おすすめの記事

稼ぐ成功者は皆実行している!守破離

稼ぐ成功者は皆実行している!守破離

こんにちは、kojiです。

今回は、この「守破離」について解説していきます。

「守破離(しゅはり)」は成功するために必要なマインドと道であり、成功のスピードを速める重要なマインドになります。

 

マインドセットの重要性についてまだ見ていない方は、コチラから・・・

 

多くの成功者が実行している重要な教え・思想の言葉です。道を究めるうえで実行するしないで将来的に大きく差が開いてきます。

 

「守破離」とは

茶道の千利休の歌が発祥との説元々は、茶道で有名な千利休の 「規矩(きく)作法 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな」という歌から引用された3文字と言われています。

茶道の道を究める時に重要な事を歌った和歌になります。

 

規矩(きく)は、もともとはコンパス・さしがねのことで、物を作る際の基本である長さ寸法や形を意味する言葉であり、物事の規則・基本・決まり事という意味とのこと。

 

室町時代の三代目の将軍「足利義満」の時代に、伝統芸能である「能楽」を作り上げた観阿弥、世阿弥親子がこの和歌をもとに「守破離」という言葉を用いたことから、色々な芸能・芸術・スポーツや仕事・ビジネスなどでも道を究める場面で語られるようになったようです。

では、「守破離」とはどのような意味を持っているのか見ていきましょう。

ビジネスや武術・芸術、茶道・華道などの世界で、その道を究める修行の過程で重要な事を伝える教え・思想の言葉です。

「守」

「守」は、師や流派の教え、型などを忠実に守り、確実に身につける段階。ここから修業がはじまります。

 

成功には必ず基本となる「型」があります。

 

この成功の「型」とは、師匠が trial and error (トライアル・アンド・エラー)を繰り返し、成功への最短最速の道を整えて出来上がったノウハウです。

 

トライアル・アンド・エラーとは試行錯誤になります。

 

「守」では、師匠の型を徹底的に「まねる」「守る」ことです。この段階では一旦あなたの自己流は一切排除し、素直に師匠の型をマネしましょう。

 

ここで下記のピラミッド図を建築物と思ってください。

 

若干意味が違いますが分かりやすく、基本を基礎として例えます。

「守」が基礎です。

「守」の上に「破」「離」が乗っています。

 

建築物と同じように基礎→土台をしっかり作らないと、いくらその上に立派なものを建てても崩れてしまいます。基礎は、建物と地盤を固定するもの。土台は、建物と基礎をつなぐものとなっています。

 

それだけ基本である「守」は重要、守破離の中でも最も重要ということです。

「自分一人でやる!」

「こっちのやり方の方が!」

「教えてもらうのが嫌!」

「人のまねをしても・・・」

そういう意味不明な我が強い人は成功まで遠回りすることになります。あなたらしさは守破離の「破」「離」の段階で大いに出すことができます。まずはあなたのオリジナルは出さずに素直に師匠の基本の型を「まねる」ことから始めましょう。

 

「破」

守破離の「守」で型を身につけたら次に「破」応用のステップへ進みます。

守破離の破とは・・・
師匠から今まで学んだことを、ここで初めて破り応用をきかせ発展させていくことです。しっかりと基本をマスターしたら、いよいよ自分なりの工夫をして、応用・発展させていきます。

 

守の段階で身につけた基本をもとにあなたらしさ、あなたのオリジナルを加えて型を破っていきます。素直に師の教えを聞き入れ「守」で成功の型を学び、「破」のステップへ進む人は成功のスピードが格段に早いです。

 

「守」をさぼったり、飛ばしたりして自己流でいきなり「破」に進む人はいつまでたっても成功できません。成功までかなりの時間がかかるので、途中の道のりで挫折してしまう人が多いのも事実です。

 

 

「離」

守破離の離とは・・・
今まで学んだことを離れ独自のオリジナリティー・創造性を出していきます。

 

守破離の「守」で基本の型を身につけ、「破」であなたのオリジナルを出してもうまくいくようになったら、師匠から離れていく「離」の段階へ進み師匠と同じレベルで切磋琢磨できる関係性を築きあいながら、更なる高みを目指していきます。

 

独立して道に迷ったり、壁にぶつかって前に進めない場合には、一度、立止まり基本を思い出すことも大事です。

 

千利休の和歌
規矩(きく)作法 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな」に「本を忘るな」とあるように、「離」に達しても、基本を忘れないことが大切であることがわかります。

 

まとめ

仕事に当てはめて考えてみると

上司・先輩を真似る。仕事の基本・基礎を『守る』⇒学んだこと(基本・基礎)を実践する段階。
独自に工夫する。仕事の基礎を少しずつ『破る』⇒試行錯誤をしながら自分流のスタイルに挑戦段階。
基本を踏まえたオリジナルに進化する。仕事の基礎を変革して『離れる』⇒上司の元を学んだことより進化する段階。

 

守破離の中でも「守」が基本となるので最も重要です。あなたが、成功したい!稼ぎたい!という気持ちがあるのであれば、まずは、メンターの型をまねしてください。

 

人生には時間の限りがあります。
私についてきて、しっかり実践してくれれば、副業でも、毎月30万達成は簡単に越えられます。

 

自己流でいつまでたっても成功できず途中で挫折してしまうより、成功者に型を習って早く成功して、将来に備えて不安を解消し、生活に余裕、心の余裕を手にして、あなたの夢や、諦めていたこと、やりたいことをどんどん叶えていきましょう。

 

以上です。

 

 

koji 公式LINE

CTA-IMAGE 転売ビジネスのお得な情報をお届けします!ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!