副業で転売を行う上で外注化が必須となる理由

シェアする

こんにちは、kojiです。

今、取り組んでいる物販(転売)ビジネスで一通りの作業ができるなら、業務を外注をすることを推奨します。

転売を始めてみたものの思うように稼げない!生活環境に追われ思うように時間が取れない方も多いいのではないでしょうか?

会社に雇われてる人の多くは、仕事の役割が決まっていると思います。

同じ会社の組織には属していますが、それぞれに仕事が割り振られるということは、言い回しは違いますが、外注化されてるといって良いのではないでしょうか・・・

例えば、会社員が自分で給与計算をしていますか?

クライアントから依頼された仕事に対して少なからず、チームなど複数名で取組んでいるのではないでしょうか・・・

あなたが取組んでいる物販ビジネスも考え方は一緒です。

自分には、できない仕事や時間がないため、できない業務を誰かに任せて代わりにやってもらういうことです。

いわゆる委託するということですね。

限りある1日24時間、365日の間で最短で成果を出し、生活に余裕、ストレスフリーな人生を送るためには外注化は必須です。

そして私が、外注化を必須という理由は、早めに結果をだして欲しいんです。

なぜか?

特に副業で取り組んでいると、継続するのが困難になってくるからです。

思うように成果がでない!稼げない!また環境などの理由から、ゆとりが持てずに挫折してしまったり、あきらめてしまうからです。

最短で結果をだした方がモチベーションが違うからなんです!

ということで、

今回は外注化は必須やり方

をテーマに解説していきます。

外注化の必要性・考え方

まず外注とは、自社の仕事を自社で行わず、外部の業者に注文してやってもらうことです。そしてなぜ外注するのかと言えば、時間を作り出すためだったり、自社では出来ない仕事を委託する為です。

物販・転売で例えるなら検品、梱包、発送などの簡単作業は誰にでもできることですから、経営者がずっとこれらの作業に時間を費やすのは非常にもったいないです。

ずっとやってたらダメなんです!

経営者の仕事は本来

「マーケティングやビジネスを拡大させて、安定して収益を得る構想や仕組み」

について常に考えることです。

もっといえば、物販ビジネスはプラットフォームに依存してしまいがちで規制などの影響を受けることも多々あります。

長期的に安定して稼ぐには、情報収集や対策、改善、を繰り返して「自分で稼ぐ力」を学び、プラットフォームに依存しない収益の柱を立てることに力を注いでください。

始めのうち自分でやるのは仕方ありませんが、軌道に乗ってきたら積極的に外注さんに任せていきましょう。

では、具体的に何を外注するの?

外注は以下の3つに分類できます。

① 業者への外注

買付代行、FBA、個別配送

② 作業の外注

リサーチ、出品、利益計算等、顧客対応
カタログ作成、自己発送

③ 専門性の高い外注

デザイン関係等、サイト作成、OEM、ODM

外注先には個人と業者の2種類があります。

個人への外注は「クラウドワークス」や「ランサーズ」などで募集するのが一般的ですね。

業者への外注

AmazonのFBAや中国輸入で利用する買付代行会社が代表的になりますね。FBAや買付代行業者を利用したことがある方はその「利便性・ありがたさ」が分かると思います。

納品、発送作業だけでも、かなり負担が減りますよね。もちろん、全ておまかせでストレスフリーとはいきませんが、外注することで相当な労力と時間をカットできますよ。

私もそうですが、

周囲の物販で稼いでいる殆どの方が、外注を利用しています。

ビジネス拡大には外注化は必須

前述の通り、ある程度の規模や収益を目指すなら外注は必要不可欠になってきます。

外注を活用しながら仕組み化し、取組んでいるビジネスに費やしている時間を短くすることができ、新たなビジネスに取組んだり、心にも余裕を持つことで環境もよくなります。

人を雇うことは簡単

外注化に踏み出す

「人を雇う」ということに対して、不安からなかなか前に進めなかったりしますよね?しかし、「人を雇う」ということは 特別すごいことではありません。

あなたの実績や積み重ねてきたノウハウ、テクニックをそのまま教えて、教育・指導すればいいだけです。

金額はどうなの?

人を雇う=お金が必要にはなりますが何万、何十万もかかるわけではありません。安心してください!数千円からでも外注を雇うことができます。

ノウハウ・テクニックは教えて大丈夫?

全部任せたらノウハウをパクられちゃうでしょ!なんて不安な方もいると思いますが、そう考えるのは、「起業家思考」の方だけであって、ノウハウをパクって自分でどうこうしようと思う方はそうそういません。

不安であれば始めのうちは主婦の方に任せていきましょう。

主婦の方はどちらかというと、隙間時間にやりがいがあるお仕事でお小遣いが手に入ったらいいなと思ってたり、色々と考えなくてはいけないし、自分でビジネスをしようとは思いません。

誰かのもとでお仕事をして稼ぎたいと思っている方が多いいのであまり気にされなくても大丈夫ですし、それらを考えてしまうと先へすすみませんからね。

私も実際に今まで数十人と主婦の方にお仕事を任せてきましたが、独立された方はほとんどいませんでしたね~

時間がない人ほど外注化に取組む

「副業」で時間がない人ほど 積極的に外注を取り入れてほしいと思います

よく「時間がない」取組めないという人がいますが、それは良く分かります!

