おすすめの記事

メルカリ転売の配送方法

メルカリ転売の配送方法

 

こんにちは、kojiです。

 

メルカリ転売の出品の流れは、

①リサーチして商品を決定(詳しくはコチラをチェック)

②売れる商品画像を探す

③売れるタイトル・説明文を作成する(②&③詳しくはコチラをチェック)

④配送する

今回は、【④配送する】について解説していきます。

 

配送料は出品者負担にしよう

 

基本的には、配送方法に決まりはありませんが、配送料は必ず出品者負担にしましょう。

 

メルカリ転売初心者の方が、

「思ったより配送料が高かったから、利益が減っちゃった・・・赤字になっちゃった(;O;)」

というミスをしてしまう場合が結構あります。

「配送料を着払い(お客さん負担)にすればいいんじゃない?」と思う方もいらっしゃると思いますが、

これはおススメ出来ません!

 

着払い(お客さん負担)に設定した場合、

・着払い(お客さん負担)は避けられる可能性が高い=不安に感じる人が多い

・お客さんは送料がいくらかかるのか分からない

→「送料込みになりませんか?」などコメントがくるので、対応が手間

このように、デメリットが多いです。

 

送料は出品者負担にした方が、お客さんに不安を与えずに済みますので、出品者負担にしましょう。

 

配送方法を選ぼう

 

メルカリ転売を行う場合、

・有在庫で行う人

・無在庫で行う人

の2パターンに人がいらっしゃると思います。

有在庫でやるか無在庫でやるかによって、配送方法も異なります。

 

有在庫の場合

・らくらくメルカリ便

・ゆうメール

・レターパック

・普通郵便

・クロネコヤマトなど宅急便

・ゆうパック

 

無在庫の場合(自分の手元には来ず、仕入れ元から直接お客さんに届く)

・クロネコヤマトなど宅急便

・メール便

・ゆうパック  etc・・・

仕入れ元が利用している配送方法が決まっていたり、選べる場合もある

 

有在庫にも無在庫にも共通していえることは、なるべく送料のかからない方法を選ぼうということです。

無在庫で配送方法を選べない場合は別ですが、例えばアクセサリーやスマホケースなど小さいものを送る場合、宅急便の一番小さいサイズで送らなくても、普通郵便で切手を貼って送れる場合もあります。

 

もちろん、送料の安さだけにとらわれてしまい、壊れやすいものを梱包材など無しで普通郵便で送ってしまいお客さんの手元に届いた時には壊れていたなんてことになっては、トラブルのもとになりますので、送料も考えつつ、お客さんの元へトラブルなく商品を届ける最良の配送方法を選びましょう。

 

いかがでしたか?

配送料・配送方法はつい適当になりがちな部分ですが、しっかりと対応することで着実な利益・信頼へと繋がる大切な部分です。

是非、気を付けて下さいね。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!