おすすめの記事

メルカリ転売では「ノーブランド品」を売ろう

メルカリ転売では「ノーブランド品」を売ろう

 

こんにちは、kojiです。

 

前回のブログでは、リサーチの大切さについてお話しました。

今回は、リサーチをしていく中で転売に向いている「売れている商品」とは何かをお話していきます。

 

ノーブランド品が狙い目

 

リサーチ作業して「売れている商品」を知る為には、メルカリ市場の特徴を抑えておかなければなりません。

 

メルカリの利用者は、10代後半~30代の人が多く、安価で良いものを買いたいな~と利用する人が多いです。

メルカリを見ていると、大体高くても3000~5000円くらいで購入している方が多く、ハイブランドが欲しい!という訳ではなく、安くお得に買えればノーブランドでも大丈夫!という人が多いように感じられます。

 

ノーブランド品とは、ブランドやメーカーによって付加価値の付いていない商品のことです。一方ブランド品とは、H&MやPUMA、CHANELやグッチといったブランド・メーカーの名前がついているものです。

 

もちろんメルカリでも、〇万円といったハイブランド品も売れないわけではありません。

 

しかし、メルカリの市場を考えると、ハイブランド品よりも、ノーブランド品でも安価で買えるなら欲しい!というお客さんが多いので、そもそも興味を持ってくれるお客さんが少ないです。

 

また、高価格の物を購入する時って、慎重になって色々吟味しますよね?

少しでも不安要素があったり、コメント対応が雑だったりすると、これは高いものを買うのに信用できないな・・・なんて思われてしまい、お客さんは離れてしまいます。

 

更に、ブランド品は相場がありますので、お客さんがインターネットで検索すれば、売値が高いのか安いのかすぐに分かり、「この人相場よりかなり高い!」などすぐに判断されてしまうので、自由な価格設定も難しいです。

 

一方、ノーブランド品の場合はどうでしょうか?

 

ノーブランド品ということは、商品に共通の名前が無いということなので、お客さんがその商品の相場を知りたくても、ネットで検索して同じ商品を見つけることも難しいですし、調べ方が分からないからこの価格で買っちゃおう!と思うお客さんも意外と多いです。

 

つまり、ノーブランド品は他の出品者や他のお店と比較がされづらいので、比較的自由な価格を設定することが出来ます。

 

ノーブランド品であれば、仕入れ500円の物が、3000円で売れた!なんてことも全然あり得ます。

 

リサーチ作業を進めていくと分かりますが、ノーブランド品で売れている同じ商品でも価格はピンキリです。

いくらくらいで売っている人が多いのか、高くても売れている人はなぜ売れているのかを考えながらリサーチしていくことが大切です。

 

以上です。

 

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!