誰だって 色んな事情があり、多くの人は本業の仕事をやりながらビジネスを始めるため、稼働時間が取れないのは事実です。

だからこそ、あなたの代わりに作業をやってくれる=「時間を生み出す」外注を積極的に活用してください。

外注を積極的に取り入れ、仕組みを作り、構築してビジネスの拡大、新しいビジネスの立ち上げ、好きなことをする!といった時間、余裕ができます。

「人を雇うなんて…」と考えている方もこの機会にぜひ外注化を考えてみてください。

外注に依頼するべき業務内容

外注に依頼することは大きく分けて4つあります。

例)フリマアプリで無在庫転売を解説します。

基本はどこのプラットフォームも同じになります。

① フリマアプリで販売

② 販売する商品のリサーチ

③ フリマアプリで売れたら発注

④ アカウント管理、売上管理

上記の 4 点を外注化していきます。

詳しく解説すると

① フリマアプリで販売

販売する商品のリスト、ターゲットのデータを外注の方に渡し、それを基にフリマアプリで販売してもらいます。また、フリマアプリは一品一品出品しないといけないため、出品作業には大変時間がかかります。

この作業を外注しカタログ作成、出品販売、を行ってもらいましょう。

「1個売れたら○○円お支払します」という感じの成果報酬型で依頼すると良いでしょう。

アカウントは自分のアカウントを貸して共有するのがお勧めです。

※規制などで複数アカウント運用が難しい場合は販売の仕方を変更する。

実際に売れた商品や顧客対応、

トラブルなどがあった場合には共有していれば

確認、フォローが可能です。

※共有のやり方

1、設定したメールアドレスとパスワードを外注に教える

2、外注さんがアプリをダウンロードの上、

設定したメアドとパスワードでログインすればOK

金銭が絡むので、 信頼できる方にお願いしましょう。

② フリマアプリで販売する商品のリサーチ

商品のリサーチには大変時間がかかります。また、物販ビジネスはリサーチが売上に直結してくるので商品選定には必ずあなたが外注さんに、抑えてほしいポイントやテクニックなどは時間がかかっても、丁寧に教えてあげてください。

外注さんが作業に慣れるまでは、各ECサイトの売れてる商品をリストアップや在庫確認してもらい、Excelなどで共有しながらステップ式で指示を出していくといいですね。

フリマアプリは単純作業で指示が出しやすいですし、効率よくデータを集めるのに役立つ無料ツールなどがあれば使い方などをレクチャーしてください。

あなたのリサーチを真似してもらいましょう。

③ 無在庫・有在庫販売した商品の検品、梱包、発送

無在庫販売であれば、売れた商品を買い付け購入者へ直送手配をしてもらいます。仕入れショップなどの連絡やメール対応も基本的に任せていきまます。

また、この工程は、無在庫販売なら①を依頼した方にお願いするのがおススメです。

出品から発送までの流れがスムーズになり、資金回収のスピードが上がります。

有在庫販売であれば、出品と発送は別々に外注して、売れた商品データーを共有しながら、発送担当の外注さんに連絡して購入者へ発送してもらってもいいと思います。

有在庫の場合は商品を置くスペースがある程度必要であり、検品、梱包、発送の流れで更に重い荷物などを取り扱うため、1階にお住まいの方など相手に対して細かいところも気遣ってあげてください。

もっと言えば有在庫で自己発送やFBA倉庫の納品は梱包資材が必要ですよね。OPP袋、ガムテープ、段ボール、ラベル貼など・・・発送業務に必要となる経費は外注さんと相談しながら進めてくださいね。

因みに私の場合は梱包資材などは、外注さんにAmazonで買い物してもらっています。

基本的には時間とスペースの余裕がある方にお願いしましょう。この作業は「1個検品、梱包して、発送」という形で諸経費など含め、

固定報酬+成果報酬でもいいですね。

④ アカウント管理・売上管理

メルカリで例えるなら、外注さんに渡したアカウント数を管理してもらい、プロフィールなどの作り込み、販売する商材、ターゲット別などで分けて○○専門店みたいに、いわゆるショップオーナー感覚で管理させて任せてみてください。

売上管理は例えば、Excelやスプレッドシートでデータを共有します。

・販売(出品日)

・売上日

・販売担当者

・仕入れ注文日

・発送日

・商品名

・仕入れ値

・売値

・利益率

・送料

・販売手数料

・購入者データ

上記を確認できるように共有して、報酬支払日までに外注さんに申告と請求書を期日を決めて提出してもらい、自分も同様に外注さんの報酬を確認してください。

また、その雑務を経理専門に外注するといいですね。

かなりおおまかですが、外注に依頼するべき業務内容です。

なんとなくイメージはつかめましたか?まずは、上記の 4 つを外注してみてくださいね。

その後は、優秀な外注さんだけを選出し、いわゆるリーダー的存在に育成して①~④を担当している方の対応を任せて、更にリーダーを統括する人材をあなたの右腕にすれば、やることは殆どなくなってきますので組織化していきましょう。

最終的には

『お金の管理と売上UPの戦略を考えること』があなたのお仕事になります。

外注を効果的に使う

ここまで外注化の・必要性、やり方について解説してきましたがどうでしょうか?

人に教えられることが出来れば「自分にはまだ早い!」なんて思わないでください。実績なんて気にしないで、早めに外注さんを募集していきましょう。

それでも自信がない場合は月3万円稼いでみてください。

3万円でも稼いだら立派な実績です。余裕で外注さんを雇用してOKなレベルです!2ヵ月、3ヵ月と継続して利益3万円を稼いでいるならば、「任せる」考え方に切り替えましょう!

「人を雇う」=責任感も自然とでてくるので頑張れますし、契約条件によって成果報酬などの場合は外注さんにも「満足のいく成果をだしてもらいたい!」と思うことから、自分のモチベーションも高まります。

そして時間にも余裕ができるので良い方向にむかいます。

最後に外注さんを効率よく稼働させて、あなたがいなくてもビジネスが回る仕組みを少しづつ構築していきましょう!

以上です。

【koji 公式LINE】
転売ビジネスのお得な情報をお届けします!
ID検索は「@koji-t」で今すぐ友達追加!

シェアする