせるような言葉はなるべく控えましょう。

 

何を書いていいか分からない場合は、自分でいろんなユーザーを見て回ってみて、良い部分はどんどん吸収して魅力のあるプロフィールページに仕上げてください。

 

 

あと、知らない人と金銭のやり取りをするのであれば、自己紹介をするのは、当然と思ってくださいね。

 

補足としてプロフィール画像は設定しているのと、していないのとでは断然している方が印象もいいです。

 

人柄が感じられるような、お気に入りのペットや風景画などを設定するといいでしょう。(著作権フリー画像を利用しましょう)

 

 

 その他の売れない原因と改善策

送料込み出品者負担に設定した方が良い理由

販売するうえで、購入前の段階から敬遠されて売れなかったら元も子もないですし、送料についてコメントや交渉してきたお客さんへの対応しなければならないのも面倒です。

 

以上の理由から着払いにすると基本的に良いことがありません。着払いにするなら、最初から値段を下げた状態にしておかないと、なかなか売れません。

 

また、配送方法に関しても、着払いにすると利用できる発送方法に制限がでますが、送料込みにすれば様々な方法を使えるので何かと便利です。

 

総合的に考えて、メルカリでは送料込みを選んだほうが効率的にたくさん売ることができます。

 

発送日までの日数を見直す

配送条件が希望に合わないという場合があります。例えば、その商品がすぐに欲しいのに、「発送まで4~7日かかる」と書かれているとそれだけで、購入するかどうか迷うユーザーもいたりします。

 

今や多くの人が「ネットショップで買い物をする」時代なので商品がすぐに手元に届くという感覚が普通になってきています。

 

例え、個人間の売買でも早めに欲しいと思っている人が多い傾向にあります。時間に余裕があれば早めの配送手配をこころがけましょう。

 

配送方法を「らくらくメルカリ便」にする

商品が売れない場合には、らくらくメルカリ便に変更することで匿名性を希望するユーザーを狙えます。

 

また、らくらくメルカリ便は匿名配送になるためお互いの個人情報が守られます。中にはらくらくメルカリ便でしか購入しないといったユーザーもいるようです。

 

配送方法は全国送料一律で送れる「らくらくメルカリ便」がおすすめです。地域毎による送料計算の煩わしさがなくなり、簡単に発送できます。

 

コメントのレスポンスが遅い

 

リアル店舗でいえば「すみませ~んコレくださーい!」 しーん! みたいな感じですw

 

時間が経つと「あれ、これ本当にほしいのかな?」なんて購買意欲が低下しますので、やはり「欲しい!」気持ちが高ぶっている時にスムーズに買い物ができるとユーザーは気持ち良く買ってくれますね。

 

できるかぎりコメントを頂いたら早めの返信をこころがけましょう。

 

合わせて読んで欲しい記事はコチラ⇒ メルカリ売れる秘訣はコメント対応

 

最優先して欲しい改善とまとめ

 

お疲れさまでした!

長かったですね。

これまで、メルカリで商品が売れない原因と見直して欲しい改善するポイントとコツ10選を解説してきました。

 

あまりに長すぎて結局のところ何から改善していけばいいの?となっていると思いますので優先的に見直すべき箇所は、以下の4つです。

 

・リサーチ(需要がある商品選定)

・商品写真

・販売価格

・商品説明文

 

先ずは4つのポイントを見直して、売れる要素を含んだ商品ページに仕上げて、必要としているお客様が見ていそうな時間帯に出品していくことで売れます。

 

これまで解説してきたコツを抑えていただいて、正しい販売のやり方とユーザー目線に立ってみることで、売れない原因を解消できますので、是非、取り組んでみてくださいね。

 

ちなみに、ここまで読んで「ふ~んそうなんだ!」「めんどくっさ!」そこまでして「メルカリやりたくないし」と思っている人は恐らくいるでしょう!しかし、売れる人の特徴は、すぐに行動できる人です。

 

知っている ✖

知っているけどやらない ✖

とりあえずやってみる 〇

これが売れる人の特徴でもあり、売れるコツです。

 

 

 

以上です。

 

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!