おすすめの記事

メルカリ転売の販売価格設定

メルカリ転売の販売価格設定

 

こんにちは、kojiです。

 

今回は、メルカリ転売の販売価格設定について解説していきます。

 

計算式を覚えよう

 

販売価格-(仕入れ価格+配送料+販売手数料)=利益

※販売手数料は、販売価格の10%

 

この計算式は必ず覚えて下さい!

 

全ての諸経費を考慮し、価格設定をしないと

「思ったより利益が少なかった・・・」なんてことになってしまいます。

 

【例】

販売価格 2500円

仕入れ値 1000円

配送料  550円  だとすると、

2500円ー(1000円+550円+250円)=700円←利益

 

複雑な計算式ではないので、慣れてくれば簡単に出来るようになります♪

この計算式を覚えておけば、仕入れの際に「仕入れ値がこれくらいなら、販売は○○円でしたら、利益は○○円くらいかな~」と、おおよその計算が出来るようになって便利です。

 

1つ売れたら1000円の利益を目指そう

 

1つあたりの利益は、自分の好きなように決めて頂いてOKなのですが、

僕の経験から、1つ1000円の利益は出すようにしたほうが良いと思います。

 

簡単に僕のメルカリ転売での経験を話すと、

超初心者→利益計算も大してしないで、200~3000円くらいの利益で適当に価格設定

慣れた頃→利益計算をしっかりとして、1000円くらいの利益がでるように価格設定

こんな感じです。

超初心者の頃、利益200円なのにお客さんのコメント対応を沢山して効率悪いよな~と思い、利益3000円になるように高めに価格設定したら、どんどん値引き交渉され、結局利益1000円・・・なんてことも度々ありました。

 

リサーチの記事で説明したように、最初はメルカリ内で売れている商品を自分でも転売しよう!としますよね?

そうすると、ある程度その商品のメルカリ内の相場ってあるんです。

利益を多く出そうと思い、高く価格設定をしてしまうと他の出品者よりも悪い意味で目立ってしまい、お客さんに見てももらえません。

かと言って、利益度外視で安く価格設定をすると、正直労力と利益が見合わなくなって、モチベーションが下がってしまうんですよね・・・。

 

先に利益はこれくらい出そうと決めておくと、その利益を出すためには、仕入れ価格も決まってくるので、探す時の1つの道しるべになります。

 

価格設定をする際は、諸経費を忘れずに計算して下さいね♪

 

以上です。

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!